プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察・検察が つきつけられる「全面可視化」

●●さん取り調べ録音テープ、検察内で保管 検事録音か
『朝日』2009年8月11日3時6分
  
 栃木県足利市で90年に女児(当時4)が殺害された「足利事件」で再審開始が決定した●●●●さん(62)=6月4日に釈放=に対し、宇都宮地検が、最終的に不起訴処分とした他の2件の幼女殺害事件について取り調べた際の様子を録音したテープが存在することが、検察関係者の話でわかった。録音は長時間に及び、●●さんが録音に同意し、2件の犯行をいったん「自白」したのちに否認に転じる様子などが録音されているという。
 検察は06年8月から取り調べの一部の録音・録画を試行しているが、それ以前の時期で長時間に及ぶ録音が明らかになったのは異例だ。
 取り調べ担当の検事の判断で録音されたとみられているが、再審開始決定を契機に活発化している取り調べの全過程の可視化をめぐる論議にも影響を与えそうだ。
 検察関係者によると、録音テープは、足利事件の初公判を迎えた92年2月直前から約1年の間に、足利事件とは別の関連事件として、(1)79年に足利市内で行方不明となった保育園児(当時5)が殺害された事件(2)84年に足利市内で幼稚園児(当時5)が行方不明になり、殺害された事件――の計2件について、宇都宮地検検事が●●さんを取り調べた際のものとされる。
 ●●さんは、91年12月に足利事件で逮捕、起訴された後、同月中に(1)の容疑で再逮捕された。翌92年1月に処分保留となったが、同年2月には(2)の容疑でも書類送検された。同地検は最終的に、93年2月に(1)、(2)の殺人容疑について「決め手になる物証に欠ける」として、●●さんを不起訴処分にした。
 取り調べの録音は、92年1月に処分保留となった後、93年2月に不起訴処分となるまでの間に断続的に行われた。検察内部で保管されていた録音テープは、カセットテープで十数本に上るという。検事が、起訴、不起訴の判断をする際の参考にするために録音したとみられている。
 録音内容は、検事が●●さんに録音の承諾を得る場面から始まり、当初は2件の犯行を「自白」した部分があったが、最終的に2件とも否認しているという。

 ●●さんが殺人などの罪で起訴された足利事件をめぐっては、●●さんは一審の結審近くになって否認に転じ、控訴審の被告人質問で、自白に至った経緯について供述。任意の取り調べで警察官から、女児の肌着に残された体液とDNA型が一致したとする鑑定結果をもとに「科学的証拠が挙がっている」と迫られ、うその内容を自白したと訴えた。だが、一、二審判決はともに自白の内容が「信用できる」とし、DNA型鑑定結果とともに、有罪認定の根拠とし、00年に最高裁で有罪判決が確定していた。
 だが、再審請求審でDNA型再鑑定が行われ、今年5月に「一致しない」とする結果が出たことから、東京高検は6月4日、刑の執行を停止する手続きをとり、●●さんは服役していた千葉刑務所から釈放された。最高検は同月10日、事実上の●●さんの「無罪」を認め、謝罪した。



可視化議論に影響か 「取り調べで苦痛」 無罪女性ら提訴



 「さいたま地検の違法な取り調べで精神的損害を受けた」として、さいたま市見沼区の伊藤桂三郎さん(49)、道子さん(51)夫妻が、慰謝料など770万円を求めた国家賠償請求訴訟。法曹関係者によると、「取り調べの違法性」を主眼とする国賠訴訟は極めて異例で、訴訟の行方は「取り調べの可視化」の議論にも一定の影響を及ぼしそうだ。

「取り調べで苦痛」 無罪女性ら提訴
硬い表情で会見に臨む伊藤桂三郎さん(右)と
妻の道子さん=県庁記者会見室で




 地検が夫妻を偽証容疑で逮捕したのは、2006年8月。強制わいせつ罪などに問われた長男(26)(実刑確定し刑期満了)の公判で、「犯行時間帯には別の場所で長男と一緒だった」と記憶に反するアリバイ証言をしたとする容疑だった。当時、
検察当局は「法廷証言がより重視される裁判員制度の実施を前に、偽証事件を積極的に摘発する」との方針を打ち出していた。

 訴状では、逮捕から20日間の拘置期間中、担当検察官4人が夫妻に対し、〈1〉「認めれば早く家に戻れる」と虚偽の利益誘導〈2〉弁護人との接見の妨害〈3〉「刑務所に送ってやる。獄中死しろ」「人間のくず」と脅迫・侮辱――などを行ったと主張している。その結果、桂三郎さんは「虚偽の自白」に追い込まれ、否認し続けた道子さんに「自白」するよう説得したという。

 桂三郎さんは不起訴(起訴猶予)となり、道子さんは偽証罪で起訴されたが、1、2審とも無罪で判決は確定。さいたま地裁の担当裁判長は「検察官の取り調べは相当性を欠き、被告人は多大な精神的苦痛を負った。気の毒で残念に思う」と述べ、東京高裁も判決文で「全体として、ひたすら自白を求めて、様々な手段が講じられたとの印象をぬぐい難い」と
断じていた。

 提訴後に会見した道子さんと桂三郎さんは、終始うつむいた硬い表情。「検察の横暴さにどうしても納得いかず、こうした手続きを取った。逮捕されたこの季節になると、今も玄関のチャイムが怖い」「担当検事の謝罪を望む」と言葉少なに話した。一方、さいたま地検の長崎誠・次席検事は「(訴訟について)コメントしない」としている。

(2009年8月8日 読売新聞)

----------------------------------------------
■連中は、「まけない」ための素材になるなら、録画情報を「証拠」としてだし、不利益となれば 当然のようにださないという、卑劣な連中だ。■とりしらべに支障をきたすことがあるというが、それが被疑者の人権保障のためにかたられているとは、おもえない。検察が 「まけない」ために、全面録画されてはこまる現実が、おびただしくあるはずだ。■だから、「(訴訟について)コメントしない」ではなくて、「できない」だろう。「『コメントできない』と くちがまがっても いえない」のも、この組織の体質だろうが。

■それにしても、いつも 痛感させられるのは、「正義」を維持すると自称してきた組織が、ウソを強要するという、実にグロテスクな図式。まるで、「個人の管理、観察、逮捕、反体制分子(本物か推定かにかかわらず)に対する尋問と拷問」を分担し、「歴史記録や新聞を、党の最新の発表に基づき改竄し、常に党の言うことが正しい状態を作り出す」《真理省》とともに、「「思想・良心の自由」に対する統制を実施」する《愛情省》みたいじゃないか…(ウィキペディア「1984年 (小説)」)。

■ちなみに、メディアの大半は、「これまで ずっと警察検察等、当局発表のタレながし報道をくりかえてきのだから、いまさら『正義の味方』づらは こずるい」との そしりを うけようと、つみほろぼしを、ちゃんとすべきだ。■警察記者クラブにもたれかからない、独自の取材力=警察・検察の情報独占・秘匿をゆるさない、監視システムとして、弁護士らと連携しないと。


●Google検索「取調べ 可視化
●旧ブログ「政治家・公務員の潔癖さ (202)
●旧ブログ「可視化」関連記事
●日記内「可視化」関連記事

●日記内「真理省」関連記事
●旧ブログ内「真理省」関連記事
●旧ブログ内「愛情省」関連記事
スポンサーサイト

タグ : 真理省 1984年 警察 検察 取調べ 可視化

<< 【転載】米軍ヘリ墜落事件から5年『衝撃と惨状―写真・映像展―』(沖縄国際大学) | ホーム | 生活の質があがれば 少子化に はどめが かかるか? >>


コメント

形式主義的な公権力の ゆくえ

●●さん 選挙権回復へ異議申し出 取り調べ録音 県警も保管
2009年8月19日 朝刊
 栃木県足利市で女児=当時(4つ)=が殺害された足利事件で再審開始が決定した●●利和さん(62)が、衆院選に向けて同市選挙管理委員会に選挙権の回復を求めたが認められなかったため、十八日、同市選管に異議申し出書を送った。
 ●●さんは服役中の六月に無期懲役刑の執行が停止され、釈放された。公職選挙法は、禁固以上の刑の執行を終えていない人は選挙権を持たないと規定しており、市選管は「執行停止中の●●さんはこの規定に当たる」としている。
 ●●さんの弁護団は会見で「通常の再審事件とは異なり、無実は明らか。法律を形式的に解釈せず選挙権を認めるべきだ」と訴えた。異議が認められなかった場合は提訴する方針。●●さんは「釈放されているし、投票に行きたい気持ちはある」と話した。
 一方、●●さんが不起訴となった別の幼女殺害事件二件で、栃木県警の捜査員が●●さんを取り調べた際の録音テープ三本を、県警が保管していることが新たに分かった。主任弁護人の佐藤博史弁護士あての書面で、県警が明らかにした。県警は録音内容を明らかにしていないが、関係者によると、テープには●●さんが二事件の犯行を認める様子が収められているという。●●さんは検察官の取り調べ段階で否認に転じている。
 佐藤弁護士によると、宇都宮地検は検事正が●●さんに直接会って謝罪したい意向を示しているという。

密室における精神的ごうもん

●●さん「足利」一度否定…別件調べ再び「自白」
10月7日3時6分配信 読売新聞
 栃木県足利市で1990年、4歳女児が誘拐・殺害された足利事件で、再審が決まった●●●●さん(62)が別の二つの幼女殺害事件で取り調べを受けた際に録音されたテープに、足利事件に関する供述も含まれていることが6日、関係者の話で分かった。

 テープには、●●さんが足利事件への関与を否定したものの、再度の取り調べで、再び自白に転じたやりとりが録音されているという。足利事件に関する●●さんの供述が録音されていたことが判明したのは初めて。

 ●●さんは91年12月に逮捕され犯行を自白。92年2月の宇都宮地裁での初公判でも起訴事実を認めたが、同12月22日、第6回公判で否認した。

 関係者によると、足利事件に関する供述は、この公判の約2週間前に録音されていた。●●さんの公判を担当していた宇都宮地検の検事(当時)が、事件の真相を尋ねたところ、●●さんは足利事件と、別の2事件への関与を否定した。しかし、この検事が翌日、足利事件について、証拠があることに言及し再度追及したところ、犯行を認める供述に戻ったという。こうしたやりとりは拘置所内で行われ、弁護人には知らされていなかったというが、12月22日の公判では、「やっていません」と否認した。

 ●●さんは93年1月の第7回公判で再び自白。同年6月の第10回公判以降は一貫して無罪を主張した。

 別の2事件について、同地検は93年2月、嫌疑不十分で不起訴としている。

 録音テープの存在は、最高検が足利事件の捜査・公判の問題点を検証する過程で確認され、弁護団にテープ15本が開示されている。弁護団は今月21日から同地裁で始まる再審公判で、テープの証拠調べを求める方針だが、検察側は「必要ない」との見解を示しており、地裁の判断が注目される。

--------------------------------------------
■検察の「必要ない」との見解は、どういった つもりなんだろう。
■「証拠があることに言及し再度追及した」っていうんだが、無実だった以上、「証拠」ってのも、デッチあげか、カンちがいなわけだ。先入観にもとづく、「結論ありき」の姿勢で、精神的にいためつける。正義の行使のつもりでね。権力犯罪だという自覚のできない構造。全面可視化・録画化しか、なかろう。■暴力団関係者が、制裁をおそれて くちわらない、とかいうけど、なんで 組織の関係者に バレるようなことがおきるの? 全面可視化を絶対回避しようという、みぐるしいヘリクツ。
■民主党政権になって、こういった愚行も、かわっていくんだろうか?

ことは なかなか すんなりとは はこばない

可視化法案、今国会見送り=提出は来年以降-法務省
3月17日17時57分配信 時事通信

 法務省は17日、犯罪取り調べの録音・録画(可視化)のための刑事訴訟法改正案について、今国会への提出を見送る方針を民主党に伝えた。同省と警察庁は夏の参院選後、可視化導入に向けた調査などに入る。これらの作業には1年以上かかる見通しで、法案提出は早くても2011年後半となる方向だ。
 加藤公一法務副大臣は同日の政策会議で、(1)海外での実施状況の調査や政府内の検討作業は最短でも11年6月までかかる(2)機材整備などに数百億円規模の財源が必要となる-との理由を挙げ、今国会提出は困難と説明した。
 取り調べ可視化は、冤罪(えんざい)防止策の一環として、民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)に明記。同党の小沢一郎幹事長をめぐる政治資金規正法違反事件で石川知裕衆院議員(2月に民主党離党)が逮捕・起訴されたこともあり、党内では今国会への法案提出を求める意見が強かった。 

警察が可視化に抵抗するわけ

録音告げると刑事一変「仲直りしよ」 大阪府警の取り調べ
産経新聞 11月15日(月)13時6分配信
 大阪府警東署の刑事2人が任意の取り調べ中に暴言を吐くなどし、特別公務員暴行陵虐などの罪で大阪地検特捜部に告訴された問題で、取り調べを受けた大阪府内の男性が、産経新聞の取材に応じた。男性は任意同行される車中から取調室での聴取の途中までを約3時間、ICレコーダーで録音。「身に覚えがないのに、家族にも捜査が及ぶと脅され、辛かった」と振り返った。

 取り調べは、東署刑事課の警部補と巡査部長が遺失物横領事件の捜査で9月3日に行った。財布を落とした女性が免許証の写真を添付したメールを送りつけられ、メールの分析から男性が疑われたとみられる。

 男性によると、いすをけったり肩を押さえつけたりする暴行もあり、途中で録音していたことを告げると、態度が一変。「仲直りしようや」と握手も求められたという。

 男性は「子供には警察官は正義の味方と説明していたのに、まったくイメージが変わった。こうやって冤罪(えんざい)ができると身にしみてわかった」と話した。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。