プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりしらべ過程の全面可視化が必要なわけ1=19年目の真実:検証「足利事件」/上(毎日)

■「「捜査は妥当」「残念」 足利事件で元県警幹部(下野新聞)」および「DNA型鑑定 検察完敗(朝日・時時刻刻)」の続報。■「毎日」東京版の特集記事を転載。

19年目の真実:検証「足利事件」/上 もろかった「動かぬ証拠」

 「DNA型が一致した」。91年11月初旬の夜、栃木県警捜査1課長は帰宅直後、警察庁から電話を受けた。足利市で4歳女児が殺害された遺体で見つかってから1年半がたち、捜査は行き詰まりをみせていた。「本当かい」。課長は、思わず聞き返した。

 その年の8月、県警は警察庁科学警察研究所(科警研)にDNA鑑定を依頼した。女児の半袖下着の体液と●●●●さんが捨てたごみのDNA型が一致するか調べるためだった。

 課長は翌日、東北新幹線に飛び乗り東京にあった科警研で「一致する確率は数千人に1人」と説明を受ける。捜査を一気に進展させる突破口になると確信し、●●さんの任意同行を心に決めた。安堵(あんど)感と最新の科学技術への驚きが交錯していた。

    ◇

 90年5月の遺体発見から、県警は捜査員200人体制で臨んだ。捜査線上に浮かんだ不審者は約3000人。しかし決め手はなく、容疑者を絞り込めなかった。市民から「刑事は寝るな」という手紙が届き、過労からか2人が「殉職」した。

 約半年後、巡回中の巡査部長が、週末だけ借家で暮らす●●さんに不審を抱いた。幼稚園バスの運転手。遺留物と血液型が同じで土地勘もある。「やってねーべね?」との問いに、答えはなかった。以降、県警は菅家さんをマークし1年間尾行したが、不審な行動はなかった。

 DNA鑑定の結果判明から1カ月後の91年12月1日朝。県警は●●さんに任意同行を求めた。当初「やんね、やんね(やってない、やってない)」と否認。だが午後10時ごろ様子が一変する。複数の県警幹部によると、捜査本部のある足利署の取調室で、現場の捜査員をまとめる警視のひざに顔をうずめ泣き崩れた。

 「本当にやったのか」

 「ごめんなさい」

 やりとりを繰り返す間、警視のズボンが涙でぬれるほどだったという。

 警視は当時の状況を「あれだけ涙を流し謝った。うそかどうかは分かる」と振り返る。しかし、●●さんは09年5月に支援者へ出した手紙で「自白」を否定した。「刑事の取り調べが厳しく、怖くて『やった』と言ってしまった」

    ◇

 当時の県警幹部が「万人不同の指紋に近いという認識。『一致』の連絡は捜査員を勢いづけた」と語り、最高裁も証拠能力を認めたDNA鑑定。しかし当時は精度が低く、別人で一致する可能性は「1000人に1・2人」だった。現在は「4兆7000億人に1人」。格段に進歩した技術で行われた再鑑定の結果を受け入れ、東京高検は4日、●●さんを釈放した。

 別の元県警幹部は「DNAだけに頼ったのではない。任意の自供を得たから逮捕した」と強調する。ある捜査員は困惑しながら漏らした。「自白を書き留めた、あの分厚い調書は、一体何だったんだ」

 当時のDNA鑑定と自白に寄りかかった捜査。その「過ち」が問われている。

    ◆

 ●●さん逮捕の決め手となったDNA鑑定が否定され、事件から19年を経て新たな鑑定が無実の証拠になろうとしている。事件の「真実」を追った。

……
毎日新聞 2009年6月5日 東京朝刊

---------------------------------------
■「刑事は寝るな」と おいつめた「市民」は、この列島中に たくさんいそうだ。現場で奮闘した警官や指揮をとった幹部たちにとっては、「あの努力は なんだったんだ?」という やりばの ない いかりが、あるのだろう。■しかし、「自白を書き留めた、あの分厚い調書は、一体何だったんだ」という、つぶやきは、そのままの事実だ。クズでしかない、ウソの供述の集積であり、それは ウソを供述させるような 精神的拷問の証拠であり、20年ちかく無実のつみで幽閉した悪魔のような権力犯罪の無残な残骸である。■このセリフは、自浄能力の全然ない警察という組織の実態を、それこそ無慈悲に象徴している。




●旧ブログ「政治家・公務員の潔癖さ (202)
●旧ブログ「可視化」関連記事
●日記内「可視化」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 真理省 1984年 安全 警察

<< とりしらべ過程の全面可視化が必要なわけ2=19年目の真実:検証「足利事件」/中(毎日) | ホーム | にほんごを アルファベットで かくこと4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。