プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイヌ/琉球問題をナショナリズムに回収しようとする愚劣な集団

■通信環境と体調、双方よくないので、リンクのみ。

我が九条-麗しの国日本
●「違星北斗は同化を強く指向したか」(2009-07-13)


曽野綾子「神話」をめぐる話題
“「伝聞」というでっち上げ(曽野の虚偽)”
”狼魔人等について”(07/12)
“新潮記事と沖縄棲息ブロガー” (07/10)
“宮城晴美の論考” (07/05)
“曽野が慶良間に眼を向けた時期” (07/03)
“曽野綾子虚偽の一覧”(07/03)
“悪徳言論人のあくどさ” (06/25)
“NHK「集団自決」番組” (06/24)
“特集は「転落」の露呈”(06/19)


海鳴りの島から 沖縄・ヤンバルより…目取真俊
反論権と編集権またはゴーマニストの腐臭(2009年07月16日)
「盗作問題」から逃げ回る小林よしのり(2009年07月15日)
ゴーマニストの無知と錯乱(2009年07月13日)
「全体主義の島」というおバカな嘘(2009年07月12日)
狼魔人の無知と妄言(2009年04月13日)


文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』
小林よしのりが、また「筆禍事件」か? -ー「金城兄弟」にとって「沖縄集団自決」とは何だったのか?(2009-07-13)
小林よしのりよ、これがアイヌの歴史だ。(2009-07-12)
パチンコ右翼・小林よしのりに告ぐ!!! 「ウィグル」事件を見よ!!! あれは、明治政府がアイヌに対してやったことだよ。(2009-07-09)
マンガ右翼・小林よしのりよ、『アイヌ論 スペシャル』を出してみろよ。買ってやるから。(笑)(2009-07-06)
小林よしのり先生、沈没す。-チベットへの同化政策とアイヌへの同化政策は「次元が違う」?(2009-07-05)




江崎孝 狼魔人日記
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : ナショナリズム 真理省 1984年 ハイパー独裁 右派 少数者

<< プルサーマル議論、きょう再開(読売・福島)ほか | ホーム | 柳川喜郎『襲われて 産廃の闇、自治の光』(岩波書店) >>


コメント

米国においては黒人の権利回復運動と先住民族の権利回復運動がいまひとつうまく連携できていない、という指摘がありますが(http://buzzurl.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/hippie/20081106/p1)、日本においてはどうなんでしょうか?『部落解放』(2008年11月号・解放出版社)には「『先住民族サミット』アイヌモシリ2008」という記事もあり、先住民族差別反対運動と部落差別反対運動は、それなりに連携している様にもみうけるのですが、というか、うまく連携しないと権力者のおもうつぼである様に感じます。大丈夫かなぁ?


先日入手したプリントを転載します。

「さとらんど遺跡公園」を一日も早く実現しよう
私たちは、昨年6月、アイヌ民族の様々な権利を取り戻すためにアイヌ民族を中心に、広く和人と連帯して行動することを目的に結成された市民団体です。
札幌市東区のサッポロさとらんどに「市内でも最大規模の縄文時代の遺跡が存在する」と市当局は発表しています。この遺跡を一日も早く発掘・調査するよう、文書で札幌市に申し入れをし、数回ウコ・チャランケを行いました。
しかし担当部局は全く聞き入れることなく、貴重な遺跡が存在する公有地を市民農園として有料で貸し付けています。市民には縄文遺跡が埋蔵されていることを知らせることなく、遺跡の上に客土して更に地下水を汲み上げて農産物に放水させ、農作業を長年させています。
「この地に眠る先祖の魂は苦しい。一日も早くこの苦しみから解放してほしいと訴えているようだ。」と石井代表は市当局に抗議しています。
全国広しといえども、公有地に存在する遺跡を発掘調査することなく「市民農園」として金儲けしているのは札幌市だけだと数人の考古学・人類学の専門家は指摘していました。
市民の皆さん、絶対容認できないこの札幌市の暴挙を即時中止させ、アイヌ民族と共に広く市民の手で発掘調査して「サッポロさとらんど遺跡公園」を実現させましょう。
2010年4月28日

原住・アイヌ民族の権利を取り戻すウコ・チャランケの会(お互い話し合う)
代表 石井ポンペ
電話 662-7774
幹事長 荒木繁
札幌市中央区南21条西10丁目1-23 コーポ佐藤

「抗議先」
札幌市中央区北1条西2丁目
札幌市観光文化部
電話 211-2250
埋蔵文化財センター
電話 512-5430

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。