プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せはどこからやってくる?(朝日)

■『朝日新聞』2009/7/25朝刊(b3)の記事(連載の「あっと@でーた」)を転載。


幸せはどこからやってくる?

 1人当たりの実質国内総生生産(GDP)は上昇しているのに、生活満足度となると、日本はここ20年ほぼ横ばいのまま。一方、GDPが高くなくてもハッピーな、満足度の高い国となると中南米諸国だ。

各国生活満足度2

 世界25カ国で一番、満足度が高いのはコロンビア。在日大使館は「ストレス発散の祭りも多く、自然も豊か。支えになる家族の絆も固い。いつも状況を良い方に考える」。
 2位はメキシコ。在日大使館や専門家も「文化的な要因は大きい。国民も気さく」。家計満足度では1位で、主観的な幸福度も高い。
 「満足を感じるかどうか、気のもちようが大きい」と国際調査を分担した電通総研担当者。日本だって、頑張って前向きな気持ちを持てば、気分だけでもハッピーに?(竹石涼子)

-----------------------------------
■いわゆる「ポジティブ・シンキング」とやらを全否定はしない。しかし、「幸福度は、個人の気分の問題」といった結論を みちびきだすのは、まずかろう。■経済的富裕化は、幸福度の点で「あたまうち」になる(“イースタリンの逆説”)だけでなく、社会疫学などがあきらかにしてきたとおり、経済格差が 自尊心と健康度に深刻な影響をあたるのだから(旧ブログ関連記事)。

■それと、日本のばあい、こんなに満足度がたかいんだろうか? 各国で「平均値」をだすこと自体、意味があまりない可能性がある(「幸福感」の集団間格差・属性間格差が反映されないというか、うちけしあってしまうからね)。それをさしひいても、周囲の人間たちが、「幸福」そうには、みえないんだが…。■それと、中南米をもちあげすぎるのは、問題だとおもうぞ。たとえば、おなじみ「社会実情データ図録」の統計は、どうだ? 自殺率と他殺率


■いってはなんだが、ニュージーランド/フィンランドという、いかにも裕福そうな上位国以外の、コロンビアメキシコグアテマラという、トップ3は、そろいもそろって、他殺大国だ(笑)。■自分が苦境におちいったときに、自殺においこまれるのは、たしかに悲劇的だが、他人のせいにして ぶっころしてしまうことを えらびがちな住民とくらべたとき、ハラナは、まちがいなく、前者をこのましいとおもう。友人をえらぶなら、まちがいなく前者。くらいといわれようとね(笑)。
スポンサーサイト

タグ : 安全 幸福 満足度

<< アイヌ/琉球問題をナショナリズムに回収しようとする愚劣な集団2 | ホーム | 「これ、振り込め詐欺?」3割が疑いながら被害(警察白書) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。