プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医:大学病院の在院、月312時間 過労死基準超す実態(毎日)

■「産科医減少「少子化の反映」 柳沢氏答弁に医師反発(朝日)」「小児科医の過労自殺訴訟、厚労省が控訴断念 労災認定へ(朝日)「自殺の女性医師は「過労死」 愛媛の病院側に賠償命令(朝日)」など、旧ブログ記事で何度かとりあげた、臨床医の過労問題の続報。■1週間ほどまえの「毎日」の記事を転載。


産科医:大学病院の在院、月312時間 過労死基準超す実態--日産婦、初の調査

 大学病院産科医の在院時間は、1カ月間に平均312時間に及ぶことが、日本産科婦人科学会の初の調査で分かった。当直夜間勤務)のある一般病院は平均295時間で、そのうち時間外勤務は平均123時間だった。厚生労働省過労死認定基準が目安にする「1カ月100時間の時間外労働」をはるかに超えており、厳しい勤務実態が浮かんだ。
 調査は全国の大学病院や一般病院約750施設を対象に実施。回答した産科医計633人に、昨年5~11月の任意の1カ月間、全出勤日の出退勤時間を報告してもらい、在院時間を計算。また、退勤後も分娩(ぶんべん)などにすぐに対応する待機時間オンコール)も調べた。
 その結果、大学病院の医師の在院時間は最大で505時間、大半の医師は238~386時間だった。当直回数は平均月4・9回、最も多い医師は月18回にも上った。当直のある一般病院では最大在院時間は428時間、大半の医師は234~356時間で、オンコール待機も平均88時間。当直のない病院では在院時間は平均255時間だったが、オンコール待機は平均166時間に上った。
 いずれの施設でも男女とも29歳以下の在院時間が最も長く、大学病院では平均383時間に及んでいた。同学会は勤務時間について、小児科医より若干長く、外科医とほぼ同じと分析している。
 調査を実施した海野信也・北里大教授(産婦人科)は「病院勤務の産科医は仕事がきつく、希望者が少ないといわれてきたが、今回の調査で厳しい勤務実態を事実として明らかにできた。国民への医療提供を維持するため、改善策を考えたい」と話している。【江口一】

毎日新聞 2009年6月4日 東京夕刊

----------------------------------------
■こういったことを やめないかぎり、産科医志願者はへりつづけるし、実働部隊も漸減、いや急減する。■当然、妊娠・出産を予定する世代の女性たちの心理に重大な影響をあたえる。30代出産に重心が移行しつつある現在だが、30代後半での第一子出産ともなれば、とても不安になるだろう。正常分娩ばかりではない妊娠・出産の実態。「35歳以上のお母さんの羊水は腐ってくるんですよね」発言が、非知性的な妄言=疑似科学であることは、すぐみやぶれるにしても、不安はみんなかかえていることだろう。
■授乳のメドがついた時点で 職場に復帰できることはもちろん、充分な託児サービスが保証されなれば、少子化にはどめがかかることなんて絶対にないが(だって、学費をふくめた育児負担がおもたいんだから)、産科医の窮状がつたえられ、産院がへっていく現状がのこるかぎり、施策のほとんどは無意味といっていい。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 安全 少子化 産科

<< 労災としての過労死は、未必の故意ないし過失致死である | ホーム | 大衆社会としての戦後日本列島と権威主義 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。