プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「訓読み」幻想

10日ほどまえ記事へのトラックバック記事を一部転載。

2009-09-10 22:55:03
パソコンで言葉はどう変わる? 前置き
テーマ:ことば コトバ 言葉
 「和む」ってことばを見かけるようになりました。1960年代。70年代にはあんまりみなかったんじゃないかなあと思います。「なごむ」ってあんまり漢字で書かなかったように思う。
 手紙などで、よろしくお願いします。というのも「ひらいて」(かな書きで)使っていたと思う。いまは、宜しくとき易く表記するパソコン(ワープロ)で簡単に変換するからですね。

 タカマサさんのとこのエントリーで考えたんですよ。
 http://harana.blog21.fc2.com/blog-entry-932.html

 具体的な影響(複数選択)として「漢字が書けなくなる」(59.7%)、「言葉のニュアンスが変わる」(42.2%)などを挙げた。(「時事ドットコム」2009/09/04-17:21)
 というけど、パソコン利用で、書き取り能力は衰えるかもしれないけど、漢字使用度は高まるのではないかな。言葉のニュアンスが変わるというのもあるけど、そのメカニズムはいろいろだと思う。

 ブログを読んでいて、昔と違うと思うものは、まだあります。
 「嘘吐き」って、「うそつき」と読むんですね。わたしは、音では「うそはき」と変換して、それから「ああ、うそつきという表記なんだな」と思いなおす。

----------------------------------------
■「和」という漢字。「大和」とか「和える」とか、国内外の日本語学習者だけでなく、学童生徒期の少年少女たちも 混乱させているだろう、「生」などとならぶ、やっかいな部類の典型例のような気がする。■いや、オトナたちだって、ダイワ」か「ヤマト」が文脈を即断するのは、そんなにラクではないはずだし、「和える」を、なんのとまどいもなく、「あえる」と よみくだすのは、一部のはず。「ゴマ和え」「胡麻和え」とかいてあれば「あえ」とよめるけど、「あえる」という動詞の名詞形だなんて、瞬時に判断するのは、かえって異様な感じさえする。■「和み」「和む」などもそうだ。みんな、一瞬もとまどうことなく、「なご―」とよみくだしているのか?…
■てがみでいえば、「宜しく」もそうだが、「何卒」とか、???がたくさんうかぶ慣用表現が、てがき文化には たくさんのこり、一旦、伝統主義が風化しそうになったのに、ワープロの開発で、みんなが「せのび」「懐古」に はしったような気がする。■いや、肉筆文化の美学を全否定するわけではないが(たとえば、空海→最澄の書状である「風信帖」に象徴される文化資本などは、たぶん すごいもんなのだろうとは、おもう)、身体化された文化資本の差別性というか、イヤらしさの象徴でもあるとおもう。それらに、ハンパにあこがれて、師匠をもとめ、すずりをすって修行する時間もさかない層が、ディジタル化された活字もどきの世界で「何卒」などと、入力しているのは、こっけいだとおもう(あ、ちなみに「なにとぞ」って よめないのに、せのびすると、「何」「卒」を一字変換を2度くりかえすことになるね。ゴクローサン)。

■ところで、今回、とても気になったのは、「嘘吐き」って表記。■ハラナは、めにした記憶がないんだな。理由は わからない。


■実は、先年、ブログ界では、「毒吐き@てっく」騒動というのがあった。■実にクダラン事件なので、ネット右翼の実態などを調査したいヒト意外には、まったく無意味なものだが、kandanoumareさんの記事をよんで、急におもいだしたのは、「『毒吐き』って、実際のところ、どうよませたかったのだろう」「実際、ギャラリーは どう よみくだしていたのだろう」という疑問。
■検索エンジンをかけても「毒吐き@てっく」氏の件は、よくわからない。いずれにせよ、「毒吐き」は、「どくづき/どくつき/どくはき」がありえ、「毒吐く」という表記があるなら、「どくづく/どくはく」の どちらかだろう(後者は「どく・はく」であって、動詞一語とは、いえなさそうだけど)ということ。「うそ・つく」はあっても、「どく・つく」って、いいそうにないからね。

■以下、検索結果(たとえば 「嘘吐き 毒吐き」など)から、わかったこと。■そうすると、ちゃんと、混乱が生じていることが判明した。



「毒づく」を全て漢字で書く場合、
「毒吐く」と「毒突く」とどちらが正しいのでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310010958?fr=rcmd_chie_detail
電子辞書には「毒突く」で載っていたのですが、
「嘘をつく」「溜め息をつく」と同様に、
「毒づく」も「毒吐く」と書くと、どこかで聞いた覚えがあります。

どなたかご存知でしたら、宜しくお願いします。

質問日時:2006/11/18 22:56:50
解決日時:2006/11/20 00:22:21


soriabaroloさん

「毒づく」:「当人に向かってひどい悪口を言う」

「吐く」は単に「口外する」「言う」を意味しますが
「突く」は「激しく攻撃する」という意味を含んでいますので
「毒突く」が正しいと思います
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/139320/m0u/どくづく/

回答日時:2006/11/19 00:12:49
編集日時:2006/11/19 00:27:01

-----------------------------------------------
■なんか、回答者、自信満々であらせられる。しかし、そんなに ことは簡単じゃない。■たとえば、ソボクな疑問を呈するなら、「吐く」って動作は、はげしさを ともなわないだろうか? 数十センチメートル流動物が重力に抗して上昇する生理作用は、普通「はげしさ」をともなっているだろう。勿論(←これも、てがき時代がもっとつづいていたら、きえたかもしれない表記?)、よこになっている人物による、よわよわしい「嘔吐」も、あるだろうが、「はく」という生理が、体内の防衛作用の一種として、内容物への はげしい拒絶というほかあるまい。「「吐く」は単に「口外する」「言う」を意味します」といった説明で、もっともらしく決着したつもりの両者の意識がしれない。
■それはともかく、ウェブ上でも、実際に混乱はあっても、それが さほど問題化していないらしいこともわかった。それほど、事例があがらないのである。■しかし、めぼしいものだけ、はりつけておく。


http://slashdot.jp/~DOKU-HAKI-MONSTER/
火炎を吐く怪獣がいるように、毒を吐く怪物もいるんです。
そう、私が毒を吐く怪物なんです。人間が毒(悪口)を言うことは 毒突くとかきます。毒吐くで「どくづく」なんて読みません
毒にやられた方ごめんなさい。



http://under-my-skin66.at.webry.info/200705/article_27.html
「久々に毒吐く(どくづく)」(2007/05/30)

毒(どく)吐(は)きネットマナーPlus(プラス)
-----------------------------------------------
■辞書レベルでは、「毒突く(どくづく)」という表記が定着しているようにみえるが、たとえば、パソコンの辞書機能のばあいをみても、自明のことではない(「毒づく/どくづく/ドクヅク」)。■いや、名詞形が「どくつき」「どくづき」の、いずれなのかさえ、はっきりしていないようである。

■「毒」と「嘘」とでは、「つき」かた、「はき」かたが ちがうだろうが、「毒突き」とか「嘘吐き」と、わざわざ漢字表記する意味が、どこにあるのだろう。
スポンサーサイト

タグ : 日本語

<< 現代日本語における恣意的漢字表記の実例7(勝田) | ホーム | 新型インフルエンザ騒動の怪23=原田和明「豚インフルエンザ報道を検証する 第17回 死者続出もタミフルの副作用?(2) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。