プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢による時間の加速化をくいとめる意味

■覇気あふれるビジネスマンの時間論。

「歳をとる毎に1年が加速度的に早くなる」2つの理由と対策

 2007年が終わったと思ったら、早くも1月の後半に突入である。

 「年取ると1年が短くなる」なんてことを中年のおじさんが言っているのを、若い頃に聞いたことが何度かあったが、気がつくと自分がその年になっているのである。

 あっという間に娘も社会人になり、結婚して私の孫が出来、会社をリタイヤして、「リアルな大人のセカンドライフ」が始まってしまうのだろう。

 さて、なぜ年をとるに連れて1年が早くなるのだろう。 一般に下の二つが言われいてる。

<年齢分母理論>

 10歳の1年: 1年/10年 = 10.0(%)

 40歳の1年: 1年/40年 =  2.5(%)

 つまり、10歳のときより20歳の時の1年の速度は2倍、10歳のときより40歳の時は4倍の速さで進むことになるのだ。

 この理論だと、どんなに充実した生活を送ろうが、どんな努力をしようが、年が経つに連れて加速度的にはやくことになる。 なんとも恐ろしい論理ではないか。


<アクティビティ量理論>

 年をとるに連れて、1年に起きた新しいチャレンジ、新しい発見、新しく覚えたことが減っていき1年は短くなっていくという考え方だ。

 プロ野球選手が20歳から29歳まで一つの球団にいて、30歳でメジャーに行ったとすると、メジャーに行った最初の1年間は、20歳代の10年間にも相当する長さに感じるわけだ。

 そういえば、私も以前の会社にいたときの30歳からの6年間に比べ、Lotus社に転職して、何もかもが新しい世界に入った37歳からの6年間の方があきらかに長かった。

 楽しく熱中していると時間が短く感じると言うが、それは、その時間を過ごしている間の感覚である。 多くの新しい経験をした時間は充実した長いものに感じるのだ。

 この考え方であれば、これからの10年間も工夫次第で充実した時間を長く楽しめることになる。 希望が沸くではないか。

<自論=新しい出来事量÷年齢>

 私は、

 「1年間の新しい出来事量/年齢」

 ではないかと考えて生きている。

 先に書いたが、新しいチャレンジを何もせず、だらだらとぬるま湯の中ですごした中学3年間よりも、37歳でLotusに転職した後の私服で出勤、外人当たり前、若く新しい企業風土、柔軟な企画会議、3ヶ月毎の業績評価という新しい世界で過ごした3年間の方があきらかに長く充実した期間であった。

 しかし、同程度の充実度であれば、年取った1年間の方が数段時間が早く進むのも事実である。 10歳の時に比べれば40歳では、4倍の新しいチャレンジを行うことで同程度の時間をすごせるわけだ。


 さて、私も50歳が見えてきた、10歳代の時の5倍の新しいチャレンジを行い、そのチャレンジを自分の大きな目標に絞り、時間を2倍効率的に使う技術を身に付けて、これからの人生を長く充実したものにしたいものだ。

trackback(0)Comment(0)2008/01/15 8:45:00けんじろう

------------------------------------------
■理論にケチをつける気は毛頭ない。たぶん 両方ともただしいし、その対処法も正攻法だろう。■ただ、現実問題として「年をとるに連れて、1年に起きた新しいチャレンジ、新しい発見、新しく覚えたことが減っていき1年は短くなっていく」という、生物学的な傾向にあらがうことは、意味があるのか?
■ハラナも最近痛感している「月日のはやさ(光陰矢のごとし)」は、<年齢分母増大法則>と<アクティビティ量減少法則>の相乗作用だとおもうのだ。 ■でもって、努力や環境・運によって 変更可能な<アクティビティ量>で、主観的な時間経過意識をにぶらせ、いわゆる充実した人生をおくるという発想は、実に〈まえむき〉にみえるが、ムリがあるようにおもえる。■それこそ、「しのびよる死の予感からの逃避」といった印象がぬぐえないんだな。
■いや、岡田斗司夫氏が明快に二分するとおり、運動して〈ふとくみじかく〉系をえらぶか、ダイエットなど諦念・達観した〈ほそくながく〉系の人生をえらぶかしないとして、人生観として〈ふとくみじかく〉系=「ピンピンコロリ」主義を選択するなら、<年齢分母増大法則>にそって主観的に時間のながれがはやく感じる晩年になるほど、<アクティビティ量>を急増するほかない。生物学的には<アクティビティ量減少法則>がはたらくにもかかわらず、<アクティビティ量急増>戦略をえらぶほかなくなるんだな。■これって、ムリがありすぎないか?

■ハラナは仏教徒ではないし、〈ふとくみじかく〉系か〈ほそくながく〉系のわりきりさえできていない優柔不断というか、ハンパで矛盾した人生観のまま50がちかづいている自分をむかえてしまっている(笑)。■ただ、死をおそれるあまり、「のこり時間を有効に…」式の人生観を貫徹する気はないなと、よくわかった。■「いい人生だったよ」とか「なかなか しあわせな一生で、くいはない」とか、くちばしって、ちかしいひと数人にみとられれば、大往生って気がするわけだ。


●「満足すること/できることと、客観性
スポンサーサイト

<< 新潟県中越沖地震から半年 | ホーム | 祝日の意味再考16:成人の日2=取捨選択版Wikipedia  >>


コメント

トラバありがとうございます。

トラバありがとうございます。
>、「しのびよる死の予感からの逃避」
>といった印象がぬぐえないんだな。
まったくその通りだと思います。悲しいですがもがいてしまっているという感じでしょうか。
今後もコメント、トラバよろしくお願いします。

お越しくださいまして、ありがとうございます。

本日の記事も、かんがえさせられる内容ですね。
http://blogs.itmedia.co.jp/kenjiro/2008/01/post-4d56.html

今後もたのしみにしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。