プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの日本人観光客激減 「サービス悪い」指摘も(朝日)

■「日本人は最良の宿泊客(共同)」の関連記事(棒グラフの みぎはしは、クリックすると みられる)。


イタリアの日本人観光客激減 「サービス悪い」指摘も

2009年7月18日15時1分

 【ローマ=南島信也】イタリアを訪れる日本人旅行者が減り続けている。今年はピーク時の半分ほどになる見込みだ。ユーロ高や新型インフルエンザの流行など、要因はいろいろあるが、豊富な観光資源にあぐらをかいてサービスの水準が低い、といった構造的な原因も指摘される。観光は大きな収入源だけに、伊当局もようやく外国人旅行者呼び込みに本腰を入れ始めた。

イタリア観光1

世界中から訪れる観光客でにぎわう円形闘技場コロッセオ
=イタリア・ローマ、河合博司撮影


  

 イタリアは、世界遺産(文化遺産)の数が世界で最も多い。かつては日本人にとって欧州で最も人気のある旅行先だった。しかし、伊政府観光局によると、イタリア国内の空港に到着した日本人は約147万人(07年)で、97年の約217万人をピークに減り始めた。09年は100万人前後まで急減すると予想されている。現在、日本人にとっての欧州の人気観光地はフランスとドイツで、イタリアは両国に水をあけられている。日本の旅行客は減っているが、イタリアにやってくる世界からの旅行者の総数は増えている。

 さまざまな要因が指摘されている。
イタリア観光2
 

 西欧では物価が安いことで有名だったイタリアだが、02年の統一通貨ユーロの流通で物価水準が上がった。日本政府観光局の統計などによると、イタリアを訪れる日本人が急減したこの数年間は、中国を訪れる日本人が急増した時期と重なる。また最近では、ユーロ高や原油高に伴う燃料サーチャージ値上げなどで日本人観光客減に拍車がかかった。ユーロ高と原油高は今春一段落したが、新型インフルエンザの流行がゴールデンウイークを直撃した。

 ローマの外交関係者は「ホテルやレストランなどのサービスが非常に悪いことも背景にある」と指摘する。世界遺産などの観光資源をあてにした「殿様商売」をしてきたため、サービス面の充実を怠ってきたというのだ。また、レストランやタクシーで法外な料金を請求される「ぼったくり」などの影響で、「何度も訪れるリピーターが減った」(旅行会社)との見方もある。

 ダボス会議を主催する世界経済フォーラム(WEF)の09年版「旅行・観光競争力リポート」ではイタリアは28位で、日本(25位)を下回った。同リポートによると、サービス業の人材訓練や観光関連の物価などの評価が低い。

 観光大国の地盤沈下に危機感をもったベルルスコーニ首相は「私の在任中に観光収入を国内総生産(GDP)の20%に倍増させる」と表明した。特に日本人旅行者の減少が激しいことから、ローマ市は日本語の公式観光ウェブサイトを初めて開設(http://jp.turismoroma.it/)。クトルフォ副市長は「今年の夏はいつもと違う視点でローマを発見してほしい」と呼びかけている。

-----------------------------------------
■おなじ『朝日』の報道では、こんなのもあったね。


ぼったくりランチ9万円 ローマの有名レストラン閉店
2009年7月3日15時5分

 【ローマ=南島信也】イタリアではタクシーやレストランで法外な値段を請求される「ぼったくり」は珍しくないが、ローマ市内にある有名レストランで、日本人観光客がランチ代として約700ユーロ(約9万4千円)を支払わされたとして話題になっている。

 伊レプブリカ紙などによると、このレストランはナボーナ広場にある「パセット」。1860年創業で、古くは喜劇王チャールズ・チャプリングレース・ケリー、最近ではハリソン・フォードレオナルド・ディカプリオらが通う店として知られ、日本の旅行ガイド本でも紹介されている。

 6月19日、ランチを楽しんだ日本人カップルが支払いを済ませようとした。ところがウエイターが持ってきた勘定書を見てびっくり。前菜が142ユーロ、パスタが208ユーロなど食事代だけで約580ユーロとなっていた。1ケタ間違っているものと思い、クレジットカードで支払ったところ、領収書にはチップとしてさらに約120ユーロが勝手に上乗せされ、合計で約700ユーロになっていたという。

 カップルはレストランのオーナーに抗議したが相手にされず、警察に駆け込んだ。ローマ市当局がレストランを調べたところ、衛生上の問題があることもわかり、すぐに営業停止処分が下された。

 オーナーは「カキ12個に巨大なロブスター、超高級な魚を注文したからだ」と反論しているが、アレマンノ・ローマ市長は「この店は二度と開かせない」とカンカン。

-------------------------------------
■先日、「日本人は最良の宿泊客(共同)」では、あえて ふせておいたが、要は、日本人観光客。語学力コンプレクスも てつだって、業者にとって つごうのいい「カモネギ」客の典型ではないのか?■ゴーマンな フランス人にも やられたい放題のはずだが、調子ばかりの無責任オトコぞろいのイタリアでも、最低の接待と 最弱の おのぼりさんとの遭遇がくりかえされ、とうとう、市場暴落が はじまったと。

●「最悪なイタリア・ローマ2日目(タクシーぼったくり編)」(April 12 [Sat], 2008, 3:46)
●「ミラノ駅のぼったくりレストラン」(7/MAG/1993)


■以前、おのぼりさん対象の ぼったくりレストラン(値段じゃなく、「一見さん」めあての、最低の調理という意味だが)が、京都の駅ビル内にあった(いまも あるかも)。■これは、観光客の方が、あそびなれて、ゴーマン商法を淘汰するしかない。
■わりだか感が でた時点で、観光地にかぎらず、商売は、自殺行為となる。もともと リピーターになるよりは、あきっぽいのが消費者なわけだし。
スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

<< なんか かんちがいしている感じの そろばんブーム | ホーム | 衆院選:失言で不出馬表明の中山成彬氏 一転、出馬を宣言(毎日) >>


コメント

すきやき・すし・てんぷらといったものを「和食」ととらえるのは幻想でしょうが

そば・ごぼう・海藻・こんにゃく・とうふ・うめぼし・まいたけ等「和食」(あるいは北東アジア食?いや、おそらくごぼうは純和食だが・・・あと、そばも?)といった食材は健康によく、ほこってよい文化だとおもいます。
もちろん、それは「日本」あるいは北東アジア以外にほこるべき文化がないことを意味するわけではありませんが、(岩波の『世界』の最新号の巻末にもあった様に、南アジアあるいは東南アジアのカレーは奥深い文化ですし)。

というわけで、偽装表示でぼったくったりせず、栄養学などの”科学”的な基準からみてほこりうる文化でおたがいにきそいあえば人類全体の”幸福”になる様な気がするんですが・・・これが本当の「幸福の・・・(ry

ウィキペディアより

「ゴボウ」
…日本では根を食用としてきんぴらや天ぷらのかき揚げなどに使われるほか煮物に用い、近年では細切りにした根を湯がいてサラダにもする。旬は初冬で、新ゴボウは初夏となる。根は、日本の他、日本が統治していた朝鮮半島、台湾、中国東北部の一部以外では食材としないが、ヨーロッパなどでは初夏に若葉をサラダとして食べることもある。朝鮮語では우엉(ウオン)といい、現在も栽培が行われている。
日本には薬草として中国から伝来。薬草としては発汗利尿作用のある根(牛旁根(ごぼうこん))のほか、浮腫、咽頭痛、解毒に用いる種子(悪実(あくじつ)、または牛旁子(ごぼうし))を用いる。日本では乳腺炎に種をそのまま食べるか、煎じる使用法も有効として民間に口伝で知られる。 繊維質が多く、便秘予防に効果があるとされる。
ゴボウの根の部分を野菜として利用するのは日本と朝鮮半島だけの特徴であり、先述のように葉の部分を野菜として、根の部分を漢方薬として使用されることが多い。



「蕎麦」
…ソバを麺類に加工して食べる国には、フランス、イタリア、中国、朝鮮半島(北朝鮮・韓国)、ブータン、ネパールなどがある。ただし、麺にする方法は各国、地方で異なり、朝鮮半島の冷麺などのようにところてん式に押し出して作る、イタリアのピッツォッケリのようにのし棒で成形するなどがある。麺ではなく、団子状にしたり、腸詰めとしたり、また調理方法も茹でるのではなく焼いて食すものなどがある。いわゆる日本の蕎麦切りもまた、前述の国々のソバ料理のように独特のものといえる。


■視覚障碍者はともかく、護身術にふさわしいか微妙な「柔道」ですが、“Judo”として世界文化になったことは事実です。■「ローカル・ルール」そのものの、大相撲という興行については、ましこ・ひでのり『幻想としての人種/民族/国民』(三元社 http://harana.blog21.fc2.com/blog-entry-304.html)が、ひとをくった茶化しをやらかす一方柔道ほかの「伝統」が、近代期の構築物だという議論を展開していますね。■こうかんがえると、どの程度のひろがりで うけるかはともかく、人気のある文化は、かってにコピーされるし、そうでない文化は、超マイナーなままで継承されるか、きえさるか、どちらかなのだとおもいます。民族の知的英知の結晶であるはずの言語文化だって、あっというまに すてさられるわけで、ほこる・ほこらないは、それこそ 自尊心の次元に属するものではないでしょうか?
■もちろん、栄養学や医学周辺の「実験」なるものを、もっと疫学的に科学化することで、疑似科学をほうむりさり、世界的に共有できる食文化を創造すること自体は、まちがっていないとおもいます。■しかし、とかく ブランド化というのは、「ゴボウ・ニンジンが はいった、かきあげテンプラいりの、ソバは、ヘルシー」とか、そういった論理で、適量とか適性とか無視された、信仰になってしまうので、警戒が必要だと。

■おそるべき非科学的言動(http://tactac.blog.drecom.jp/archive/1248)をくりかえしながら、「科学」を自称する某団体などは、他団体同様、国政に挑戦するそうですが、「●●民主主義人民共和国」とかいった国名同様、「真理省」「平和省」「愛情省」(いずれも、オーウェル『1984年』から)ばりの、あきれた羊頭狗肉(いや、食肉用犬に失礼だな)で、政治団体・宗教組織・商人・役人・知識人等々のハレンチ・厚顔無恥ぶりと通底するものがありますね。■というか、詐欺商法や暴力団は、ロコツに商売を展開しているだけで、政官財学(および教団)等は、洗練された詐欺・収奪組織なのだとおもいます。■かれらの、すくなくとも一部は、疑似科学・現行法規を最大限に悪用し弱者をシャブりつくして生業としていると。おまけに弱者よりも、社会的地位がたかいというのですから、暴力団員よりもタチがわるいと。

警戒が必要であることをふまえつつ、おすすめいたします。

>適量とか適性とか無視された、信仰になってしまうので、警戒が必要だと。

とのご指摘、まったくもっともとおもいます。
ただ、その様な「適量とか適性とか無視された」状態にならない様に気をつけるひとびとが活用してくれることを前提として、『漢方と暮らす。』(吉田揚子・幻冬舎)など、漢方に関する本をおすすめいたします。

標的が日本人だけとは、おもえないが…

3人で飲んで97万円…イタリアで日本人また被害
9月11日18時3分配信 読売新聞
 【ローマ=松浦一樹】外国人観光客に対する「ぼったくり」が多発しているイタリアで、ミラノに出張した日本人男性が、ナイトクラブで7265ユーロ(約97万円)もの法外な料金を支払わされていたことがわかり、伊消費者団体が法的支援に乗り出した。伊レプブリカ紙が10日、伝えた。

 男性は昨年12月、日本人の同僚2人とナイトクラブで酒を飲み、クレジットカードで料金を支払ったが、帰国後の1月になって多額の引き落としがあり、ぼったくりに気づいた。伊観光局(東京・港区)を介して被害通報を受けたローマの「消費者保護・指導協会」は、在日伊大使館を通じてナイトクラブを告訴するよう勧告。協会の弁護士が、代金の回収も手助けするという。

 イタリアでは6月にも、ローマの有名レストランで、日本人観光客が約700ユーロ(約9万3000円)の昼食代を請求され、伊メディアに大きく報じられた。

イタリアほど不思議な国はない・・・かも?

『サンデー毎日』(12.13号32ページ)にも買春疑惑をとりあげられている森喜朗もと首相(http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20090822#1250874281)・・・もといベルルスコーニ首相の記事は、はなし半分だとしてもスゴイが、一方でイタリアは『近代政治の脱構築』(講談社選書メチエ)の様な革新的な政治思想書もうみだしており、イタリアのマフィアは昔の日本のヤクザ(の一部)の様に福祉をになっている側面もあるときいています。
汚職の度合いは日独伊で一番ヒドイように感じるイタリアは、なぜ一方では革新的な側面ももっているのでしょうか?おしえてくださればさいわいです。
ついでに、日本がイタリアの革新的な側面を吸収するにはどうすればよいかも。(ナチスの戦争責任をいまだに追及しているドイツなみになればよいんですが、どーせ無理なんでイタリアをめざしましょう)

一般論ですが…

■欧米というのは、面積・人口がちいさな「小国」を除外すると(つまりは、われわれが みんなしっているような主要国は)、個人差・格差がおおきいんじゃないでしょうか? ■たとえばアメリカなんて、貧富の格差だけじゃなくて、知性の格差がすごすぎるじゃないですか?■イタリアも、シチリアなどをふくめた南部と北部は、「異国」同士なんじゃないかと。

■諸外国の「すぐれたシステム」を、それだけ単独で「移植」することは、本質的に困難ですよね。■「すぐれたシステム」は「氷山の一角」であって、水面下のささえる部分こそ本質なわけだし、そういった「水面下の巨大な氷塊」をもたない地点に、その「頂点」をうかべるわけにはいかないわけです。
■ウェディングドレスなどを、どんなに輸入しようと、キリスト教思想は絶対に理解できないように、「すぐれたシステム」を経緯・文脈から それだけ きりだしてコピーしようとしても、基本的には失敗すると。■もちろん、日本国憲法のように、それを移植することで、それなりに改善された事例もありますが、移植しても、一地域に不利益を集中してはじないという憲法違反をしても平然としていられる国民が体現しているとおり、コピーすれば、一応完了とはならないわけですね。■「移植」は、定着するまでに時間と、くふうが必要と。

■ちなみに、山口組は阪神淡路大震災時に、おひざもとということもあって、ダイエー・神戸生協などとともに、被災者救援にはいりましたね。■マフィアは、もっと地域社会を支配しているでしょうから、その福祉機能を過大評価するのは、ちょっと危険な気もします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。