プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県中越沖地震から2年

新潟県中越沖地震から2年め。日記内関連記事につなげて、『毎日』の特集記事“「再生」への道筋:中越沖地震2年”の上中下の冒頭部だけ。


「再生」への道筋:中越沖地震2年/下 被害の全体像、未解明 /新潟
毎日新聞 - ‎2009年7月14日‎
8日、柏崎市のホール。中越沖地震後9回目を数えた、東京電力による柏崎刈羽原発に関する説明会の会場は静まり返っていた。全7基のうち最も復旧作業が先行した7号機の起動試験を控えた2月の説明会では質問が相次いだが、この日は司会者も「こんなに質問が少ないのは ...


「再生」への道筋:中越沖地震2年/中 高齢者、どう見守る /新潟
毎日新聞 - ‎2009年7月13日‎
孤独になることを心配して市は昨年末、罍さんに駅前の仮設へ移転してもらった。 近くには商店街や大型スーパーもある。「体の調子が良ければ、歩いて買い物にも出られる」。利便性がいい都市部の暮らしにも慣れ始めたようだ。 仮設への入居は中越沖地震から1カ月後の07年8 ...


「再生」への道筋:中越沖地震2年/上 地場産業、相次ぐ大量解雇 /新潟
毎日新聞 - ‎2009年7月12日‎
地元での職種転換が難しい場合は、他県へと流出する人も現れるだろう」と「出稼ぎ」の可能性にも言及する。 16日で中越沖地震から2年。地震で壊れた建物や道路はほぼ元通りになり、仮設住宅に暮らす325世帯770人(6月末)も秋までには退去の道筋がついた。 ...




●旧ブログ「新潟県中越沖地震」関連記事
スポンサーサイト

タグ : 安全

<< 柳川喜郎『襲われて 産廃の闇、自治の光』(岩波書店) | ホーム | 施行まで1年、課題山積 臓器移植法改正法く(中日新聞)ほか >>


コメント

中越地震5年・新潟

優太君救出現場で献花=犠牲者の冥福祈る-中越地震5年・新潟
10月23日9時9分配信 時事通信
 新潟県中越地震から5年となった23日、土砂崩れで生き埋めとなった皆川優太君(7)が奇跡的に救出された同県長岡市妙見町の県道では、泉田裕彦知事らが献花し、犠牲者の冥福を祈った。
 現在、優太君は小学2年となり、同県魚沼市の小学校へ通っている。
 信濃川沿いの県道では、地震で大量の土砂が崩落。優太君らの車が巻き込まれ、優太君は4日後に救出されたが、母貴子さん=当時(39)=と姉真優ちゃん=当時(3)=が死亡した。
 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。