プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】「教育のバリアフリー、そしてバリアフリーの教育」

◆◆ 市民公開フォーラムのご案内 ◆◆ <転送自由>


東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター

開設記念・市民公開フォーラム-のご案内

「教育のバリアフリー、そしてバリアフリーの教育」

【日時】2009年6月20日(土)13:30~17:00
【場所】東京大学安田講堂(文京区本郷7-3-1)
【主催】東京大学大学院教育学研究科
【共催】毎日新聞社
【後援】日本製薬団体連合会、等

【協力】東京大学バリアフリー支援室ペパーミントウェーブ実行委員会
*手話通訳付き

こちらより、お申し込みいただけます。

http://www.p.u-tokyo.ac.jp/cbfe/0300/2009/0620_forum.html



【プログラム】

■基調講演 『教育のバリアフリー化が社会を変える』
福島智 東京大学先端科学技術研究センター教授

<略歴> 9歳のときに失明、18歳で聴力を失い「盲ろう者」となったが、両手の指先を点字タイプライターの六つのキーに見立てたコミュニケーション方法「指点字」を母親とともに考案。盲ろう者として日本初の大学進学、世界でも稀有の大学教員となる。現在は、東京大学先端科学技術研究センターにおいて、バリアフリー論・障がい学の教育研究に従事するとともに、盲ろう者を含めた障がい者の福祉増進を目指す社会的活動に取り組む。




■休憩
ピアノ演奏(東京大学ピアノの会・学生,附属中等教育学校・生徒)


■パネルディスカッション 『教育のバリアフリー

座長: 川本隆史 東京大学大学院教育学研究科教授

白石 さや 同教授

パネリスト:
1)小山内 美江子(脚本家) -学校のバリアフリー
2)成田 真由美(パラリンピック・水泳金メダリスト) -スポーツのバリアフリー
3)木下 晋(画家) -美術のバリアフリー
4)伊藤 啓東京大学分子細胞生物学研究所准教授) -色覚のバリアフリー
5)中邑 賢龍東京大学先端科学技術研究センター教授) -支援機器を通したバリアフリー



【企画趣旨】
平成21(2009)年4月1日(水)に東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センターが、下記の目的を掲げて開設されたのを記念して、バリアフリー教育の基本理念と重要性を確認すると共にその活動の方向性を見出すために、本フォーラムが企画された。



【センターの目的】
本センターは、「バリアフリーシステムのあり方について学問的な体系化を図るとともに、バリアフリーに深い理解を持つ人材を育成」という東京大学の基本目標に即して、新たに組織化された。

教育をバリアフリーの観点から見直すと共に、バリアフリーを教育研究の領域において推進するという二つの軸を持つ。

 第一には、バリアフリーは、福祉・医療・建築・社会保障制度等の課題であるに限らず、学校の幼児・児童・生徒・学生や教師、教育行政に携わる者をはじめ、一般社会人が本来学習して身につけておくべき基礎的知識であり市民的教養であるという、教育に関する新しい認識を提示する。

 第二には、障がいのある幼児・児童・生徒・学生への就学・学習支援という教育活動に留まらず、一歩進めて、バリアフリーの理念と思想について深い理解を持ち、バリアフリー活動に積極的に取り組み、かつ、グローバルな視野を備えた人材の育成を図り、そのための教育カリキュラムの研究開発を行う。あわせて、東京大学における学生へのバリアフリー教育を推進し、東京大学をバリアフリーキャンパスとするための教育研究支援の拠点となることを目指す。
スポンサーサイト

タグ : バリアフリー 障害学

<< 島唄 (THE BOOM) | ホーム | 「東京五輪招致委員会・河野一郎事務総長との対話」(猪瀬直樹) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。