プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<学力>年収多い世帯の子供ほど高い傾向…文科省委託研究【毎日】

■いわゆる「学力」問題の続報。■一週間ほどまえの各紙の論調を転載。


<学力>年収多い世帯の子供ほど高い傾向…文科省委託研究
8月4日19時32分配信 毎日新聞
 年収200万円台の世帯と1200万円以上の世帯では、昨年の全国学力・学習状況調査全国学力テスト)の平均正答率(小6国語B、算数B)に約20ポイントの差があることが、文部科学省の委託調査で分かった。一方、年収にかかわらず、親が「ニュースや新聞記事について子供と話す」「家に本がたくさんある」などと回答した世帯の子供ほど学力が高い傾向もみられた。

 文科省の委託を受けた耳塚寛明お茶の水女子大教授らの研究グループが、昨年12月~今年2月に全国の5政令市の小学校100校を対象に保護者約5800人にアンケートし、昨年4月のテスト結果との関係を調べた。

 調査によると、基礎問題(A)と活用問題(B)のいずれも、年収が高い世帯の子供ほど正答率が高い傾向があった。最も差がついたのは算数Bで、200万円未満の世帯は42.6%、200万円台は45.7%に対し、1200万円以上1500万円未満は65.9%、1500万円以上も65.6%に達した。

 塾や習い事など学校外教育への支出額と学力にも相関があり、全く支出のない世帯は、月5万円以上支出する世帯と比較して正答率が23~27ポイント低かった。

 また、親自身の普段の行動を尋ねたところ、高学力層では「クラシック音楽のコンサートに行く」「お菓子を手作りする」などの回答割合が高く、低学力層では「パチンコ・競馬・競輪に行く」「カラオケに行く」などの回答割合が高かった。

 耳塚教授は「家計だけが学力を決めるわけではないが、影響力は相当大きい」と分析する。【加藤隆寛】

-----------------------------------------
■あらかた想定内ではあるが、格差は予想以上。
■問題は、これらが、「IQは遺伝するんだから、教育費は無関係…」といった、差別意識を自覚できない層による、「人種主義的合理化」が これらの問題を過小評価してしまう危険性。■現実問題として、教育環境を完全に一致させたうえでの 「能力差」の比較など、なされるはずがないし、学校文化となじんでいる層と、そうでない層での 圧倒的な格差など、冷静な議論にのるとはおもえない。■あたかも、運動神経・体力等と 同様な、生得的な「才能」の必然的なあらわれとして、学力・学歴・資格という、「結果」が、自明視=合理化=宿命化されるだろう。■比較が現実問題不可能にちかいのは、学習塾や家庭教師のような、学校外での教育費だけではなく、父母の学歴を そろえた検討ができない点。「学力差は能力差」と、いいはる層を なっとくさせることは、ほとんど不可能だ。
■ちなみに、「親自身の普段の行動を尋ねたところ、高学力層では「クラシック音楽のコンサートに行く」「お菓子を手作りする」などの回答割合が高く、低学力層では「パチンコ・競馬・競輪に行く」「カラオケに行く」などの回答割合が高かった」って、調査は、社会学的に無意味だろう。■耳塚先生ともあろうおかたが、これら「親自身の普段の行動」が、学歴だけでなく、経済階層と つよい相関をもっていること、いいかえれば、経済階層という要因を除外してしまうと、どうなるのかという問題に、おきづきでないはずがなかろうと。■だって、「クラシック音楽のコンサートに行く」「お菓子を手作りする」なんてのは、プチブル家庭の女性的文化の典型例なわけだし、「パチンコ・競馬・競輪に行く」なんてのは、男性労働者の文化にほかならない。「早寝早起き朝ご飯」運動が、経済階層を無視した、因果関係をとりちがえた 擬似相関イデオロギーであるように、あたかも、西洋古典音楽や洋菓子づくりに 「転向」すると、学業成績まで向上するかのような幻想は、完全に誤解であることは、社会学・経済学関係者のあいだでは、議論の余地がないだろうに。
■したがって、つぎのような報道は、「誤報」といってさしつかえない。


子供の学力向上、低所得でも親の心がけ次第
8月4日21時46分配信 読売新聞
 親の所得が高いと子供の成績は良いが、低所得でも親の心がけ次第で学力向上につながる――。

 昨年度の全国学力テストの結果を、文部科学省の委託を受けたお茶の水女子大の耳塚寛明教授らが分析した結果、そんな傾向が出ていることが4日、明らかになった。

 全国学力テストの結果と親の所得の関連を追った調査は初めて。

 絵本の読み聞かせなども成績向上に効果があり、耳塚教授は「経済格差が招く学力格差を緩和するカギになる」と話している。

 調査は、全国学力テストに参加した小6のうち、5政令市から100校、計約8000人を抽出し、親と教師を対象に学習環境などを調べた。

 世帯収入と平均正答率(国語と算数)の関係を見ると、高所得ほど点数も高い傾向がみられ、最も平均正答率が高かったのは、1200万円以上1500万円未満の世帯。200万円未満の世帯と比べると平均正答率に20ポイントの開きがあった。

 親が心がけていることについて調べたところ、高学力層の子供の親は、「小さい頃から絵本の読み聞かせをした」「博物館や美術館に連れて行く」「ニュースや新聞記事について子供と話す」といった回答が多かった。このうち、「本の読み聞かせ」や「ニュースを話題にする」は、親の所得に関係なく学力向上に一定の効果がみられたという。

 調査では、学校での取り組みも調べた。家庭環境にかかわらず、児童にあいさつを徹底したり、教員研修を積極的に行ったりしている20校では、学力向上に一定の効果がみられた。
最終更新:8月4日21時46分

-----------------------------------------
■ 「親が心がけていることについて調べたところ、高学力層の子供の親は、「小さい頃から絵本の読み聞かせをした」「博物館や美術館に連れて行く」「ニュースや新聞記事について子供と話す」といった回答が多かった。このうち、「本の読み聞かせ」や「ニュースを話題にする」は、親の所得に関係なく学力向上に一定の効果がみられたという」というんだが、そういった家庭と、父母の学歴が無関係でないなら、無意味な調査報告だろう。■たとえば、「高学歴ワーキングプア」同士のカップルの コドモたちは、かなり学力がたかいだろう。父母そろって、かしこいから、ではなくて、学校文化と なじみが ふかい、「文化資本」の必然的結果としてね。


●旧ブログ「学力」問題関連記事
●日記内「全国学力・学習状況調査」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< 生活の質があがれば 少子化に はどめが かかるか? | ホーム | 広島原爆の日:「長崎の鐘」鳴る 核廃絶の誓い新た(毎日) >>


コメント

この研究は文科省からの委託を受けたものです。従って、政府批判にもなることは言いにくかったのでしょう。

貧しい地区ほど競馬・競輪・パチンコ等のギャンブルが当たり前だったりします。
しかし、株やベンチャー・ビジネスでひと儲けしたタイプの富裕層も、ギャンブルとは親和性が高いとも言えるでしょう。
ただしそういったことはおそらく、調査項目には入れないのでしょう。

早寝・早起き・朝食も、クラシック・コンサートやクッキーづくりも、貧乏でもそれさえやれば点数向上というものではないはず。
基本になるのは先立つもの、それも祖父母の援助も含めてのことです。
たとえば身近に絵本が(量質もとに)豊富にあったりするのは、
経済的なゆとりがある結果であっても原因ではないので。
個人的には、わたしも貧乏になるにつれてかつては
いつもの場所だった図書館や博物館等から遠ざかっていきました。
もっとも貧しいときには、レンタルCD・DVDの利用も、携帯への音楽ダウンロードさえもできませんでしたね。
余裕がないとそっちのほうには神経がいかないです。無理に読書しても音楽を聴いても頭にも心にも入らない状態でした。一日三食食べられず、いつも家賃や光熱費のこと、家を失うときのことが頭をちらつくのでは、そんなものです。
以前の愛読誌とも縁遠くなり、いわゆる正規雇用、特に大卒ホワイトカラー層とはまるで話があわないですね。
彼ら彼女らからすればわたしは、「自分を磨く努力をまるでしていない」「生まれつき成長が遅れている」
「多角的な検討ができない」
「(悪い意味で)子どもっぽい」「失敗から学ぶ力がない」
「不器用なんだったらあきらめたらいい。」
「いつも余裕をもとうとする。だから腹が立つ。そんなんだから、正社員になれなくても当然。」
のだそうです。
わりとこれは一般的な話だと思います。
メールをくれた正社員は「なぜ派遣をいじめるかと言えば、派遣は楽している。だから職場で目をつけて、ささいなことで相手を責めさいなみ、怖がらせたくなる。社員食堂等から派遣を追い出したくなるのも当たり前。
それを理解できない派遣のほうが、人の気持ちが分からなくて鈍感なのだ。」等と言っていましたっけ。

話を戻すと、結局個人かその親に責任があって、
政府または社会には責任はないと言うための調査のようですね。
まぁもっとも、旧女子高等師範学校の大学に所属する教員のこと。
学校システムを根底から批判する調査など最初から仕組まないでしょうし、仕組めないのでしょう。
近代日本の学校教員養成校であり、今も教員輩出率は高いはず。
もしその場所から学校教育制度の抜本的批判をやったら、
学内で村八分→左遷なのではないですか。

やはり、学歴による格差を解消する公共政策が必要です。学歴税は不可能でも、せめて学歴金融だけでも。
でもって、高学歴ワーキングプアについては、それはそれで不幸だとはいえ、そいつらは現金はともかく文化資本はみについているんだから、そいつらへの救済はあとまわしにすべし。

旧ブログ

ワタリさん

■旧ブログ記事
http://tactac.blog.drecom.jp/archive/216
http://tactac.blog.drecom.jp/archive/319
http://tactac.blog.drecom.jp/archive/1225
などで紹介しましたが、耳塚氏は、教育社会学の「良心」のような人物です(ラディカルではありませんが、志水宏吉氏とならんでリベラル左派の象徴的人物)。■ですから、お茶の水女子大(←旧東京女高師)系だから、学校批判ができない、という論理は、ハズしています。それだったら、教育社会学など教育学系の社会学者のほとんどが、ダメという分類をするほかないと。■リベラル左派系の教育社会学者としては、『「ニート」って言うな!』など話題作を連作してきた本田由紀氏などがいますし、こういった研究者は、厚生労働省や文部科学省委託の研究を何度もくりかえしていますが、けっして御用学者ではありません。■公教育に対する幻想うんぬんは別にして、もし、こういった研究者まで(たとえばイリイチらの立論を事実上拒否しているといった理由から)全否定するなら、まともな実証データまでも全部すてさってしまう虚無主義になります。

■ただ、今回の調査結果というか、調査設計が まったく理解にくるしむことも事実。■はっきりいって、「早寝・早起き・朝食」と学力との関係は、擬似相関にすぎないと断言し、経済階層・学歴と児童の学力・進学実績のたかい相関を強調してきた耳塚さんともあろう人物が、今回のような報告をなぜしきったのか、まったくわかりません。■ちょっと これは、一大事かもしれないので、「しりあいの しりあい」ぐらいのツテをたどって、ウラがないかどうか、さぐりをいれたいぐらいです。

すみません、誤解があるようです。わたしは別にイリイチの話はしていません。
耳塚さんたちがイリイチについてどのような対応をとろうと、二つ前のコメントでは関係ないです。
ただ、教員や政治家、官僚などに時折見られる
「建前はリベラルだが、本音は保守・反動」と言いますか、
自分は安定したところで利をはみつつ、
どうせ無駄だと知りつつも欺瞞的に「良心」をアピールし、
「(何かのリベラル風な施策への)コミットメント」を誇り、
「自分の立場なりにベストを尽くした」ことを陰に陽にアピールするパターンなのかな、と思っただけです。
さらに「優秀で地位もある自分たち以外は意見を言ったり自主的に動いたりするな」と圧力をかけてくるのかな、とも。

本田さんについても基本的にわたしは信用していません。
「研究会職場の人権」でわたしが自己紹介したときに、
何か汚いものでも見るような目でこちらをにらんでいました。
彼女のような人にとって、(大学出ていないではなく)東大出ていないのは服着ていないも同じ、文字も読めない、あいさつも雑談もできない…だし、
義務教育をたった1、2日でも休んだものは子ども失格、生徒失格、人間失格なのではないですか。
わたしは彼女のような優等生なんかに教育・洗脳されたくないとしか言いようがない。
自称「ニート」の人もユニオンやNPOやオフ会やコミケ等にいるわけです。
その人たちの言葉にはたぶん「ニート」でしか表せないニュアンスがあるのかもしれない。
だからわたしはその用語を全面否定はできないです。
わたしはその人たちに対して「生徒化」したくない。逆から言うと、自分が「教師化」するわけにもいかないのです。
だいいち、その研究会職場の人権の代表の熊沢さんもずいぶん女性差別的なことを本にも書く人だし、
わたしに対しても登校拒否と不良の区別のつかないような判断によるであろう恐ろしい怒鳴り声で、「フリーターなんてことでいいと思っているのか!」。
すしに誘われてお金がなうので断ったのも、
人間関係の点数・偏差値・順位(内申書・勤務評定)が低いから就職できないんだと、
点とり虫的な自己責任論で怒るような表情でいましたし。
もう一度義務教育をやりなおせと顔に描いている状態でしたし。
そこのメーリング・リストでも不登校歴をカムアウトしたあとずっと無視だったから、
こんな学校的・教育的・フェミニズム的なところは自分に毒だ、やめようと決意しましたよ。
まぁわたしのように点数かせぎにならないこと(連帯やプラス評価、無縁性、共同性なき共同体の可能性等)に関心があるものは、
そういい方がたとは利害が対立するし、
イリイチが間にはさまろうがはさまらまいが、言うほかないです。
「いわゆる自分たちの現場がどうなっているか、よく知らないくせに。当人の状態を分かっていないくせに」
「おまえ等なんかに調査されてたまるか。迷惑だ。」と。
非科学的な素人にできる精一杯の抵抗です。

イリイチは象徴的にいったまでです

■こちらも、あとで補足するつもりで、したたらずでした。
■耳塚・本田両氏とは、ふかいつきあいなどないので、ウラオモテがあるひとかどうか、判断がつきません。ただ、ワタリさんの経験がそのままなら、本田さん・熊沢さんについては、かなりポイントがさがりましたね。■というか、個人的にはガッカリです。

■ちなみに、『「ニート」って言うな!』という本の主旨は、旧ブログでとりあげたとおり(http://tactac.blog.drecom.jp/archive/655http://tactac.blog.drecom.jp/archive/381http://tactac.blog.drecom.jp/archive/504http://tactac.blog.drecom.jp/archive/513http://tactac.blog.drecom.jp/archive/527)、ちまたの用例はもちろん、厚生労働省や総務省・文部科学省のもちいる術語自体が混乱をかかえ、混乱をよびおこすような本質をもっていること、基本的に「俗流若者論」の典型で、とても、まともな議論を展開するための概念として、つかいものにならないという事実の確認です。■もちろん、本田さんの議論には、問題があることを、旧ブログでも指摘しました(リンクしきれないので、次便で)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。