プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】しまくとぅばプロジェクト★しまくとぅばの日スペシャル

しまくとぅばプロジェクト★しまくとぅばの日スペシャル

【シンポジウム第1弾】
しまくとぅばの復権、再活性化に果たすメディアの役割
日時:9月18日(金) 18:00~20:00(17:30開場)
会場:県立博物館・美術館 3階 講堂(先着200名)
資料代300円 
・コーディネーター 狩俣繁久琉球大学教授)
・パネリスト(予定) 沖縄タイムス NHK沖縄放送局ラジオ沖縄琉球新報琉球放送



【シンポジウム第2弾】
ウチナーグチマディンサッタルバスイ―『方言札標準語励行』で得たもの、失ったもの!?」
日時:9月20日(日) 13:30~17:00(13:00開場)
会場:県立博物館・美術館 3階 講堂(先着200名)
資料代500円
・対談:儀間朝善(元小学校校長)&高良勉
・コーディネーター 仲里効
・パネリスト 石川元平(元沖教組委員長)、高良勉(詩人)、上原美智子(教員)

*詳細は県立博物館・美術館ホームページをご覧ください。

  http://www.museums.pref.okinawa.jp/

問い合わせ 文化の杜共同企業体 098-941-8200(國吉)

------------------------------------------
■ 【シンポジウム第1弾】のパネリストは、きまっていないのだろうか? メディア各社から ひとりずつよぶのか? よべる人物が前日でも確定していないとか?■詳細を会場のサイトにあたれというのだが、そちらに、イベントの詳細がしるされているわけではない。 ■どちらも 沖縄らしいといえば、いえるが。


http://ja.wikipedia.org/wiki/しまくとぅばの日
●「9月18日は「しまくとぅばの日」?
●「高良勉,ウチナーグチ練習帖

●「しまくとぅばの日スペシャルシンポジウム」(『「癒しの島」から「冷やしの島」へ』2009年09月13日)
スポンサーサイト

テーマ : ことば - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ナショナリズム 日本語

<< 新型インフルエンザ騒動の怪23=原田和明「豚インフルエンザ報道を検証する 第17回 死者続出もタミフルの副作用?(2) | ホーム | 新型インフルエンザ騒動の怪22=原田和明「豚インフルエンザ報道を検証する 第16回 死者続出もタミフルの副作用?(1)【訂正版】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


第32回 南島文化市民講座 “しまくとぅば”の未来 ―少数派の言語とその再活性化―

第32回 南島文化市民講座 “しまくとぅば”の未来 ―少数派の言語とその再活性化―


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。