プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフルエンザ騒動の怪21=原田和明「豚インフルエンザ報道を検証する 第15回(改訂版) 「国内初の死者」はタミフルの副作用か?

「インフルエンザ」関連記事のつづき。■「新型インフルエンザ騒動の怪19=原田和明「豚インフルエンザ報道を検証する 第15回 舛添大臣を待っていた?国内死者第一号」の訂正記事が、原田さんからながれてきた。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   世界の環境ホットニュース[GEN] 726号【訂正版】09年09月14日
         ご意見・ご投稿 → このメールに返信

      豚インフルエンザ報道を検証する(第15回)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 このシリーズ第15回、第16回はすでに配信しましたが、その後の情報などによって変更の必要が出てきました。以下のように変更しますので、既配信分は、消去してください。

------------------------------------------
■「既配信分は、消去」というが、「消去」は、ウェブ空間では、ナンセンスなんだよね。■でも、ともかく、訂正の続報。

第15回 「国内初の死者」はタミフルの副作用か?

 8月15日、沖縄県は、新型インフルエンザに感染した宜野湾市の男性(57)が 同日朝、入院先の沖縄市内の病院で死亡したと発表しました。各紙の見出しは次の通りです。

 新型インフルエンザ:国内初死者 透析の57歳男性──沖縄(毎日新聞)
 新型インフル 初の死者 腎臓に持病、沖縄の57歳男性(読売新聞)
 新型インフルで沖縄の男性死亡、国内初 慢性腎不全患者(朝日新聞)
 新型インフル 国内初の死者 持病ある沖縄57歳男性(産経新聞)
 新型インフル 国内初死者 沖縄57歳男性 腎臓など疾患(東京新聞)
 新型インフルで国内初の死者 沖縄・宜野湾市の57歳男性(西日本新聞)

 各社の見出しはいずれも、新型インフルエンザが原因で男性が死亡したとの印象を受けます。しかし、「男性は両親と3人暮らしで、8年前に心筋梗塞で手術した経験があるほか、慢性腎不全のため通院して透析を受けていた。」(8.16読売新聞)という経歴からして、死因については持病の影響が少なからずあったと考えられます。本文でも、「県は『心筋梗塞や腎不全の基礎疾患があったので免疫力が弱かったこともあって、悪循環で死に至った』と説明している。(2009年8月15日21時35分 朝日新聞)とか、「厚生労働省は『新型インフルエンザの病原性が強毒化したものではない』との見解を示している」(2009年8月15日23時01分 読売新聞)との表現になっています。

 どうも、見出しから受ける印象と、本文の内容とが合致していません。それが各社共通というのはなぜでしょう? このことは第二、第三の死亡記事についても言え、厚労省は「通常の季節性インフルエンザを超える毒性はなく、パニックにならないでほしい」(2009.8.15 21:06 産経新聞)という一方で、新型インフルエンザが強毒化したのではないかとの不安感を煽っているように感じられます。

 それに、「沖縄で国内初の使者」発表の直後に舛添厚労相が那覇空港で記者会見をしているのには驚きました。偶然にしてはできすぎではないかと。舛添大臣といえば、「国内感染第一号」を自ら発表したい焦りから、横浜市の高校生の一件を「疑い」の段階でフライングして深夜に記者会見を開き、興奮した様子で「冷静な対応を」と連呼したあげく、季節性インフルエンザだったという失態を演じています。中田・横浜市長(当時)も「(舛添)大臣が突っ走ったと聞いている」と暴露しています。(第3回 GEN713)それにも懲りず、一連の騒動でマスコミへの露出度が高い彼は「麻生首相がぼくに嫉妬している」とうれしそうに周囲に漏らしていました。(週刊新潮 2009.5.21)

 そんな舛添大臣ですから、「国内初の死者」発表直後に何も知らずに「たまたま」現地に居合わせていたら、はしゃいで「ウイルスが強毒性に変化した可能性もある」くらいのことは言いそうです。しかし、なぜか、那覇空港での記者会見では 冷静で、「『ウイルスの病原性が 変化したとは考えていない』とか(2009年8月15日23時01分 読売新聞)、「死亡した男性の検体を国立感染症研究所に送り、ウイルスに変異がないか検査する考えを示した」(2009.8.15 23:23産経新聞)などと発言。さらには、「今後全国的、大規模に患者が増える可能性もある。医療態勢やワクチン整備などの対策を充実させたい」(日経ネット2009.8.15 23:25)とワクチンキャンペーン用のコメントも忘れていませんでした。

 舛添大臣は、この沖縄の直後、8月18日に 横浜市での街頭演説で、「年越し派遣村」に関し、「大事な税金を、働く能力があるのに怠けている連中に払う気はない」などと口走り、反貧困ネットワークから「事実に反する」と抗議を受けています。(8.19中日新聞)その程度ですから、那覇空港での冷静な記者会見が完璧すぎて、かえって不自然な感じを受けるのです。舛添大臣は那覇空港に降り立つまでに、記者会見でどのようなコメントを出せばよいかについて誰かからレクチャーを受ける時間的猶予はなかったのでしょうか?

 まず、死亡した男性が新型インフルエンザに感染されていたことが判明した日時と舛添大臣の行動スケジュールを比較します。

 「(男性が入院していた)同病院は死亡後、保健所に「新型インフルエンザの可能性がある」と連絡。遺伝子検査で、8月15日 午後4時頃、感染が確認された」(8.16読売新聞)

一方、舛添大臣のスケジュール(舛添要一の公式ホームページより引用)

 8月13日 東京五区にくら替えした佐藤ゆかり議員の応援(東京)
 8月15日 11:51~12:45「平成21年全国戦没者追悼式」(日本武道館)
 夕方 沖縄入り 18:20より那覇市で演説会
 
 8月15日夕刻、舛添大臣が沖縄入りしたのは、衆院選 立候補予定者の応援のためでした。このスケジュールでいけば、遅くとも5時半には 那覇空港に到着する飛行機に搭乗したと推測されます。すると、飛行機の所要時間から考えて、感染が確認された午後4時の時点では 舛添大臣はすでに羽田を離れていたと推定されます。これではレクチャーを受ける時間はまったくありません。ではその前の段階で、厚労省が男性の感染を知りうる機会はなかったのでしょうか?

 沖縄県庁で開かれた記者会見では次のような質疑応答がありました。(8.16 琉球新報より以下引用)

 ──新型インフルエンザ患者ではないかと疑ったのはいつか。県に報告があったのはいつか。「病院側は入院時から新型インフルエンザ患者だろうと見ていた。中部保健所に報告があったのは(患者死亡後の)15日午前9時前後だ」

 ──県としてはどの時点で、男性について把握したかったか。「7月24日 施行の感染症法で入院患者の県への報告が求められている。入院は12日夕だったので、13日には連絡を受けるべきだったと考える」(引用終わり)

 【一部本文がカットされる=ハラナ注】7月24日施行の 感染症法では、厚労省令によりそれまで「わかったら直ちに保健所へ報告」から「7日以内」に報告義務が変更されましたから、違法では ありません(この省令変更も変ですが)が、「病院側は入院時(12日夕方)から新型インフルエンザ患者だろうと見ていた」のに、なぜ 15日午前9時まで報告しなかったのでしょうか? 検査する時間がなかったのでしょうか? 死亡した男性の容態は琉球新報(8.16付)に出ていますので、以下引用します。その中には 8月13日の記述がありませんので、その部分は厚労省が発表したプレスリリースより引用します。
 
【入院前】
 ●10日(月)中部の医療機関で人工透析。前日の症状に加え、37度台の熱があったためインフルエンザ簡易検査を行ったがA型陰性。解熱剤を処方。
 ●12日(水)同じ医療機関で人工透析を受けた際に食欲低下と悪心、おう吐を訴える。受診時に発熱はなかったが、透析中に39度まで上昇。簡易検査でA型陽性を示す。透析後タミフルを投薬した。胸部写真で心陰影の拡大が見られ、全身状態も良くないため同医療機関が中部徳州会病院を紹介した。
【入院後】
 ・12日夕 中部徳州会病院来院時は38.8度で、強い全身けん怠感や筋肉痛、悪心、呼吸苦を認めたため入院。
 ・13日 著変なく経過(8月15日厚労省プレスリリース)
 ●14日(金)未明に意識レベルが低下し、肝機能障害と血小板が減少。意識レベルは一度改善するも、夕方から呼吸苦が強くなった。胸部XP撮影でバタフライ陰影の像が見られたため、うっ血心不全を疑い透析。
 ・15日 循環不全となり、午前1時半に心臓が停止。心肺蘇生で 一度は心拍再開するも同6時54分、死亡が確認された。県は緊急にPCR検査を行い、午後4時ごろ 新型インフルエンザ陽性であったことを確認した。(筆者注:●は透析日、引用終わり)

 【一部本文がカットされる=ハラナ注】病院側は男性の入院時から新型インフルエンザ患者だろうと見ていたというのなら、「著変なく経過」した13日に検体をとって、PCR検査もできたのではないかと思われます。病院側には13日に報告できなかった特段の事情はなかったと見られます。それなのに、2日以上も報告を怠っていた 病院に対して、沖縄県の担当 部局の責任者(宮里 統括監)はなぜか非常に寛容です。「県(保健所)に報告すれば結果が変わったわけではない」と語ったというのです。
(2009年8月15日 23時01分 読売新聞)

 なぜ、県は死後の報告となった病院を擁護するのでしょうか? 【一部本文がカットされる=ハラナ注】亡くなった男性が8月14日も「著変なく経過」していれば、他の透析患者と 同室で長時間の透析を受けて、感染が拡大して いたかもしれない のです。県はそんな寛大でいいのでしょうか?

 ひょっとして、病院側は13日に保健所へ報告していたのではないでしょうか?それを沖縄県(あるいは厚労省)の都合で15日に報告したことにしてもらったとしたら、宮里 統括監 の寛大なコメントも理解できます。8月13日の段階で、「感染の疑いある患者が危篤」との情報が厚労省に入っていれば、舛添大臣に厚労省幹部がレクチャーする時間は十分にあります。

 しかし、その程度の動機で 沖縄県(実は厚労省)は、わざわざ届出を8月15日だったことにしてもらう必要があるのでしょうか? 舛添大臣がタイムリーな記者会見を現地沖縄で開き、「大規模に患者が増える可能性」に言及し、ワクチンへの期待を表明すれば、ワクチンキャンペーンとしては大成功かもしれません。しかし、男性が死亡した15日の朝に、記者会見が東京であった場合と比較して宣伝効果にどの程度の違いがあるのかは疑問です。わざわざ届出日を改ざんする価値があるとも思えません。

【一部(分量的には、巨大な4段落)本文がカットされる=ハラナ注】

 舛添大臣が応援に駆けつけた沖縄は、4年前の小泉郵政選挙でも 社民党議員が小選挙区を死守した全国で唯一の地域でした。しかし、弱小の社民党から一議席奪還したところで民主党圧勝との体勢に影響はないように思われます。それに、今回の衆院選挙は当初から政権交代が予想されていました。厚労省の官僚が、もうすぐいなくなることがほぼ確定している大臣の人気取りに
付き合うとも思えません。【以下、全文追加分=ハラナ注】厚労省にはもっと大きな動機があったに違いありません。

 沖縄県も何かを隠しているフシがあります。沖縄県はこれまでの感染者をいずれも公表していたにも関わらず、15日の会見当初、死亡した男性の居住市町村や年齢などを明らかにせず、報道陣と押し問答になる場面がありました。沖縄県の宮里 統括監は「亡くなられて いるので、より慎重に ならざるを得ない」(8.16読売新聞九州版)と言い訳していますが、何かウラがありそうで怪しいのです。

 そこで、もう一度、死亡した男性の容態をチェックしてみます。男性が中部徳州会病院に入院した8月12日の夕方と8月14日未明の危篤状態の間にある「著変なく経過」した一日(8月13日)が どうも不自然に見えます。沖縄県(実は厚労省)は死亡日を一日遅らせるために、本来はなかった「著変なく経過」した一日が挿入された可能性はないでしょうか?
 透析は1日おきに行なわれますから、8月14日は朝から透析をしなければなりません。ところが、14日は男性の「意識レベルは一度改善」しているにも関わらず、透析を開始したのは夕方です。それも「うっ血心不全」を疑ったからです。病院のこの行動はおかしい。透析日ではないけれど、「うっ血心不全」の疑いがあったから「早めに」透析したような感じがします。以上の点から考えても、「著変なく経過」した一日は存在せず、8月13日の出来事を 14日のことにして発表したのではないか と思われます。8月13日に存在しない一日が挿入されたことで、13日にあった病院からの報告の扱いが面倒になったのでしょう。時系列に矛盾がないように、報告は男性の死後に回されてしまったと推測されます。すると、とてつもなく大きな疑惑が浮上してきます。亡くなった男性はタミフルを投与された直後に容態が急変、中部徳州会病院に入院直後には既に危篤状態で、深夜にはこん睡状態に陥ったということになるのです。つまり、「新型インフルエンザで亡くなった」というよりも「タミフルが原因で亡くなった」可能性が出てきます。

 タミフルの有害性を訴え続けている NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)の浜六郎氏は『薬のチェックは命のチェック』インターネット速報版No126(2009.8.18号)で、「「新型」初の死者はタミフルの害では?」と指摘しています。「腎不全で透析中ならタミフルが体内に蓄積して肺炎・多臓器不全併発の可能性大」だというのです。

 浜氏は「タミフルとの関係に触れている報道やコメントはないが、少なくともタミフル使用後2日以内に容態が悪化し2日余りで死亡したのであるから、死亡は、タミフルの有害事象として扱われなければならない」と指摘しています。しかし、今回の検証から、男性はタミフルを投与された直後に容態が悪化、そのまま意識不明となって、わずか一日あまりで亡くなったと推察されます。そのことを隠蔽するために、厚労省は沖縄県に「空白の一日」を挿入させた疑いまであります。

 浜氏は次のように指摘しています。『薬のチェックは命のチェック』インターネット速報版No126(2009.8.18号)より以下引用。

 通常の腎機能の人と透析中の人を比較すると、活性体タミフルの血中濃度の動きは著しく異なる。最高血中濃度に達する時間は、通常3~4時間に対して、透析中の人は4時間以降もどんどん上昇を続け 27時間かかってピークの濃度に達する。(引用終わり)

 亡くなった男性はタミフルの血中濃度が最大になったところで、心停止状態となったことになります。つまり、新型インフルエンザではなく、タミフルによる急死。これこそが、厚労省が死亡日を改ざんしてまで隠さなければならなかった事実ではなかったでしょうか?

 舛添大臣のアリバイ崩しのつもりで始めた検証でしたが、「タミフルによる急死と、厚労省の隠蔽工作」の可能性が見出されました。沖縄の事例の後も、全国で「新型インフルエンザで死亡」との報道が続きますが、それらの死亡例を検証すると、タミフルと急死の因果関係がわからなくなるような厚労省の情報操作の痕跡がいくつも見つかり、この疑惑はさらに深まるのです。

------------------------------------------
アカは、ハラナがきづいた改変部分。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< 【転送】イメージはいかに『消費』されるのか?――メディアにおける障害者(東京大学先端科学技術研究センター) | ホーム | 新型インフル:自宅待機者に賃金支給する企業は3割(毎日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。