プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内初プルサーマル起動…玄海3号機、高浜原発などでも計画(読売:関西発)ほか

■「原発」関連記事の続報。


国内初プルサーマル起動…玄海3号機、高浜原発などでも計画

核燃料サイクル

 九州電力は5日午前、使用済み核燃料を再処理して使う国内初のプルサーマル発電に向け、玄海原子力発電所3号機(佐賀県玄海町、出力118万キロ・ワット)の原子炉を起動した。同日夜にも核分裂の連鎖反応が起きる臨界を迎え、9日から試運転による発電を開始する。プルサーマルは、資源小国日本が進める核燃料サイクル政策の柱の一つで、当初予定より10年以上遅れてスタートする。……
 定期検査中の玄海3号機には、フランスで製造されたプルサーマル用のウラン・プルトニウム混合(MOX)燃料が装てんされている。この日午前11時から燃料集合体に挿入されていた制御棒を徐々に引き抜く作業が行われた。出力の制御機能などを確認して発電を開始、出力を徐々に上げながら各種装置の調整運転を行う。今後、安全性などに関する国の最終的な検査を経て、12月2日から営業運転に入る計画だ。
 MOX燃料は5月に海上輸送され、燃料集合体193体のうち、16体がMOX燃料に交換された。
 今後、プルサーマルは、四国電力 伊方原発中部電力 浜岡原発関西電力 高浜原発などで計画されている。

<解説>
 プルサーマル発電は、商業原発で利用した使用済み核燃料の中に生じたプルトニウムを取り出し、ウランと混ぜたMOX燃料に加工して、再び原発で利用する。
 国の本来の計画では、プルトニウムを高速増殖炉(FBR)で燃やす核燃料サイクル政策を主役にするはずだった。しかし1995年の高速増殖炉原型炉もんじゅ」(福井県敦賀市)の事故で大幅に遅れ、当面の代替策としてプルサーマルが97年に浮上した。
 本来なら99年に関西電力 高浜原発などで始まる予定だったが、MOX燃料を製造した英国の企業によるデータ改ざんが判明。東京電力でも原発の検査で不正が発覚し、大幅にずれ込んだ。
 MOX燃料を使う利点は、ウラン燃料を1~2割節約できることと、放射性廃棄物の抑制、核兵器の材料になるプルトニウムを余分に持たないことだ。
 気になるのは安全性。当初の設計と違う燃料を使うわけだが、国の原子力安全委員会は「MOX燃料の割合が3分の1程度なら安全」とし、国内の原発では4分の1以下にとどめる予定だ。世界では07年12月までに約6000体使用され、大きなトラブルの報告はないが、慎重に運転し、不安を和らげるためにも情報公開を徹底する必要がある。(科学部 秦重信、竹内芳朗)

(2009年11月5日 読売新聞)

<玄海原発>国内初のプルサーマル起動 9日に発電開始
11月5日11時22分配信 毎日新聞


 九州電力 玄海原子力発電所3号機(佐賀県玄海町、118万キロワット)が5日午前、起動し国内初のプルサーマル発電に向けた一歩を踏み出した。同日深夜にも核分裂の連鎖反応が一定になる臨界に達する見込み。9日に発電を開始して試運転を始め、12月2日から営業運転が始まる。同原発は、8月30日から定期検査のため運転を停止し、10月15~18日にかけてMOXプルトニウムウランの混合酸化物)燃料が装荷(取り付け)されていた。
 九電によると、原子炉の起動は午前11時、核分裂を抑える制御棒の引き抜きで始まった。発電開始後は、出力を段階的に上げ、機器の状態を検査する。
 プルサーマルは通常の軽水炉でMOX燃料を燃やす発電方式。玄海原発3号機は193体の燃料集合体のうち、16体にMOX燃料を使っている。
 プルサーマルは1997年、早急に開始することが必要であるとの閣議了解がされた。しかし関西電力高浜原発で使われるMOX燃料の検査データ不正が発覚し、その後、東京電力では原発のトラブル隠しが発覚。この結果、九州電力が国内初のプルサーマルを実施することになった。

【関連ニュース】
玄海原発:MOX燃料取り付けを開始 九州電力
玄海原発:国内初プルサーマル発電へ…3号機、5日に起動
佐賀県知事:経産相にプルサーマルなど説明強化を要請
玄海プルサーマル計画:佐賀、愛媛、静岡の団体が停止要望
佐賀・玄海原発プルサーマル計画:3号機 国内初、きょう起動

----------------------------------------
■「利点は、ウラン燃料を1~2割節約できることと、放射性廃棄物の抑制、核兵器の材料になるプルトニウムを余分に持たないこと」とは、とってつけたようなリクツ。■安全や核開発問題の本質をそらす面の方がおおきいだろう。
■なにか、いろいろ ゴタゴタがすんで、ようやく 軌道にのったみたいな論調で記事がタレながされているが、なんのことはない、かくしごとなど、さまざまなスキャンダルまみれでないと、ことが はこべないような組織体質がつづいているということ。■こういった組織に、原発震災対策などが、まともにできるはずもなく、というか、期待をかける方がまちがっているわけで、実におそろしいことが、はじまってしまったということだ。
■ちなみに、「国の原子力安全委員会」とやらは、「JR福知山線脱線事故」関連記事に 再三でてくる国土交通省 航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)同様、信用ならないだろうことは、想定内のこと。政府が「安全」なんて銘うっている組織は、「危険防止」をアリバイ的に演出していると、『1984年』(オーウェル)的な感覚=二重思考な語感で、とらえておいたほうがよろしい。

■ともかく、「神学としての原発安全論」で紹介したとおり、原発は、飛行機の離着陸と同様、発電開始と停止の双方がもっとも危険なときなので、監視をつづけよう。



●旧ブログ「原発」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 真理省 1984年 ハイパー独裁 安全

<< 新生児の泣き声にも“訛り”(ナショナルジオグラフィック) | ホーム | <外国籍児童・生徒>住む街で「進学格差」(毎日) >>


コメント

現地住民のページ

現地の逃走もとい闘争をあつかっている以下のページでは11月5日づけで、アゲられていますね。上記記事の限界・・・もとい玄海原発プルサーマル試運転開始。

「RadioActive」
http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/

それはそうと、「田ノ浦レポート」(11/5 12:30)にある、ヤズというさかなははじめて聞きました。
クレイジー・ブルさんが信仰している守護神ヤズプーみたいなものですか?(http://ladyllove.cocolog-nifty.com/blog/cat2909323/index.html)
いかん。どんどんネタに侵出もとい侵略されていく。シトに侵蝕されたアヤナミみたいになりそうだにょ[注]。
ちなみに、さかなに関しては『魚の経済学』(日本評論社)という本がおもしろかったです。

[注]シトに侵蝕されたアヤナミについては、『新コータローまかりとおる!柔道編』(蛭田達也・講談社)21巻72ページ参照

『判例タイムズ』(09/12/1号187-282ページ)には「志賀原発運転差し止め訴訟控訴審判決」という記事があります。その結論は以外のとおり。「被控訴人らの請求はいずれも理由がないから、これらを棄却すべきである。(中略)被控訴人らの前記請求をいずれも棄却することとし、主文のとおり判決する。」

追記

そのあとにつづくのが、判決をくだした人物たちのなまえ。以下に引用する。

(裁判長裁判官・渡辺修明、裁判官・沖中康人、裁判官・桃崎 剛)

ヒラメ判事たち

http://mediajam.info/topic/833114

志賀原発訴訟、住民側が逆転敗訴 控訴審、運転差し止め認めず
- 09/03/18 | 共同通信配信NEWS
 北陸電力の志賀原発2号機(石川県志賀町)の耐震性に不備があり、震災で被ばくする恐れがあるとして、周辺住民らが北陸電に運転差し止めを求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁金沢支部の渡辺修明裁判長は18日、運転停止を命じた1審判決を取り消し、住民側の逆転敗訴を言い渡した。住民側は最高裁に上告する方針を明らかにした。

 2006年3月の1審金沢地裁判決は、当時の耐震指針には妥当性がないとし、地震で事故が起きる可能性を認め、国内の商業用原子炉で初めて運転停止を命じている。国の新耐震指針に基づく原発の耐震性や地震規模の再評価に対する判断が焦点。

 原告は石川など16都府県の128人。住民側は、1審後に改められた新指針や地震の想定は不十分と指摘。07年の能登半島地震では原発が設計時の想定の2倍近い揺れに見舞われたと危険性を訴えてきた。

 北陸電は旧指針でも安全であり、活断層の調査対象を拡大し基準を厳格化した新指針に沿って補強工事をしたので耐震性には十分な余裕があると主張してきた。

 特に、地震の想定や原発周辺の活断層について双方の見解が分かれ、住民側は未知の断層による直下地震を最大でマグニチュード(M)7・3として「北陸電のM6・8は過小評価」と強調。原発の南に位置する「邑知潟断層帯」の存在を軽視していると批判した。

(共同通信社)

---------------------------
■電力各社が、新潟県中越沖地震にぶったまげて、耐震水準をおおはばにあげたのに、この判決の非科学ぶり、権力追従ぶりは、すごい。

●「すべての裁判官は、その良心に従い独立してその職権を行い、この憲法及び法律にのみ拘束される(日本国憲法第76条第3項)」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98%E8%A8%B4%E8%BF%BD%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A)←■憲法の空文化は、ここにも。ほかにも、いろいろあるけど…。

四国電力に対する直接的な攻撃…もとい

抗議を示唆しています。

http://radio-active.cocolog-nifty.com/blog/

みぎ、おしらせまで。

■ウィキペディア「プルサーマル」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB)などの記述は、基本的に「御用記事」ですね。■批判する市民のうち、専門的知識をもつ層は、もっと積極的に編集作業にかかわらないと、情報戦で劣勢のままだとおもいます。

とうとう「国内2例目」

<プルサーマル発電>伊方原発3号機が起動 国内2例目
3月1日14時3分配信 毎日新聞
 国内2例目のプルサーマル発電に向け、四国電力は1日午後、伊方原発3号機(愛媛県伊方町、加圧水型、出力89万キロワット)の原子炉を起動させた。2日朝、核分裂の状態が一定となる「臨界」を迎え、4日に発電を、30日に営業運転を始める。起動は2月下旬の予定だったが、同機で昨年11月に起きた放射能漏れの原因究明のため約1週間遅れた。今年1月に定期検査で運転を停止し2月9~12日にMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料16体を取り付けていた。

 プルサーマル発電は、使用済みウラン燃料からプルトニウムを抽出して製造するMOX燃料を通常の軽水炉で燃やす発電方式。同じMOX燃料を使う高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)が95年のナトリウム漏れ事故で長期停止中のため、プルトニウム利用の“つなぎ役”から当面の“本命”に浮上した。97年に推進が閣議了解され、電気事業連合会も10年度までに全国16~18基の原発で実施する計画を立てた。

 しかし、東京、関西電力で検査データ改ざんなどが発覚して計画が中断。大きなトラブルのない後発の九州電力が玄海原発3号機(佐賀県玄海町)で昨年11月、全国初のプルサーマル発電を始め、同様に地元との関係が良好な四電が続くことになった。【栗田亨】

【関連ニュース】
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明…条件付きで(http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100216k0000e040069000c.html?inb=yt
プルサーマル計画:伊方原発3号機で送電開始へ (http://mainichi.jp/select/science/news/20100227k0000m040030000c.html?inb=yt
四国電力:伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める (http://mainichi.jp/select/science/news/20100210k0000m040018000c.html?inb=yt
女川原発:プルサーマル発電の実施、国が許可 (http://mainichi.jp/photo/archive/news/2010/01/08/20100109k0000m040015000c.html?inb=yt
核燃料サイクル 見えない先行き/1 日本初 プルサーマル始動(http://mainichi.jp/select/wadai/wakaru/kagaku/news/20100112org00m040040000c.html?inb=yt
最終更新:3月1日15時2分

経産相が廃棄物受け入れを青森知事に要請

直嶋経産相 低レベル廃棄物受け入れを 青森県知事に要請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100306-00000006-maip-pol

東北電のプルサーマル受け入れ

東北電のプルサーマル受け入れ=宮城県と地元市町が表明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100307-00000075-jij-bus_all

首相「原子力発電の推進」明記に前向き 温暖化基本法案(朝日)

『朝日』2010年3月6日19時45分

 鳩山由紀夫首相は6日、近く閣議決定予定の地球温暖化対策基本法案について「原子力はCO2(二酸化炭素)を減らすには欠くことのできないエネルギーだ。基本法の中でも位置付けていきたい」と述べ、「原子力発電の推進」を明記することに前向きな姿勢を示した。都内で記者団の質問に答えた。

 同法案での原子力発電の扱いをめぐっては、社民党の福島瑞穂党首が5日、「温暖化防止に原発が切り札になるかどうかは両方意見があり、社民党は問題があると考えている」と反対の姿勢だ。

 首相は「原子力は廃棄物や安全性の問題もあるが、安全を確保するというさらに高い目標を作って、それを果たすことを前提にする」とも述べ、法案での表現については、福島氏の意見にも配慮する姿勢を示した。

--------------------------------------
■地震列島上の原発に、安全確保なんて、ありえないのに。

プルサーマル関連で転載します。

以下、転送転載大歓迎です。

〆切が迫っていますが、どうぞよろしくお願いします。

質問・要望書の提出団体については、どんなタイプのグループ、お店などでも可です。

●また、twitterでも申し込みが出来るようにします。
団体名と都道府県とハッシュタグ(#nomox_youbou)を明記の上、ツイートしてください。
(※都道府県名と#nomox_youbouとの間に半角スペースを入れてください)

例:「グリーン・アクション(京都府) #nomox_youbou」

また、以上の操作が難しいという方は、冨田貴史のアカウント宛にダイレクトメッセージを送って頂き、
メッセージの文中に「団体名・都道府県名」を明記ください。

冨田貴史アカウント:http://twitter.com/takafumitomita


使用済MOXに関する経済産業大臣への質問・要望書の提出団体になってください

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 使用済MOX燃料は超長期に地元で貯蔵され、プール水の漏れで環境を汚染します
 玄海3号、伊方3号のMOXを直ちに炉内から取り出すよう指示してください
 福島I-3号、高浜3・4号、浜岡4号へのMOX装荷を認めないでください
 全てのプルサーマルの進行を凍結してください
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

プルサーマルの進行をくい止めるために、国に対して質問・要請書を出します。
共同で提出する団体を広く募っています。ぜひ内容を広めて、提出団体になってください。
九州電力と四国電力は、多くの反対の声を踏みにじりプルサーマルを開始しました。
さらに福島I-3号機では、11年前に搬入したMOX燃料をこの夏にも装荷しようとしています。
高浜3号機では10月の定期検査で、浜岡4号機でも年度内にMOX装荷が予定されています。
また、女川3号機等でもプルサーマル推進が強まっています。
このような強行推進を止めるために、全国の力を結集して、国との交渉にのぞみましょう
(交渉日が決まればお伝えします)。
 
 プルサーマルによって生み出される使用済MOXは、その搬出先もなく、原発の使用済燃料プールで超長期間保管され、地元を核のゴミ捨て場にします。このように、搬出先もないままに、使用済MOX燃料をつくりだす行為そのものが原子炉等規制法に違反しています。

 さらに、「原子力政策大綱」では、使用済MOXの処理の方策は、「もんじゅ」や六ヶ所再処理工場の進ちょく状況を考慮して2010年頃から検討を開始するとしています。しかし、これら核燃料サイクル政策は行き詰まっているのに、プルサーマルだけを強行しています。その矛盾の集中点が行き場のない使用済MOXであり、そのツケを地元の人々に押しつけようというのです。
 
 他方、米国では老朽化した使用済燃料プールから微量の放射能汚染水が数年間も気づかれないまま漏えいし続け、その結果、大量の放射能汚染水が流出して環境を汚染し、大きな社会的問題になっています。日本の電力会社のプール管理でも、微量な漏えいは放置されてしまいます。使用済MOX燃料の超長期の保管は、米国と同様の環境汚染を引き起こす危険があるのです。将来にわたる環境を保全するのが、現在の私達の責務でもあります。
 
●国への質問・要請書の連絡先団体は、グリーン・アクション、美浜の会、福島老朽原発を考える会、原子力資料情報室です。
 
●提出団体募集のしめ切りは7月31日です。
連絡先:mihama@jca.apc.org またはfax 06-6367-6581
(団体名と都道府県を書いて下さい)

●要請事項 上記見出しの内容


■質問事項■

処分の相手方を示すことができない使用済MOX燃料の使用は法律に違反しているのでは?

「もんじゅ」も六ヶ所再処理工場も大幅に遅れ、本格的に動く見込みはありません。第二再処理工場を検討できる状況にはないのでは?

米国では、使用済燃料プール水の漏えいによって環境が汚染され大きな問題になっています。日本でも同じことが起きるのでは?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。