プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国:暴動から1カ月…政府とウイグル側、見解に食い違い(毎日)

「ウイグル自治区」関連記事の続報。


中国:暴動から1カ月…政府とウイグル側、見解に食い違い

ウルムチ(中国新疆<しんきょう>ウイグル自治区)鈴木玲子】ウルムチの大規模暴動から5日で1カ月。改めて現場をたどると、ウイグル族による漢族への抗議デモが瞬く間に膨らみ、暴徒と化した一部群衆の焼き打ちなどに発展、警官隊の発砲につながった様子が浮かび上がった。ただ、計画的な暴動だったと断じる政府に対し、ウイグル側は警官隊の過剰反応を非難するなど見解の隔たりは大きく、真相の解明には至っていない。
中国:暴動から1カ月
暴動で焼き打ちされたスーパーなどが入ったビルの再建が
始まっていた=中国・ウルムチで2009年8月2日、鈴木玲子撮影

 先月5日夕、ウルムチ市中心部の人民広場にウイグル族が集まり始めた。近くの店員は「6時過ぎには300人以上いた。『ウイグル! ウイグル!』と気勢を上げていた」と話す。学生中心のデモ隊は次第に増え、武装警察も増員。目撃した女性は「一部が警官隊に投石した」と話す。

 デモは、広東省韶関(しょうかん)で6月下旬に起きたウイグル族と漢族の乱闘でウイグル族2人が死亡した事件への抗議。広場に集まった群衆は、中山路、人民路などを経て南の和平南路、解放南路、新華南路などに移動したとみられる。周辺はウイグル族居住区で、通りは群衆で埋まった。

 観光スポット「国際大バザール」は夜7時ごろ、区政府から営業中止を通知された。8時半ごろには、近くの二道橋などで一部の群衆が道路の柵などをなぎ倒し、車両を壊し始めたという。

 夜9時前後、事態はさらに悪化。バスや車両が焼かれ、タクシー運転手は「橋の上から人が突き落とされていた」と証言する。漢族らの商店などへの焼き打ちも起きた。和平南路や解放南路では、暴徒と化した群衆に警官らが発砲したとみられる。二道橋でも警官隊が発砲した。

 当局はウイグル族12人を射殺したことを明らかにし、「威嚇発砲が無視されたため」と釈明する。だが、亡命ウイグル人組織世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は「平和的な抗議活動が暴徒化したのは、出動した治安部隊のせい」と指摘する。

 当局によると暴動現場は市内50カ所以上で、死者数は197人。4日の北京放送によると、市人民検察院は殺人や放火などの容疑で83人を正式に逮捕したと発表した。逮捕者には漢族とウイグル族が含まれるが、内訳は明らかにされていない。世界ウイグル会議は死者数を「1000人から最大3000人」と見ている。

 地元関係者によると、中国政府は同議長がウルムチで建設した「ラビアビル」の撤去を計画している。同議長を暴動の黒幕と主張する当局は先月、設備不備などを理由にビルの取り壊しを決定した。カーディル議長の痕跡を消すことで、影響力の弱体化を狙ったものと見られる。

【関連記事】
ウイグル暴動:議長親族が手紙?…被害者に 新華社報道
中国:ウルムチ暴動 拘束者が2000人を突破
中国:ウルムチ暴動から1カ月 観光客絶え大打撃
オーストラリア:世界ウイグル会議議長にビザ発給
カーディル氏:中国政府の「ウルムチ暴動煽動」に強く反論
毎日新聞 2009年8月4日 21時31分(最終更新 8月5日 0時51分)

……
関連記事
8月4日   中国:暴動から1カ月…政府とウイグル側、見解に食い違い
        中国:新疆・ウイグル族暴動 議長親族が手紙? 被害者あてに--新華社報道
8月3日   中国:ウルムチ暴動 拘束者が2000人を突破
        中国:新疆・ウイグル族暴動 拘束者、2千人を突破
8月1日   中国:ウルムチ暴動から1カ月 観光客絶え大打撃

--------------------------------------
■両者の「見解」に、ズレがあるのは、当然だ。しかし、圧倒的なちからをほこる当局のがわに、「アリバイ」の立証責任があることは明白。


■一方、以下は、「敵の敵は味方」の典型的な媒体『産経』の関連記事リンク。米中ロ3超大国は、すべからく分裂すべき「帝国」だが、中国への恐怖感・劣等感・差別意識にもとづいた「解体願望」がないかぎり、こういった「熱意」は説明しづらいだろう。■そういった相対化する感覚がないまま、反中国的な視座から 暴動を「敵失」ととらえるような政治的動機に無自覚な読者たちは、現実直視をさけている自己像に いつまで覚醒しないだろう。当然、ハイパー独裁(田中宇)にも、きづかないまま、みせかけの「自由主義」に、まどろんでいく。

【イチから分かる】ウイグル暴動 漢族支配に不満爆発
【主張】ウイグル問題 国連は現地調査すべきだ

【ウイグル暴動】国家基本問題研究所が国連調査団派遣を要求
【ウイグル暴動】中国大使館がDVD公開 カーディル議長を盗聴?
【ウイグル暴動】1万人不明説、国連総長「調査の必要ある」 
【ウイグル暴動】「ウルムチでネット遮断が続行中」中国英字紙報道
【ウイグル暴動】情報戦の様相 ダライ・ラマに「連帯」の書簡? 実はデマ
【ウイグル暴動】中国がトルコに理解求める、両国外相が電話会談

【ウイグル暴動】「参加者、近く逮捕へ」中国新疆の検察が表明
【ウイグル暴動】「捜査に協力すれば処罰減免」 中国、15人を指名手配

【ウイグル暴動】そのとき何が…「計画的」か「偶発的」か
【ウイグル暴動】中国人への報復宣言か アルカイダ関連組織
【ウイグル暴動】中国、補償を倍増、遺族に580万円
【ウイグル暴動】「聖戦だ」と叫び暴れる ウルムチの射殺事件
【ウイグル暴動】「逃げるウイグル族に漢族の警官が何発も撃った」 緊張走るウルムチ
【ウイグル暴動】警官がウイグル族2人を射殺「法に基づき…」
【ウイグル暴動】ウイグル族12人を射殺 当局が認める

【ウイグル暴動】「政府は失策認めよ」学者らが連名で声明
【ウイグル暴動】中国内の民主化勢力が政府批判


【ウイグル暴動】ウイグル世界会議の議長が来日へ 中国反発も 
【ウイグル暴動】中国が日本大使呼び抗議 カーディル議長訪日で
【ウイグル暴動】渡航延期、あらためて通知 北京の日本大使館
【ウイグル暴動】世界ウイグル会議議長来日で中国内に反発広がる

【ウイグル暴動】中国が豪映画祭でのウイグル映画上映中止を要求
【ウイグル暴動】ウイグル作品に抗議 中国が豪映画祭を辞退


【ウイグル暴動】暴動から1カ月のウルムチは…
【ウイグル暴動】カーディル氏、豪到着「敵対を強要」と中国批判
【ウイグル暴動】TVでもカーディル氏批判 中国・ウルムチ暴動で親族
【ウイグル暴動】警察当局、「テロ集団」5グループを摘発
【ウイグル暴動】“改心”迫る?当局、議長の子供らの手紙公開
【ウイグル暴動】親族がカーディル氏非難 新華社、任意性に疑問も
【ウイグル暴動】拘束者、2千人超える

【ウイグル暴動】流言が拡大 ウルムチ当局は否定

ウルムチ暴動の真相究明を 亡命ウイグル人組織のカーディル議長
「世界ウイグル会議」のカーディル議長 米下院外交委員会に出席へ
世界ウイグル会議のカーディル議長が「日本に感謝」と発言 米下院
米科学誌、中国・核実験でウイグル人数十万人が死亡した可能性
ウイグルがらみ…豪映画祭にまたハッカー
「世界ウイグル会議」日本代表が長崎市内で講演


スポンサーサイト

テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 真理省 ナショナリズム 1984年 ハイパー独裁

<< 『つくる会』歴史教科書 横浜市教委、8区で採択 自由社版で初(東京新聞) | ホーム | コンビニ加盟店ユニオン:加盟店主、労組を来月結成 30人話し合い 岡山(毎日)ほか >>


コメント

関連記事【台湾の声】

【広島】「Death on the silkroad」上映

各位

日本ウイグル協会事務局です。
日頃より大変お世話になっております。

以下のように、8月7日に広島にて講演会を予定しております。

また、5日、6日、7日には広島市内で街頭宣伝、チラシ配布を
予定しております。
ご参加ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

http://uyghur-j.org/news_20100807.html


☆ 2010年8月7日(土)被曝65周年にウイグルの核被曝を考える

【日時】2010年8月7日 午後16:30開場 16:45開始

【会場】広島県広島市中区袋町6番36号
広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟5F 研修C
【会費】1000円

【内容】「Death on the silkroad」上映、イリハム・マハムティ講演

【主催】日本ウイグル協会

チラシ: http://uyghur-j.org/100807hiroshima.pdf

広島、長崎の被爆から今年は65周年になります。
65周年にあたり日本ではあまり知られていない
ウイグル地域の核被曝について考えて行きたいと思います。
日本は最初の被曝国です、しかし唯一の被曝国ではありません、
また最大の被曝国でもありません。
中国では、新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)の楼蘭付近で
核実験を行い、周辺住民への甚大な健康被害と環境汚染とが
もたらされています。
中国は1964 年から1996 年まで東トルキスタンのロプノールの
核実験場において、46回、総爆発出力22メガトン(広島原 爆の
約1370 発分)の核爆発実験を行いました。中国は核実験の被
害状況を公表せず、現地調査も許可しないため、被害状況は
長い間不明でした。
1992年にウイグル人、アザト・アキムベクが世界被曝者大会で
被曝の状況を訴え、1998年にイギリスのチャンネル4が「Death
on the Silk road」というドキュメンタリーでウイグルの被曝の状態
について放送を行ないました。
2008 年には札幌医科大学の高田教授がカザフスタンのデータを
分析した結果、死傷者が100万人以上であると推論しました。
中国共産党の極秘資料によると75万人の死者が出たとも言われます。
核実験の中でも「地表核爆発」は、砂礫などの地表物質と混合した
核分裂生成核種が大量の砂塵となって、周辺および風下へ降下するため、
空中核爆発と比べて核災害の範囲が大きくなります。
このような危険な実験を、中国政府はウイグル人居住区で行いました。
本集会では中国の核実験の一端を調査したドキュメンタリー
「Death on the Silk road」を上映します。
またこの集会では昨年のウルムチ事件が「ウイグル暴動」として
大きく報道されましたが現状はどうなのかについて少し話します。



☆ 広島での街頭宣伝、チラシ配布

8/6 チラシ配布
6:30~10:00 原爆ドーム前集合

8/6 街頭宣伝
13:00~15:00 福屋八丁堀店前

8/7 街頭宣伝
13:00~15:00 そごう広島店前


広島周辺の方で参加可能な方がおりましたらご参加お願いします。
日本ウイグル協会のスタッフの指示にしたがってください。
場所は下記の地図を参照してください。

http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%E7%A6%8F%E5%B1%8B%20%E5%BA%83%E5%B3%B6&lat=34.393662317264&lon=132.46259126911&ei=utf-8&datum=wgs&lnm=%E7%A6%8F%E5%B1%8B&idx=8&v=2&sc=3

http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%E3%81%9D%E3%81%94%E3%81%86%E3%80%80%E5%BA%83%E5%B3%B6&lat=34.396201085822&lon=132.45718353434&ei=utf-8&datum=wgs&lnm=%E3%81%9D%E3%81%94%E3%81%86%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%BA%97&idx=8&v=2&sc=3


 ↑ ■しかし、http://kok2.no-blog.jp/tengri/2009/02/post_49cf.html などをみればわかるとおり、高田純という御仁の政治姿勢をみるに、結局、中国共産党にくしの戦略の道具として、これらの調査はおこなわれているのであった。■日本ウイグル協会という組織とその周辺も、同様の問題をかかえていると。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。