プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右派・保守層がさわぎだしそうな「外国人地方参政権」

外国人地方参政権 通常国会で法案も 小沢氏言及、党内に反対論
9月20日7時56分配信 産経新聞
 民主党の小沢一郎幹事長が19日、李明博(イ・ミョンバク)大統領の実兄で韓日議員連盟の李相得(イ・サンドク)会長(ハンナラ党国会議員)と会談し、永住外国人への地方参政権付与問題について「何とかしなければならない。通常国会で目鼻を付けたい」と述べていたことが分かった。民主党筋が明らかにした。早ければ来年1月召集の通常国会で法案提出を目指す意向を示したとみられる。鳩山由紀夫首相も推進論者として知られるが、民主党内にも反対論が強いため、意見集約は難航しそうだ。この問題は「憲法違反」との指摘もあり、来夏の参院選に向け、大きな争点となる可能性がある。

                  ◇

 会談は19日夕、党本部で約40分間行われ、「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上推進議員連盟」(会長・岡田克也外相)事務局長を務める民主党の川上義博参院議員、権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使らが同席した。

 参政権付与問題は、権大使が「ぜひお願いしたい」と要請し、小沢氏が前向きな姿勢を表明したという。

 民主党は結党時の基本政策として地方参政権付与の早期実現をうたっている。小沢氏も推進論者として知られ、昨年2月に就任直前の李大統領と会談した際も付与に向け、努力する意向を伝えた。今月11日に川上氏とともに在日本大韓民国民団(民団)幹部と会談した際も「自分はもともと賛成なので、ぜひ来年の通常国会で方針を決めよう」と述べたとされる。

 ただ、民主党内にも反対論が根強く、衆院選マニフェスト(政権公約)には盛り込まれなかった。国民新党も反対を表明している。今回の会談で民主党は会談内容の記者説明に応じず、概要を記した発表文を1枚配布。付与問題に関するやりとりは公表しなかった。

 一方、小沢氏は李氏との会談で「韓国との関係を形式的なものではなく本当の信頼関係を作り上げることに力を尽くしたい。両国間の基本的な問題も必ず解決できる」と語った。李氏は「大統領も小沢氏と同様に未来に向かって道を開こうとしている」と応じた。また、小沢氏は政権交代について「私自身の大きな目標の第一歩でしかないが、達成できたことを喜んでいる」と述べたという。

                  ◇

【用語解説】永住外国人への地方参政権付与問題

 永住資格を持ち、日本に居住する外国人に地方参政権を与えるため、民主、公明、共産などの各党が過去に付与法案を提出した。平成19年末の法務省の統計では、永住資格を持つ外国人は約87万人。このうち在日韓国・朝鮮人が多数を占める「特別永住者」は約43万人。

-----------------------------------------
■「敵にシオ」になりそうだが、右派はともかく、保守層が、地方参政権に反対する論理・動機が全然理解できない。

■①定住外国人のうち「永住者」たちは、すくなくとも1世のとき「日本国籍」だった。戦後それをムリやりうばったのは、日本政府だった。■保守主義者なら、「戦前の美風」を復旧することを是とするだろうから、さっそく参政権も復元する必要がある。2世~5世であろうと、地方にかぎらず国政も。

■②過去40年ちかくにわたって、沖縄島かいわいに米軍基地を集中させておく卑劣なやりくちの最大の合理化装置は、沖縄選出の国会議員が、人口比を反映させてちゃんとえらばれ、中央政界におくりだされている、というリクツだった。■人口の1%に、NIMBYよろしく、巨大迷惑施設をおしつけてはじない。あるいは、コロっとわすれるのがヤマトの住民。そういった、ごつごう主義のためにも、人口1%に応じた国政参政権の付与は重要だった。■あまり整然と整理して計算はしていなかっただろうが、「施政権返還」という作業は、タテマエ上日本国憲法下で平等な市民としてあつかわれるという幻想をおしつけ、合理化するための詐欺行為だったとさえいえる。大阪・横浜・川崎に集住する沖縄出身者が組織票をあつめたって、小選挙区で代表者をだすことは不可能だし、まして比例代表のばあいは、有名人を名簿の上位にいれてもらうよりほかない。
■ひるがえって、沖縄県の半分程度しかいない「在日」たちが、どんなに組織票をあつめようと、沖縄以上の政治的圧力はうみだせない。沖縄同様、大阪・横浜・川崎に集住する半島・諸島出身者が地域のエスニックな代表を国政にだすことは ほとんど可能性がない。いや、市政だってあやしい。■かくも 詐欺行為にこうつごうな詐術があるのに、なにをおそれて、国政はもちろん、地方参政権までも とりあげたままの状態をつづけようというのか? ■意見をくみあげているフリをするのは、保守派のおとくいだったはず。アタマのカタい右派にはムリでも、柔軟な保守には、とても魅力的な手法であり、民主党の提案も、それにきまっている。いや、社民・共産など、社会民主主義諸派の提言だって、そういった保守派と無自覚な連続性をもった「ガスぬき」戦術=点数かせぎが実体ではないのか?

■③ちなみに、「外国人が大挙してすみつき、定住し、永住権をもったら、のっとられる…」という、恐怖感が、かれらの動機らしいんだが、では、旧蝦夷地・カラフト・千島にどやどやと はいりこんで、「定住・永住」して、先住者たちの生活基盤を破壊したのは、だれだったのかね? 新大陸やシベリアで、ヨーロッパ移民たちが醜悪にやらかしたのと、大差ない殖民活動がなかったら、北海道民は0にちかかったはずだが…。
スポンサーサイト

<< 多すぎた法科大学院…新司法試験、崩れた構想(読売)=「ムダ」とはなにか57 | ホーム | 現代日本語における恣意的漢字表記の実例8(山田) >>


コメント

「日本」という区分は本当は無意味だが、あえてそこで区切った主張をします。

>社民・共産など、社会民主主義諸派の提言だって、そういった保守派と無自覚な連続性をもった「ガスぬき」戦術=点数かせぎが実体ではないのか?

おっしゃるとおりだとおもいます。「日本」に帰属意識をいだけるひとびと(あえて挑発的に大雑把ないいかたをすれば、日本国籍でヤマト民族で黄色人種であるひとびと)のなかにおける弱者(子どもや障がい者や女性など)は社民党や共産党が躍進すれば生活が改善するでしょうが、先住民族や外国人の救済は「日本」の国政をつかさどる勢力では限界があるでしょう(もちろん、社民共産が勝てば先住民族や外国人にもすこしくらいは恩恵がとどくでしょうが)。

その意味で、以下の被害者学の集会がもつ意義はおおきいと感じます。

http://www.isv2009.com/index_j.html

「日本」における排外主義の映像

以下のページで「日本」(というものは実在しないが)における排外主義の映像がみれます。

http://www.youtube.com/watch?v=Ky5Bszw7L5s



あ、まちがえた。
ただしくは以下のページです。

http://www.shukenkaifuku.com/KoudouKatudou/2009/090502.html

今は小さい種も将来大きな人食い花になるかもしれないだろ。懸念を払拭するのは当たり前だろう。なに外国人に媚びてるの?あなたは売国奴ですか?みんな仲良くなんてお花畑なことよく言えるね。

打倒日帝、共にがんばりましょう。

まとめて回答 御免

貝枝さま
> 以下の被害者学の集会がもつ意義はおおきいと感じます…
■問題は、「被害者」学の論理的射程に、北方少数民族で調査公害にあった層などが、事実上ふくめられていないらしい点です。犯罪被害者などの人権がないがしろにされてきたことは事実ですが、現状の被害者学周辺の先生方のご関心は、「日本国籍でヤマト民族で黄色人種であるひとびと」と「被害者」という積集合(共通部分)だけをさしているだろうとおもわれます。■潜在的には、「意義はおおきい」とおもいます。フェミニズムが、サバルタン研究や男性学に展開したように。


大和さま
> 今は小さい種も将来大きな人食い花になるかもしれないだろ
■そうなると、旧蝦夷地に ふりつもった膨大な「小さい種」は、「北海道」という「和人による和人のための、和人の居住地=『大きな人食い花』の園」として飽和したという、当方の史観にも同意くださるわけですな。

> みんな仲良くなんてお花畑なことよく言えるね…
■なかよく共存など不可能・不要だというなら、「在来種」が「帰化種」殲滅のために反攻テロを開始しても当然と。歴史を150年さかのぼっただけで、北海道の「帰化種」定着の正統性はユラぎますが…


金村さま
> 打倒日帝、共にがんばりましょう
■沖縄学の祖 伊波普猷 が「地球上で帝国主義が終りを告げる時、沖縄人は『にが世』から解放されて、『あま世』を楽しみ十分にその個性を生かして、世界の文化に貢献することが出来る」(『伊波普猷全集』平凡社)と、といたことにならうなら、「打倒日帝」は、ちいさなちいさな最初の一歩にすぎません。
■また(早晩完全払拭されていくのかもしれませんが)、朝鮮半島の軍人たちがやらかしたベトナム戦争での犯罪行為(「ライタイハン」問題ほか)、「韓国内での外国人労働者をめぐる構造は、日本と類似する点が多い」(ウィキペディア「外国人労働者」)といった諸点なども、帝国主義の問題として とりくむ必要があるでしょう。■朝鮮半島独自の問題もありますが、日帝・米帝等のコピーもあきらかに散見される以上、こういった「負の連鎖」「負の遺産」問題は、単なる東北アジア限定の構造ではないでしょう。台湾しかり、インドネシアしかり、…。
■要するに、欧米列強の帝国主義との、その劣化コピーとしての日帝だけ たたいていたのでは、ネット右翼のような非本質的な部分への対策にしかならないということです。「クサいものは、モトからたたなきゃダメ」という、消臭剤メーカーのキャッチコピーは普遍的です。■中朝韓日台…、このあたりの非武装化が定着しないかぎり、琉球列島に「あま世」はきませんし、米帝・日帝おいだすのは、最初の数歩にすぎません。

別の例でいえば

「みんななかよく」という“お花畑”なブログをやっているkuronekoです。
 「在日外国人が将来の禍根」という人は、昭和初年にアメリカで日系移民が排斥されたときの地元保守派の言動も諒とするのか、それとも「かかる人種差別意識がアメリカにもあるのだから、大東亜戦争はアメリカの正義の戦争ではない」という論拠にするのか。なかなか興味深いところではありますねえ。

おっしゃるとおりで…

日本列島への移民に強硬に反発する層のほとんどは、日系アメリカ人の体験を当然視できないとおもいます。■当然視できない(「二重の基準」をズルがしこく つかいわけている)くせに、はずかしいことに その自覚がないか、 卑劣にも それをかくしていると。
■というか、「無教養」か「厚顔無恥」なのか、どっちかわかりませんが、先住者の生活圏をふみにじった植民地主義者のくせに、それを卑劣にも否認する連中が、移民排斥運動を何度もくりかえしている。■まあ、でも、世界中の難民・亡命者を膨大な数でうけいれている「新大陸」の実績と、いまだに精神的鎖国がやめられない、「極西」の小列島とでは、比較するのは 失礼でしょう。排外主義・差別が共有されているといったって、太平洋の両岸は、全然異質な水準にあります。

■ところで、排外主義右翼の諸君は、こういった「とおりすがり」無差別攻撃が、なにか運動論上意味があると信じているんでしょうかね? 単なるガソリン備給行為にすぎないんですけど。■「右派の大半は、無知・無能である」と、「自爆的」に宣伝してまわりたいのでしょうか?
■「あなたは売国奴ですか?」という非難自体が、本文のキツい皮肉をよめていない証拠なのだけど(だって、保守派にとっての「最適解」を提案してあげているんだから)、それさえも理解できないという惨状を自覚できていない。■削除にくるかもしれないので、半永久的に「さらし」処分にしましょう。これは、排外主義者の知的水準を端的に象徴した、まぎれもない証拠なので。そして、こういった破綻した「論理」に動揺するような市民だらけだとしたら、この列島に未来などありません。「自分にはあまく、他人にはエゲつない」という、最低の(しかし、一番ありがちな)住民だらけの、「美しくない国」なのだから。


今は小さい種も将来大きな人食い花になるかもしれないだろ。懸念を払拭するのは当たり前だろう。なに外国人に媚びてるの?あなたは売国奴ですか?みんな仲良くなんてお花畑なことよく言えるね。
2009/09/24 03:43 | 大和 #PgkbvmFo



以前にもつかったネタだが

つかえそうなので再度貼付しておきます。

http://www2.kinyobi.co.jp/old/fusoku_oldf/268

つーか、このネタの賞味期限がきれる時って、本当に来るのか?

左翼はすぐ卑屈で自虐的になる。核の放射能で、末代の子孫まで安直な論理で恥をさらし続けるんだろうな。あとコメント残してくれてありがとう。自分より格下の人間がいて喜んでる単細胞の左翼さん達♪

>自分より格下の人間がいて喜んでる

はあ? この人、自分から「格下」と自己認定しているよ。
そいううのは「卑屈で自虐的」じゃ、ないんだろうか?
わからん。

僕、自分が格下なんて言ってないよ?単細胞さん♪

「安直な論理」?  「格下」? 自虐」?

■フツーの サヨクは、けっして くちにしないような、かなり きわどい発言を本文でかきこんだんだけど、わかってかいているのかな~? ■わかってたら、こういったコメントは、ありないとおもうんだが…。自分が睡眠不足とかで、ものすごく意識低下しているのか?って、心配になってくる…。

■あと、「自分より格下がいる」っていう幻想を一所懸命確認しようと もがいている、みぐるしい作業こそ、ネットウヨあたりの差別かきこみだとばかりおもっていたんだが…。■つまり、「格下」の「発見」「確認」こそ、ネオナチ(およびナチズム)とかの本質だし、それは、ドイツにかぎらず 普遍的な防衛機制だと、かんがえてきたんだが、反体制がわの方も、自省的に真剣にチェックしないとまずいのかな? ■というか、左派は、ポストモダン系の思潮にであうことで、自分たちが所詮は体制内の「ガスぬき」装置なんじゃないか? とか、社会的弱者に対する抑圧者なんじゃないか? とか、それこそ自虐的ともいうべき 自意識過剰な姿勢に終始してきたように、おもうんだけどねぇ。いいわるい別にして。
■てなことを つらつらかんがえていくにつけ、かきこまれた「格下」という表現は、具体的になにを指示しようとしたんだろう? かんがえれば かんがえるほど、意味不明。不可解。■これも、こちらの意識水準の低下の証拠か?…

■「自虐」も意味不明。■もし まもとな左派が「自虐的」にみえるとしたら、「植民地主義の負の遺産を全然克服できていない=史料を恣意的に取捨選択・改変して暴言をはきつづける右派の横行をくいとめるほどの公教育・市民教育を展開できていない」という無力感・敗北感を 「ひとごと」と傍観したばあいだとおもうんだけどね。■もちろん、こういった使命感自体は自意識過剰で、「自虐的」というそしりは、まぬがれないんだろうけど、たとえば、「左派・容共部分は、アジア・オランダなどに 根拠のない罪悪感からペコペコ卑屈な姿勢に終始している」てな意味で つかっているなら、完全なカンちがいなんだけどねぇ。

■「自虐」って表現は、おそらく
①自分たちが「非国民」などと侮辱している層が、まぎれもない「自国民」だという矛盾に直面した、いきどおり・あせりを基盤にしており、
②自分たちが単に怠惰か無能だから不勉強で無知にとどまっている現状(科学的な史料批判とはなにかなど、全然しらないことで可能な欠落)をモニタリングできないので、自派に ふつごうな事実を全部「陰謀」論的にデマときめつけてしまえるように、「(史料にもとづいた)めのうえのタンコブ」に 「売国奴」というレッテルをはるときの修飾語なんだろう。
■左派への「自虐」ってレッテルがいまだに無効でない(つまり、左派の歴史認識が少数派のままにとどまり、ゆがんだ歴史認識が放置され増徴する)とすれば、知的野蛮をゆるしてきた経緯・無力さへの審判だろうとはおもう。■そこで、モジどおり「自虐」的にならずに、そしてもちろん「大衆蔑視」という おろかな ひきこもりにも いたらずに、「なにをなすべきか?」を とわれているんだろうね。

■念のため、うえの「テキスト(原文)」も保存。

左翼はすぐ卑屈で自虐的になる。核の放射能で、末代の子孫まで安直な論理で恥をさらし続けるんだろうな。あとコメント残してくれてありがとう。自分より格下の人間がいて喜んでる単細胞の左翼さん達♪

???????

>僕、自分が格下なんて言ってないよ?単細胞さん♪

そうなんですか。では、

>自分より格下の人間がいて喜んでる単細胞の左翼さん達♪

というのは、どういう意味なんですか。

「単細胞の左翼さんたち」が、「喜んでいる」のでしょ。「自分より格下の人間がい」ることに。

単細胞の左翼さんたちというのは、このブログの主宰者とその意見に同調している人、という意味ですよね。
「喜んでいる」というのは、その前に「あとコメント残してくれてありがとう。」というから、
この文脈では
>削除にくるかもしれないので、半永久的に「さらし」処分にしましょう。これは、排外主義者の知的水準を端的に象徴した、まぎれもない証拠なので。
というハラナタカマサさんのコメント(あるいは処置)を指すのでしょ。ハラナさんが面白がって(喜んで)やったことと言えば、コメントを保存しておくことですよねえ。その行為が「自分より格下の人間がいる」ことを喜んでいることだとすると、「自分より格下」の人間って、コメントを残された人であって、そういう人がいることを、「わー、面白いな、楽しいな」って喜んでコメントを保存した、というように読めるんですけどねえ。

「単細胞の左翼さん」が「自分より格下の人間がいて」「喜んでいる」というように読めるけどなあ。

>自分より格下の人間がいて喜んでる単細胞の左翼さん達♪

って他にどういう読み方があるのかなあ。

いろいろ自分の知識と知能を見せつけてくれてるけど、現実問題韓国はなんで外国人地方参政権を欲しがるの?利権がらみ?対馬あたりの領土がらみ?それとも裏でコソコソと日本を貶めること企んでるとか?

まさかミスタイプなんて言わないよねえ

ねえ。

>自分より格下の人間がいて喜んでる単細胞の左翼さん達♪

って、どういう意味?

それは僕より圧倒的に知識や知能を文章で見せつけて、僕を黙らせて優越感に浸たろうとか、自分達が正しいと誇らしげに思っている人達。たいていこういう人達はフラストレーションを起こしていると思うんだけどね。

疑心暗鬼がうむ 「左派=売国・スパイ勢力」論?

■「韓国」は、一枚いわじゃないし、変転する各政権の意向が かりに一度もブレないにしろ、謀略論(たとえば、日本の政財界をロッテとか多国籍企業など さまざなな在日諸勢力と韓国政府が連携して、政治的意図を実現するとか…)の一環で参政権が利用されるなんてのは、ナンセンス。■本文中でかいたとおり、かりに選挙権があたえられたって、人口比率によって推計できる有権者数からして「大阪・横浜・川崎に集住する半島・…出身者が…代表を国政にだすことは ほとんど可能性がない。いや、市政だってあやしい」。■反対派は、どんな不安にとらわれているんだろうか?



……戦後すぐに多くの旧植民地人は帰国して行ったが、既に日本での生活に慣れ親しんだ一部の人々は、帰国することを望まなかった。また帰国したくても渡航費用が無かったり、帰国後の生活基盤が無い上に持ち出し制限が課されて帰国を諦めた人もいた。また一度は帰国したものの、その後の朝鮮戦争などの混乱のために、日本に残った親類などを頼って日本に戻る人も見られた。日本に残り定住を決めた旧植民地人の多くは、戦前に自らの意思で移住してきた人々であって、徴用などで連行されてきた人々の大半は帰国した。
彼らの地位や権利をめぐっては不確定な時期が続いた。連合軍の占領下にあった日本政府は、戦争終結の平和条約を締結するまではこれらの人々について日本国籍を保持するとした。連合軍総司令部もそれを支持し、さらに旧植民地に正式に承認された国家が成立するまでは日本国籍を持つものとするとの考えを示した。1945年10月23日に政府は、内地在住の台湾人と朝鮮人の参政権保持を認めることを閣議決定した。しかし同年12月17日に改定された衆議院議員選挙法の付則では「戸籍法の適用を受けない者」の参政権を当分の間停止すると定め、旧植民地人の参政権を停止した。1947年5月には外国人登録令によって外国人としての登録を義務づけた。1948年8月に大韓民国、9月に朝鮮民主主義人民共和国が成立して朝鮮半島が南北に分裂、また1949年10月の中華人民共和国成立を受けて12月に中華民国国民政府が首都を台北に移転した。
1951年9月8日、日本はサンフランシスコ講和会議に全権を派遣して平和条約に調印、同条約は4月28日に発効し、日本が連合軍の占領から解かれ、また正式に台湾や朝鮮などの植民地と、千島列島や南樺太など内地の一部に関する権利を放棄することが決定した。この発効の直前、1952年4月19日に法務府民事局長が通達を出し、「平和条約の発効に伴う朝鮮人台湾人等に関する国籍及び戸籍事務の処理について」によって在日台湾人及び朝鮮人は一律に日本国籍を喪失することとなった。平和条約には旧植民地人の国籍に関する明文はなかったが、政府は戸籍法を基準として、内地に戸籍の無い住民は全て日本国籍を喪失するとした。また特に台湾については、1952年4月28日に日本が中華民国国民政府と調印し、8月5日に発効した日華平和条約をもって台湾人は日本国籍を喪失したとされた。
これら決定に至る過程で、日本政府内には当初旧植民地人に対して国籍選択権を与える考えがあったことも指摘されている。また一方で、たとえば当時の韓国政府は韓国併合以前の条約は全て無効であるとの立場をとっており、日本に在住する韓国人(朝鮮人)については、そもそも日本国民ではなく、大韓民国樹立によって日本国籍とされていたものから離脱し韓国国籍を回復した、とする「在日韓国人の法的地位に関する見解」を連合軍総司令部に伝えていた。平和条約発効の同日、外国人登録法が制定された。日本政府は在日台湾人、朝鮮人に対して国籍選択権を与えないことを決め、彼らは日本国籍を失い、外国人として日本で暮らすことになった。

平和条約締結後
日本国籍を喪失した旧植民地人は、参政権をはじめ国民年金や国民健康保険などの日本で生活する社会的権利が与えられなかった。彼らにとって、日本国民として日本人とほぼ同等であった戦前とは逆に、戦後は徹底して排除される政策となった。その後徐々に改善され、1960年代の後半から国民健康保険制度が、1980年代には国民年金制度が適用されるようになった。
外国籍でありながらこれらの社会保障制度が認められているため、日本国民の中には旧植民地人には権利は充分に与えられており、それ以上は必要ないと考える人もいる。逆に日本で永住する旧植民地人の中には、一度奪われたものを長年の努力で徐々に回復してきたという意識もあって、その延長線上に参政権がある、と考える人もいる。彼らは日本人と同様に税金は納めているが、現代の日本のみならず世界中のほとんどの国は、いわゆる普通選挙制度を採っており、納税を参政権要求の根拠にするのは今の時代にはふさわしくない、という指摘がなされている。 彼らが日本国籍を取得すればこれらの問題は全て解決するが、戦後かなり長い間、旧植民地人であるなしに関わらず、外国人が帰化することは容易なことではなかった。また彼らの中に帰化することへの心理的な抵抗を抱いている人が少なからずいたということも指摘しておかねばならない。
1991年に、出入国管理及び難民認定法(入管法)の特例として施行された法律で、戦前から定住する旧植民地人(いわゆる平和条約国籍離脱者)とその子孫は特別永住者となった。これらの人々には、日本国民と同等の社会的権利の多くが認められるようになったが、参政権については国政選挙、地方選挙に関わらず認められていない。…
〔ウィキペディア「外国人参政権」〕


「黙らせて優越感に浸たろうとか」とか、いってないで

ちゃんとデータにもとづいた反論を展開してください。■いままでの やりとりで、なにか具体的なデータにもとづいた「対話」「批判」「合意」が、ひとつでもありました?

■ちょっとキツめに 反論をかえされたからといって、いまさら「僕より圧倒的に知識や知能を文章で見せつけて、僕を黙らせて優越感に浸たろうとか、自分達が正しいと誇らしげに思っている」などと、なきごとみたいな、あてこすりは ズルいでしょ。

■「なに外国人に媚びてるの?あなたは売国奴ですか?」などと、無礼な攻撃をしかけてきたのは、そちらですからね。

■すくなくとも 当方に関しては、 「左派=売国・スパイ勢力」論といった そしりをうけるような売国的発言を、この日記でかいた記憶はないので、あるなら、具体的に指摘してくださいな。■むしろ、当方のスタンスは、基本的に反米右翼のみなさんと事実認識において、かなりカブるとおもうんですけどね? ほこりと美学をもって国際関係をきずけ、って、安倍政権批判とか麻生政権批判をくりかえしたはずだし。■ちなみに、当方は、左派周辺で何度かくりかえされた、安倍・麻生両氏の学識不足批判について、痛烈に批判してきたものです。いや、安倍・麻生両氏の学識については、歴史認識をはじめとして、はなはだ問題だとおもっていけど、漢字がよめないだのといった あげあしとりは、左派の理念にもとるとね(左派がエリート主義を擁護するような、教養主義的ツッコミをいれるのは、反則だと。安倍・麻生両氏が、たとえば宮沢もと首相みたいに教養・学識にとっていたなら、批判しないのか? って問題もからめて)。

人間に野心がある以上、疑心暗鬼が生まれるのは当然でしょ。市政すらあやしいなら、彼らが外国人参政権を欲しがる理由は何?社会で確固たる地位と権利を手にして欲求不満を解消したいの?そんな欲望は永遠に続くでしょ?人間は自分の思い道理にしたいものでしょ?

だったら、なんであなたは僕より躍起になって反論するの?それは世の中を自分の考えで支配したい欲望から来てるんじゃないんですか?あなたにも野心があるからじゃないですか?

量があればいいというわけではないけど

みのある 反論してください。■たとえば、アイヌ民族が包囲されたしまったとか、日系移民が散々いじめられたとか、それら全部、「かちぐみが 利己的にたちまわって、なにがわるい」と、わりきるんですね? ちゃんと、具体的に こたえましょうよ。■日系ブラジル人差別を肯定するなら、北米での差別も当然だったということになるし、強制収容所なども、全然問題にならないと。

■それと、疑心暗鬼を正当化して ひらきなおらないでください。疑心暗鬼が関東大震災での大虐殺をもたらしたんだから。ナチスによるホロコーストだってそうです。ドイツ国民の大半は疑心暗鬼で、ユダヤ系市民の陰謀におびえていたから、ナチスを熱狂的に支持した。

■当方は、自説が 超マイナーだという自覚があります。たとえば ネット右翼さんたちの方が、ずっとメジャーで、実際政治力を発揮してるじゃないですか? それなのに、われわれマイナーな意見を、なんで躍起になってツブそうと、わざわざ でかけてくるんですか?w■放置できない理由は?

建設的やりとりへ

>それは僕より圧倒的に知識や知能を文章で見せつけて、僕を黙らせて優越感に浸たろうとか、自分達が正しいと誇らしげに思っている人達。

これだと、やっぱり自分を「格下」認定しているように読めるよ。「格下」の人を見つけて喜んでコメント返している左翼、ということになるから。

 地方参政権を国籍とは別に認めている国が、世界でどれぐらいあるのか、とか、「在日韓国、朝鮮人」の法的位置は、国際的にみてどうなのか、とか、少しは建設的なコメントを考えないものかなあ。

なぜ、あなたはそんなにもして過去の事例を引き合いに出すの?それに差別なんて今時小学校でも起きてることでしょ?肯定するかしないかじゃなく、現実に今も世界中で起こっていることでしょ?歴史と関係なく自分達が子供のころから学校の教室の中で。世の中のすべての人と仲良く付き合おうなんて無理な話だよ。どうしてだと思う?相手が気に食わないからだよ。自分の勘に障るから簡単な理由で人を差別する。本能や感情が相手を拒絶するからだよ。ネトウヨが放置できないのもそれが理由。

kuronekoさんが僕のコメントを自分で格下だと認定してると思うのは解釈の問題だから、好きなように言葉を玩べば?格下だと自分で思うなら、コメントなんてしていない。国際的にみてどうだろうね。世界標準基準なんてものがあれば助かるけど、みんなどの国も事情が違うでしょ?民族とか外交とか歴史認識とか。

過去は、すぎさったことじゃない

■「あしをふまれた方は わすれず、ふんだ方は すぐわすれる」。被害者の記憶と加害者の記憶は、異質なのです。■加害者がわが「わすれろ」とせまるのは、二重の暴力。
■一応、「うまれてない時代のことに、なんで責任おう必要あるの?」という、一見もっともな感覚に、2~3のコメント。■①「負の遺産」をしょう責任などないというのは いいとして、「正の遺産」を放棄しないというのは、ズルすぎ。逆にいえば、戦前の収奪でできたインフラや人材という「遺産」を放棄していない日本人は、戦後(=第二次世界大戦後)うまれであろうと、「負の遺産」について、一応のお勉強をする責務がありそうですが、なにか異論が?

■②過去におこったことは、現在までその結果をひきずることがしばしば。受験英語でいうなら、現在完了形ですね。■朝鮮半島を植民地化して「日本国籍」をおしつけた。いろいろな甘言を弄したり、強制的につれさったりして、数百万の人間を日本列島にひきいれた。つごうがわるくなったので、日本国籍をとりあげた。…これら約1世紀の歴史的経緯は、現在の状況に、ちゃんと「負の遺産」としてのこっているわけです。■先祖たちがやらかしたことだとはいえ、「相手が気に食わないからだよ。自分の勘に障るから簡単な理由で人を差別する。本能や感情が相手を拒絶するからだよ」などと、自分の暴力性を正当化していいんでしょうかね?

■③過去がいやなら、日系ブラジル人バッシングや、北朝鮮問題をきっかけとした挑戦学校バッシング。これ、過去の問題ですか? ■労働力不足をおぎなおうと、国籍法をムリやりネジまげて肉体労働者を大量調達しようとしたのが、ちょうど20年まえ。「おれは、そのころ政策に関与していない」っていえるけど、あなたが「本能や感情が相手を拒絶するからだよ」などと、自分の暴力性を正当化できるようなすじあいのものじゃないはず。ちがいますか?■朝鮮学校バッシング。はっきりいって、おとなたちの世代の政治問題なんて、生徒に関係ない。じゃ、なんで、在日の民族学校の子たちは、あちらの将軍様とか、こちらのコリアン・コネクションの先生方とかのおもわくのトバッチリをうけなきゃいけないの?■チマ・チョゴリのオンナの子がきりつけれたり、くびしめられたり、なんで、こわいおもいしなきゃいけないの?■在日を犯罪者よばわりする人物のやらかしている行為が犯罪という、グロテスクな皮肉を、どう説明つけるの?

■ちなみに、kuronekoさんはともかく、当方は、「みんななかよく」式の ある意味偽善主義者ととられかねない発言を禁欲しています。■「なかよく共存など不可能・不要だというなら…」と、いささか、そちらの論理を乱暴にまとめて 異論は発しました。が、だからといって、それが同時に「なかよく共存」が当然という意味にはならないことに、ご注意。

あなたの言った通り人間はズルいよね。自分にとって都合の悪いことは隠したがる。だけどさ、負の歴史を習って考えることは人それぞれだよね。たいていの人達は自分達の先祖がしたことに嫌悪感を抱き自責の念に駆られ悪事を正当化できないだろうね。だけど、そうは思わない人達がいるよね。当時の日本の経済を見れば対外進出はしかたがなかったとか、自衛のためだとか、まあ自己を正当化しようとする人達がいるよね。だけどそれって、たいてい他の国でもそう言っている人達がいるよね今も。日本だけが特別じゃない。だからと言って調子に乗るのはいけないけど。お隣韓国だってベトナム戦争の時ベトナム人にひどいことしている。北朝鮮は世界中の人を拉致したり核開発したりしている。この二つの国や他の国々だって、日本のように真実を隠蔽したり、自衛のためだとか言い、自己を正当化しようとしている。どうすればいい?日本がかつてしたことを平然とやる国々に対し、日本は誠実さをもって接しればいいの?友愛や信頼関係や固い絆どんな言葉を熱心に説いたとしても、そんなのまやかしでしか聞こえない。お互いの対立を消してくれるものがあるとしたら、なんなんだろうね?

疑心暗鬼と暴力性の正当化

■「万人の万人に対する闘争」(トマス・ホッブズ『リヴァイアサン』)みたいな世界観は、まさに疑心暗鬼におちいった層が、防衛機制という自覚なしに、「正当防衛」「自衛権」といった論理で、みずからの暴力性を正当化するために、でっちあげたものでしょう。■現実の弱者が、どう自衛しているかといえば、たとえば女性たちが暴行犯を正当防衛でしなせてしまうとか、しなせてしまって当然といった自衛策をみんなとっているなんて、きいたことがありません。■一方、米ソの核戦略競争のように、双方とも自衛とは到底いえない肥大化レースをくりひろげるといった悲喜劇があります。■単純な比較ですが、これだけとっても、「自衛」の論理は、実体としてのリスクとは無関係に、放置されたり肥大化するものです。
■こうした現実をみるにつけ、徴兵によって戦地でいのちをおとす可能性が皆無にちかいだろう、女性や中高年男性のタカ派的防衛論は信用する気になれないし、従軍経験はもちろん戦場についての冷静な記述をふまえていないらしい わかい男性の「国土死守」論とかにも、疑問を感じます。■ちなみに、過去の事例ではありますが、関東大震災では、被害妄想的な自衛意識が、「自警団」による大量虐殺をもたらしました。この被害妄想なんて、ひごろ タコ部屋などで軟禁状態にしておきながら、半奴隷労働をしいた当時の日本人の体質がうんだ、自業自得的な意識です。しかし、無根拠に でっちあげられた「鮮人がおそってくる」論(不安がもたらしたデマの伝播)で、ころされてしまった朝鮮人(当時は日本国籍)は、うかばれないでしょう。

■「お互いの対立を消してくれるものがあるとしたら、なんなんだろう」というといに関していえば、「万人の万人に対する闘争」が常時つづいているなんて世界観は、妄想のたぐいにすぎない(=よかれあしかれ、大半の人間は、大半の時間、ずっと「武装解除」できているし、する必要もない)」という、ごく単純な普遍的現実を正視すること。事実を事実として冷静にみすえること。■みずからの根拠のない不安・合理性のない攻撃性(=「自衛」を理由とした暴力の正当化)が、どこに起因しているのかを、内省することでしょうか…。
■ともかく、歴史にまなび、同時代の現実をバランスを失することなく直視することからしか、なにもはじまらないでしょう。

あなたが、お互いの対立が常時無いと、大半の人間は、大半の時間、ずっと「武装解除」できているし、する必要が無いのは、そんな問題をいつも一般人が考えていたら生活できないからでしょう。だけど人間は自分の気になることはどうしても気になるよね。それが社会に対するものなのか、科学や物理、文化や歴史に対するものなのか、人それぞれだよね。そして感性も違う。さらにそこらの問題は複雑で高度になっていき、それについて知識や知能、技能を持った人達しか分からなくなってくるし議論もできない。だから専門家たちがいるんだろうけど。専門家だって人間だから恣意的にやる可能性だって否定できないし間違いだってあるんだし、一般人だって惑わされやすい。そんな複雑な問題を絶対的な普遍的な価値観を持って説いているものがどこにある?普遍的な現実を総括してバランスよく見てる奴がどこにいる?不完全な生き物人間が絶対なんてありえないでしょ?

「絶対」といった断定は、慎重にさけてきたはずですが…

> 。専門家だって人間だから恣意的にやる可能性だって否定できないし間違いだってあるんだし…

■専門家が 専門領域でつねに冷静で妥当な判断をくだせるか、それ自体が微妙です。■まして、歴史的経緯について体系的な勉強をしてこない、というより、それをさけてきた層が、「相手が気に食わないからだよ。自分の勘に障るから簡単な理由で人を差別する。本能や感情が相手を拒絶するからだよ」といった水準でソボクに暴力をふるってしまうことを正当化できるでしょうか?■「所詮、ひとは あやまちをおかすもの」といったリクツで暴力を正当化したら、ホロコーストも朝鮮人大虐殺も、アメリカ軍がくりかえした暴力も、全部せめることができなくなってしまいます。そんな野蛮を、いつまでもつづけるのか…。
■「普遍的」「絶対的」なものなど てにはいらないからこそ、自省する態度が必要なのでは? 「生理的嫌悪」といったレベルで、みずからの差別意識とか、つまらない自尊心とかを 暴力的に表現することの野蛮を、そろそろ やめる時代がきているはずです。■20世紀は、史上最大の殺戮の世紀とよばれています。21世紀は、さすがに もうすこし かしこくならないと。

暴力を振るう奴らが暴力を正当化したがると思う?狂ってる奴らは笑いながら暴力を振るうんだよ?それに人間は生きるためならなんだってするでしょ?それで暴力を振るう奴だっている。それに、賢くなるってどういうこと?自分達は非暴力や非武装で今もいる独裁者や権力者共の恐怖や暴力に渡り合えということ?そんなもの精神論じゃないですか?暴力を嫌うのは勝手だけど、暴力を振るうのはいけませんで、世の中から暴力がなくなりますか?人の情に訴えて世の中から暴力がなくなりますか?

「情」ではありません

■よわいものいじめしかできない という、みじめさの自覚とか、野蛮なことに鈍感であることの みぐるしさとか、むしろ美学にうったえているのです。■「(自分がしんだあとなんて、どうせ認識できないんだから)あとは のとなれ、やまとなれ」で せつなてきに いきていくのですか?とか、 後世に わらいものにされ、反論もできない屈辱を(本人は自覚できないけど、関係者は おおはじをかく)当然視するのですか? とかいった方向性です。

■ま、あとは、数理的なゲーム論とかつかうと、きっと「タカ派的に一貫させて行動すると、結局損する」みたいな結論がみちびけるんじゃないでしょうかね? かしこいひとたちに、レクチャーしてもらいたいけど。

美学?それを気にしない奴らには通用しないでしょ。自爆テロをすれば天国で幸せになれるという宗教もあるんだから。あと数理的なゲーム論をつかえば、データを入れ替えることで「ハト派的に一貫させて行動すると、結局損をする」と結論を導けるよ。結局入れるデータによって答えは違ってくるし、すべての事象を数学で答えを導こうとすること自体間違っている。

うったえているのは、あなたがたへなのですが

議論が成立していないことに、きがついていないようですね。


> データを入れ替えることで 「ハト派的に一貫させて行動すると、結局損をすると結論を導けるよ、

■でも、タカ派で一貫して損するという数理モデルがなりたつなら、一貫すべきでないという結論は、ひっくりかえらないと、みとめるのですね?

■しかも、「タカ派的に一貫させて行動すると、結局損する」は、日本国内の自称愛国者たちへのメッセージなのであって、数理モデルをたとえば、交渉相手の某国につきつけるなんて、そんなトンマな提案をしているんじゃないんですが…。

■「お互いの対立を消してくれるものがあるとしたら、なんなんだろう」というといに関していえば、「万人の万人に対する闘争」が常時つづいているなんて世界観は、妄想のたぐいにすぎない(=よかれあしかれ、大半の人間は、大半の時間、ずっと「武装解除」できているし、する必要もない)」という、ごく単純な普遍的現実を正視すること。事実を事実として冷静にみすえること。■みずからの根拠のない不安・合理性のない攻撃性(=「自衛」を理由とした暴力の正当化)が、どこに起因しているのかを、内省することでしょうか…。 」とかいったのも、みんな あなたがたへのメッセージなのですが、そんな含意もわからないで、かきこんでいたのですか?

9・27外国人参政権断固反対!東京デモ

http://www.youtube.com/watch?v=Y6DnE6L-gjU

のようにはなりたくないものです。

議論が成立してないと思うのは、あなたの認識の問題だろ?みんな価値観も感性も違うんだから。一貫すべきでないなら自分の国の負の歴史ばかり見て卑下するな。バランス良く見たいなら誰かの肩を持つようなことばかりするな。あなたが見ている現実が現実のすべてだと思うな。メッセージを受けてどんな言葉が返ってきたら、あなたは納得するの?自分の気に入ったものだけでしょ?

こんにちは

1みんな価値観も感性も違うから、何が「負の歴史」かも人によって解釈が違うような気もするでおじゃる。

皮肉でなく、経験則

●2~3日よまずに ガマンして、もどること。
●最初から最後まで、ときどき深呼吸をはさんで ゆっくり よみかえすこと。
●自分が最初になにをかんがえ、なにをしようとしたか、おもいだすこと。

目的 あなたをマトモな人間にすること。

そろそろ「でいり」禁止かな?

左翼はすぐ卑屈で自虐的になる。核の放射能で、末代の子孫まで安直な論理で恥をさらし続けるんだろうな。あとコメント残してくれてありがとう。自分より格下の人間がいて喜んでる単細胞の左翼さん達♪
 ↑ ■こういったケンカごしのセリフを 早々かくような人物がマトモだった経験は、一度もありません(ブログにかぎらず)。■マトモでないひとが、マトモでない人を マトモにする可能性は否定しませんが、あなたがマトモでない可能性は、きわめてたかい。すくなくとも、マトモでない人物が、同系ではない人間に とやかく エラそうに指南する資格などない。
■自分が説教できる資格があるかどうかを判断するまえに、まともに あいさつさえできない(しらない人物に ものもうすときには、それなりの(形式的にしろ、敬意をともなった)手順をふむという常識さえしらない)という「反則」行為を、自覚すること。
 ※ちなみに「核の放射能で、末代の子孫まで安直な論理で恥をさらし続ける」って表現は、被爆者をダシにした侮辱のつもりなのかねぇ。最初にツッコむのは、ひかえておいたが、意味不明だし、いずれにせよ、あまりにひどい。

■ブログのたぐいは、「私有地」として、運営者がとりしきる権利があるのであって、乱入者のあばれ放題といった権利は、ないんです。何年いきているのかしらないが、そういったことも学習してこなかったのかな?■前便の提案も ききいれないし…。

■冷静になりましょうね。最後通告です。

ありがとう。以後気をつけることにします。すみませんでした。
だけど私有地であっても政治に対しては幅広い視野と柔軟な思考で物事を考えてほしいものです。あなたの言う最後通告は日米開戦のハルノートを連想します。
それと核の放射能について僕が言いたかったことは、
放射性炭素同位元素は誰の体でも人間は一定の割合で体内に吸収し、人間が生きてる間、同位元素の比率は正常に保たれる。
(炭素がつくのは放射性同位元素に炭素が含まれるから。)
放射性同位元素を含む物質は放射性物質と言い、放射性物質が放射線を出す現象や性質を放射能と言います。
つまり、左翼の間違った考えを子供に教えるのは、放射性物質が放射線をまき散らす、核の放射能みたいだと言いたいのです。ちなみに核は左翼。科学の知識を使った彼らに対する皮肉です。お分かりいただければ光栄です。
お互いに冷静になりましょう。

まちがえました

放射性炭素同位元素は、炭素の放射性同位元素。炭素の内0.00000000012%を占める。
すみませんでした。

この人(たち)も見てよ。気がむいたら

ついでにどうぞ。

http://www.p-ratic.net/cgi-bin/kakolog/readtitle.cgi?bo=Baby

いや、この人(たち)は、わたしにとっては見るべき対象ではなく連帯するべき同志なんですが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。