プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田洋行社長「秋山氏に3000万円」 聴取で資金提供認める(中日)

山田洋行社長「秋山氏に3000万円」 聴取で資金提供認める
2008年1月17日 夕刊

 防衛商社「山田洋行」が社団法人「日米平和・文化交流協会」の秋山直紀専務理事(58)に約3000万円を支払ったとされる問題で、同社の米津佳彦社長(60)が東京地検特捜部に対し、資金提供を認めていることが分かった。秋山氏は今月8日の参院外交防衛委員会の参考人招致で、資金提供を否定していた。

 関係者によると、同社元専務の宮崎元伸被告(69)=贈賄罪で起訴=が独立して防衛商社「日本ミライズ」を設立した直後の一昨年秋、山田洋行の役員が、米国メーカー2社の販売代理店契約を維持するために約3000万円を秋山氏側に提供。さらに、山田洋行が当時の防衛庁長官だった久間章生氏に支援を求める文書を作成して、秋山氏に渡していたとされる。

 関係者によると、米津社長は特捜部の事情聴取に対し「顧問料として約3000万円を渡した」と認めたが、久間氏への支援要請については否定したという。同社は、秋山氏が顧問を務める米国法人「アドバック・インターナショナル・コーポレーション」とコンサルタント契約を結んでおり「資金提供は問題ない」と説明したという。特捜部は昨年11月以降、山田洋行や日米平和・文化交流協会の関連先を捜索。関係資料を押収し、同社や秋山氏をめぐる政界工作の解明を進めている。

--------------------------------------
■国会の証人喚問の中継をきいたときに、よくもまあ、しゃあしゃあと(なぜなら、あまりにも冷静に余裕でこたえていたから)答弁できるものだなあとおもっていたが、やっぱり、うわさどおりのようだ。守屋氏と同様偽証罪にとわれることになるよね。山田洋行がわのガセでないのなら。■実に不気味な人物だ。これでブローカーとしての生命がたたれるにしても。
■いずれにせよ、こういった人物の暗躍をゆるした政官財のくらやみの解明が本務なのであって、中堅業者周辺のスキャンダルたたきでよろこんでいてはいけない。■安倍前首相が退陣すればそれでよしにはならず、うわさとして浮上したきなくさい話題が解明され政官財のくらやみがあかるみにさらされねばならないのとおなじように。
■くれぐれも、東京地検をはじめとした検察には、アリバイ的な捜査(自分たちの存在感の誇示のための)におわらず、徹底的にやってほしいね。やらなければ、アリバイ的にごまかそうとしたと判断するほかない。
スポンサーサイト

<< 地中のガス管(ねずみ鋳鉄管)破断問題 | ホーム | 言語表現・連合関係・文化資本 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。