プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人は最良の宿泊客(共同)

日本人は最良の宿泊客、ネット旅行会社調査 最下位はフランス
 【パリ=共同】世界最大級のインターネット旅行会社エクスペディアが世界各国のホテル経営者や従業員らに行った調査によると、宿泊客として最も評価が高いのは日本人、最下位はフランス人だった。同社が10日までに発表した。
 調査は6月、約4500人のホテル関係者を対象に実施。27カ国の旅行者について、礼儀正しさやチップの額など9項目の評価を尋ねた。
 日本人旅行者は礼儀正しさ、清潔さ、静かさ、苦情や不満の少なさなどでトップ。総合点で英国人が2位、カナダ人が3位で続いた。4位はドイツ人、5位はスイス人。
 フランス人は外国語への順応性、寛大さ、チップの額などが27カ国中で最下位。礼儀正しさや態度全般も26位だった。総合点で26位はスペイン人、24位でギリシャ人とトルコ人が並んだ。
 部門別では、チップの額が最も多いのは米国人、ベストドレッサーはイタリア人だった。(12日 19:01)

----------------------------------------
■フランスは、旅行者としだけでなく、接客がわでも、下位にまわるんじゃないか?■旅行会社は、逆に、海外旅行をおこなった客たちからサンプル調査して、各国のホテルほかの接客水準のアンケート調査をするとよいとおもう。皮肉じゃなく。度がすぎる客がわの横暴は まずいが、接客態度の満足度こそ、必要だとおもうよ。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

<< 比の日系2世2人、婚姻の事後証明で就籍許可…東京高裁(読売)ほか | ホーム | 【新刊】月刊日本語2009年8月号(アルク) >>


コメント

タカマサさんの意図はどこに?

ふとおもったんですが、事実関係としては今回の調査がただしいとしても、それをタカマサさんともあろうひとが(つまり「日本」以外の欠点も批判するが「日本」が尊大な国家にならない様に忠告をつづけているとおぼしきひとが)とりあげた意図が不明です。

>接客態度の満足度こそ、必要だとおもうよ。

というご指摘は言われてみればなるほど正しいとはおもいますが、拡大解釈すれば「日本」が尊大な国家になるきっかけになるかもしれない様なニュースをとりあげたところはタカマサさんらしくないなぁとおもうんですが…

検索エンジンで、ここだけ よみにくる層は、かんがえていませんでした

■おそらく、調査対象国というのは、海外旅行を大挙してやらかすような金満地域であって、たとえばOECD各国とかだとおもうんですね。■まあ、そういった諸国の大半は、過去の植民地支配のことなんざ、人類学者とか社会学者みたいな部分(あるいは、その影響下の知識層)しか反省しないでしょうから、ゴーマンでない態度など、ムリがあるんではないでしょうか。
■ただし、そういった「低水準」を前提にした比較は、たしかに誤解をあたえますね。過去記事をふくめた、この日記の文脈を充分理解する「固定ギャラリー」を前提にした記事の公開は、たしかに危険なので、今後気をつけます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


イタリアの日本人観光客激減 「サービス悪い」指摘も(朝日)

■「日本人は最良の宿泊客(共同)」の関連記事(棒グラフの みぎはしは、クリックすると みられる)。 イタリアの日本人観光客激減 「サ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。