プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮半島の食糧情勢

■昨年かいた記事「朝鮮半島南北の経済格差のひろがり(社会実情データ図録)」でもとりあげたが、朝鮮半島の南北の経済格差(政治格差は論外として)は、ひろがるばかりのようだ。■ことしは、特に食糧問題が深刻になりそうな感じ。


トウモロコシ収量が激減=平年の6割、大凶作か-北朝鮮
9月22日14時47分配信 時事通信
 【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは22日、慢性的な食料難に陥っている北朝鮮で、トウモロコシの収穫量が平年の6割以下に落ち込む大凶作が予想されると報じた。世界的な食料援助団体「国際トウモロコシ財団」(本部ソウル)の金順権理事長の話として伝えた。
 今月12~16日に訪朝し平壌郊外などを視察した金理事長は、今年のトウモロコシ作況について「訪朝した過去12年間で最悪。状況はかなり深刻だ」と指摘。北朝鮮の年間収穫量は約250万トンで、豊作の年は300万トンに上るが、今年は150万トン以下にとどまる恐れがあると予測した。
 金理事長によると、北朝鮮住民の70%が主食をトウモロコシに依存している。
 

北の食料難、「危機的」に=90年代後半以降で最悪-アムネスティ
 【ロンドン28日時事】国際人権擁護団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は28日、世界の人権状況をまとめた年次報告書(2009年度版)を公表。この中で北朝鮮について、「1990年代後半以降で最悪」という危機的なレベルの食料難に直面する一方、当局は人々の生存に最低限必要な食料を確保する対策さえ怠っていると批判した。
 報告書によれば、北朝鮮は「過去10年間で見られなかった規模」の飢餓に見舞われ、何百万人もが苦境に陥っている。大半は雑穀などで胃を満たすことを余儀なくされ、野草で食いつないでいる人も多いという。
 こうした状況にもかかわらず、北朝鮮当局は米国からの食料支援受け取りを拒否した上、昨年3月末には米国の人道団体の国外退去を命令。食料不足の報が全国に広がるのを防ぐため、長距離電話回線が遮断されたとも伝えられるとしている。(2009/05/28-13:11)



ウィキペディア「朝鮮民主主義人民共和国」
……
経済
北朝鮮は厳格な情報統制下にあり、信頼に値する統計も十分には公表されておらず、このことが北朝鮮経済の実態の把握を困難にしている。国外の機関・研究者によるマクロ経済指標推計の試みもあり、毎年公表される韓銀(韓国銀行)によるGDPの推計などがある。韓銀の推計では韓国の物価・付加価値率が用いられている。CIAも韓銀やアンガス・マディソンの推計などを加工するなどして推計値を発表している。
韓銀の推計によれば、GDPの構成では農林水産業が23.3%、鉱工業29.6%、電力ガス水道4.5%、建設9.0%、サービス産業が33.6%を占めている(2006年)。また就業人口の36%を第一次産業が占める。また軍需産業が経済活動の大きな割合を占め、資源の偏った配分が経済疲弊の一因となっている。[6][7]
農業が経済に大きな割合を占めるが、もともと農業に適する地域が少ないため、化学肥料や農薬を大量に利用して食料自給を維持していた。しかしソビエト連邦崩壊によるエネルギー不足の影響で農業生産が大幅に減退した。その結果、食糧が乏しくなって各地で飢えが発生し、海外からの食糧支援に大きく依存している。
日本統治時代には南部(現:大韓民国)の農業に対して、北部は鉱工業を促進する政策を取っていたが、独立後は設備投資の失敗により老朽化が目立つ。さらに外貨不足、質の悪い石炭や送電ロスに起因する電力不足、資材不足により工業の生産能力は非常に低い状態となっている。
90年代以降縮小した農業や鉱工業に対しサービス産業は比較的堅調で、経済に占めるウェイトは拡大したと推計されている。例えば南北交流による観光産業の成長が挙げられる。また配給物資の不足により自由市場など非国営部門の経済活動が活発化した。
北朝鮮は平壌以外は闇
北朝鮮は平壌以外は闇であり、照明の電気もほとんどないことが
分かる。宇宙からみた地球夜景(NASA)より


資源としては石炭や鉄鉱石、タングステン他の希少金属をはじめとした鉱物資源が比較的豊富である。しかし、採掘する設備が非常に旧式であるほか、電力、水道などの基本的なインフラの状況が非常に悪いため、生産性は高くない。 また松茸や魚介類なども豊富で、日本などに輸出して貴重な外貨獲得源になっている。 他には、銃などの小火器やミサイルなどをはじめとした武器や、極めて精巧な偽札、覚せい剤、偽タバコなどの輸出により、外貨を獲得しているとされる。


1990年代中盤には、慢性的な不況状態にあり、水害による農作物不足も追い討ちをかけ、国民の餓死も多かったと言われている。発電所が稼動しないため国内の電力事情が極度に悪く、工場や鉄道が動かないことが多く、生産活動にもかなりの支障を来しているとされていたが、1999年以降は中華人民共和国との経済関係が活発化し、鉄鉱石や石炭鉱山の権利を中華人民共和国の企業に売却するなどの効果が現れ、同年の経済成長率は6.2%と久々にプラス成長に転じ、その後4年間はそれぞれ1.3%、3.7%、1.2%、1.8%の成長を記録する等経済状況がやや好転したと言われる。2004年以降、電力事情も好転しつつある。しかし核実験に伴う経済制裁のため、2006年後半以降再び経済が悪化し、同年の経済成長率は8年ぶりのマイナス成長となる-1.1%となった。国内にある一部の非国営部門の活発化や海外支援などがあるものの、依然として国民生活が厳しい状態が続いており、韓国との経済格差は、1970年代初頭までは北朝鮮がその経済水準を上回っていたが、以降は拡大する一方である。1990年代後半から経済改革が行われ、その一環として2002年7月に「経済管理改善措置」と題する賃金と物価の改定が行われた。同時期に、経済における市場的要素を一部許容した。その後、市場的要素が公式的にも非公式的にも広がり始め、その中で比較的順調な軽工業と生産正常化の遅れている重工業といった国営企業間の格差や国民の間での所得格差など、新たな問題が発生している。2009年の朝鮮日報の報道では北朝鮮の対外貿易の80%以上を中国が占めるとされている…。 2008年12月から平壌市において通話のみだが携帯電話の利用が可能になり一般市民の便利性が向上した。 また金日成生誕100年となる2012年に向けて、「強盛大国の大門を開く」というスローガンを掲げている。
通貨は朝鮮民主主義人民共和国ウォン(KPW)。アメリカの評論誌Foreign Policyによれば、2007年調査時点で世界で最も価値の低い通貨トップ5の一つ。為替公式レートは1ドル=141ウォン(1ウォン=約0.87円)だが、闇レートは1米ドル=2500ウォン以上(1ウォン=約0.05円以下)。…

……

人口と人権、食糧問題

北朝鮮の人口統計は、政治的要因及び統計制度・調査方法の不備から、ある程度の誤差があると考えられている。
北朝鮮政府が人口センサスを実施したのは1993年末に1回のみであったが、2008年10月に国連人口基金の支援下で新たな人口センサスが実施された。これによる暫定集計の結果は、総人口24,051,218人、内男性が11,722,403人、女性が12,328,815人である。…。米国CIAのWorld Factbookによれば2007年7月の推定人口は23,301,725人である。平均寿命は71.92歳(男性69.18歳、女性74.80歳)、出生率は人口1000人当たり15.06人、合計特殊出生率は2.05人、幼児死亡率は1000人当たり22.56人となっている。(北朝鮮の人口統計に関する問題の詳細は…を参照。) WHOの推計では、平均寿命は男性65歳、女性68歳(2005年)となっている。…。国連の推計では現在の平均寿命が80年代後半より4歳下回っているとされている…。
1980年代以降、ソビエト連邦など共産圏からの援助が激減しエネルギー不足となったのをきっかけに、国内の食糧事情が極度に悪化し、数十万人以上の国民が餓死したと言われる。北朝鮮政府は、食糧危機の原因を水害や旱害などの天災としているが、それは主たる原因ではない。真の原因は、エネルギー不足により肥料生産が減り、肥料や食料の運搬が困難になったことと、各地域の天候や現状は無視して、首都から各地方へ画一的な主体農法を押しつけた、北朝鮮政府の非現実的な食糧生産政策が原因とされる。また、生産された食糧のかなりの部分を、各地の労働党幹部が確保し、一般国民へ食糧が届かないことも、餓死の大きな原因とされる…。西沿岸が干ばつに見舞われた1997年6月…、ウナ丼の好きな金正日総書記…が、人民の食生活向上を狙い、集約化に向き栄養価の高いナマズの養殖発展を指示し、以来力を入れている…。
また刑務所や政治犯収容所などの強制収容施設で多数の人々が殺害されたと言われるが、北朝鮮政府は政治犯収容所の存在を否定している。しかし政治犯収容所の収容者や警備兵などの多数の証言によれば、収容所内で裁判なしに多くの人が日常的に殺害されており公開処刑も行われているといわれる。
餓死と強制収容施設での問題の他、食糧問題と人権問題を原因とする、多数の国民の北朝鮮からの脱出、いわゆる脱北も、人口減の原因である。北朝鮮と接する中国東北部には、北朝鮮から逃れた人々が数千人以上滞在しているために中華人民共和国は国境地帯の警備を強化している。

----------------------------------
■「北」という漢字表記が、朝鮮半島北部の政治体制をさしてしまうという現状は、どうみても異様だ。異様な国家体制にあおられて、周囲のメディアまで異様な体質になっている。
■でもって、おそらく 世論の主軸は、「拉致問題が最重要課題」とかいった、過剰なナショナリスティックな極論におされて、「人道援助」自体がやりづらいままのおそれがある。民主党政権が「友愛」をうたうなら、当然韓国の「太陽政策」と呼応して人道支援をおこなうべきである。■以前、韓国に亡命した、朝鮮労働党最高幹部(長老格)が、朝鮮軍内部での よこながしなど、途中できえてしまうことがあっても、市民からの収奪が すこしでもマシになるだけ、人道援助をしてほしいと、インタビューのなかで、同胞をきづかっていたが、「経済制裁」をわめきたてる部分は、「友愛」など無意味で、ともかく圧力ということなのだろう。あの強権国家アメリカだって、なだめたり すかしたり、いろいろ くふうするのに(「絶えず注目されたがっている」「母親として幼児や手に負えない10代の若者」あいての経験から、「相手にしてはいけない。彼らは関心を払うに値しない」などと、正直にいってしまう政治家もいるけど。w)。
■再三のべたとおり、あのサダム・フセイン体制さえも あっというまに ふきとばしてしまったアメリカ軍が、イラクとはちがって大量破壊兵器開発をすすめているのに、せめこまないのは なぜか? 体制崩壊が、東北アジアの政治経済体制をおおきく混乱させてしまうからだ。■おそらく東西ドイツ統一以上の規模と期間で大混乱をひきずることになるだろう。「100年に一度の恐慌」なんていっている今回の世界不況の余波なんぞ、どうでもいいぐらい、すごいことが予想されるわけだ。国境線と海上警備をおこなうとしても、数百万の難民を周囲の4国は覚悟し、しかも兆単位の資金援助をしいられることになるんだから。■「相手にしてはいけない。彼らは関心を払うに値しない」などと挑発的な意見をはきつつも、全然ホンネでなどなく、ただ単にミサイル発射や声明など、せとぎわ外交にともなう、陽動作戦・挑発行為は、スルーする、と、かの国の首脳部に、クギをさしたにすぎないのだ。
■おどかすだけで、実際にはふみきらないだろうが、中国政府中枢部が、軍強硬派やタカ派的世論に おしきられるかたちで、キレてしまえば、パイプラインをとざすだろう。酸素ボンベのパイプをしめてしまうようなものだ(”北朝鮮の“命綱”握る中国、石油パイプライン明らかに”)■軍は、ヤケになってソウル侵攻などをこころみるだろうが、「兵站」が消失する以上、戦闘期間は線香花火のようにあっけなくおわるだろう。おそらく、韓国軍と人民解放軍によって南北からハサミうちにあって、武装解除になるはずだ。そして、中韓両国は、その後の大混乱をおそれている。朝鮮人民軍の暴発だけは、絶対にさけようとすると。■そして、そういったヤケになってしまう閉塞感・絶望感においこまないためには、兵站と食糧生産をささえる電力・化学工業の基礎たる原油、そして、人民が暴動をおこさないための緊急食糧援助が不可欠なのだ。
■「経済制裁」だの「先制攻撃」などと わめきたてるタカ派たちは、「国益」はもちろん、「大義」さえも否定するやからというほかない。

■ちなみに、かの国家体制を『1984年』(オーウェル)の現実化だ、みたいに、ことさらに「発見」した気になっている層が一部いるようだけど、なんどもかいきたおとり、オーウェルの作品は、社会主義体制批判という射程をこえてしまっているし、近年の情報検索・記録技術の進展によって、皮肉にも普遍的な「現代」の管理主義体制批判たりえているわけだ。■オーウェリアン的空間が「対岸の火事」みたいにカンちがいしている層こそ、「ハイパー独裁」(田中宇)の被支配層そのものだし、「経済制裁」だの「北の脅威」だのといったプロパガンダをまともに批判できないメディアの本質をハズしてしまっている当人なのだ。ご当人たちは、自分たちのおもいどおりの論調に一斉になびかない状況をいきどおっては、「マスゴミ」よばわりし、一方で、自派につごうのわるい議論≒左派的論調が主張できる「自由」を過大評価して、「対岸の火事」からの危機回避に安心しきっているようだが、「自由」が操作対象であることには、きづかないようだ。■民主党が日教組や連合などの労働組合によって社会主義的な革命の陰謀に加担している、などといった妄想的なネガティブ・キャンペーンを展開したことは有名だが、それをまにうけてしまった、ネット右翼の知的惨状こそ、問題化すべきだろう。

●「教育支出:日本、最低の3.3% GDP比、28カ国中ワースト2位--OECD調査(毎日)=「ムダ」とはなにか55
●「自民党敗北の原因に関する森田実氏の考察」(『我が九条-麗しの国日本』2009-09-07)
●「ネトウヨは実在する@ニコニコから - 2ちゃんねるとネット右翼ウォッチング&その分析」(『2ちゃんねるとネット右翼ウォッチング&その分析』 2009-09-07)

■自民党から民主党に政権交代がなされようと、こういった層が 東北アジア情勢をユガめたかたちで「理解」させる圧力をくわえつづけるかぎり、防衛利権だの、右派系人権ゴロだの、おかしな寄生虫たちを 横行させるづけるだろうし、「原発テロより、原発震災」といった、まともなリスク管理から 注意がそらされつづけるだろう。
■愛国をうそぶく連中こそ、反愛国的であり、実は売国的なのだが、「安心できるから自民」だの、「自民がくさったから民主」などといった情緒でうごく「B層」は、メディアがかくしつづける東北アジア情勢のネジれに、ずっときづく可能性を遮断しつづけているのだ(自分たちがみかぎるまで、安倍・麻生といったタカ派部分を熱狂的に支持したという過去をわすれてしまう。単に、自分たちを失望させた連中がわるい、式の感想しかもてない)。■「戦時中(北朝鮮)とちがって、現代のわがくには…」とかいった自意識こそ もっともやっかいだ…という現実を直視できないので、イラク戦争開戦のウソだの、そういったデタラメをつきつけられても、一向に「学習能力」が向上しないままで、日常に埋没しつづける。
スポンサーサイト

タグ : ナショナリズム ハイパー独裁 1984年

<< アンパンマン・キャラのローマ字表記 | ホーム | 事故調の情報―まさかJR西に渡すとは(「朝日」社説) >>


コメント

以下のページの最近の書き込みで

右翼組織をいくつか網羅してくれているので(296番の書き込み)、よかったら参考になさってください。

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1209906676/l50

全文転写

296 :無党派さん:2009/10/11(日) 14:41:08 ID:q0Ozn7+g
【ネット右翼のコアの正体】
「行動する保守」諸団体(通称:珍右翼)=ネット右翼のコア=ネオナチ勢力。
反社会的なレイシズムや排外主義を頭の弱い連中にすりこもうとしているレイシスト。
「市民の“相貌(顔)”をした右翼」「プロ奴隷」ともいう。
横断板大量マルチでネット街宣しているのも、こいつら。
大規模オフ板やイベント板はこいつらの政治運動板。

「主権回復を目指す会(代表:西村修平)」
「在特会(代表:桜井誠)」
「外国人参政権に反対する会(代表:村田春樹)」
「せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』(代表:瀬戸弘幸=維新政党新風副代表)」
「日本を護る市民の会(代表:黒田大輔)」
「日本の自存自衛を取り戻す会(代表:金子吉晴)」 
「NPO法人外国人犯罪追放運動(代表:有門大輔)」
「国民社会推進協議会(代表:中村寿徳)」
「教育再生・地方議員百人と市民の会(事務局長:増木重夫=在特会関西支部長)」
「真・保守市民の会」(代表:遠藤健太郎)
「草莽全国地方議員の会」
「日本文化チャンネル桜ニ千人委員会有志の会」
「日本女性の会『そよ風』」

これらの諸団体の黒幕的組織は、「日本会議」か。
(注:日本会議の椛島グループ)
ttp://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200905111500151
幹部に逮捕者が多いのが特徴。最近も「真保守市民の会」代表の遠藤、
「教育再生・地方議員百人と市民の会」事務局長・「在特会」関西支部長の増木が逮捕された。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。