プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「証言 沖縄戦の日本兵」(宮城晴美←琉球新報)

「対談 集団自決をめぐって」(『うらそえ文藝』第14号)など、“沖縄戦”関連記事。■2か月まえの『琉球新報』の書評を転載。

証言 沖縄戦の日本兵 琉球新報 2009年4月5日

 本書は、かつて沖縄に駐留した元日本軍兵士の視点から沖縄戦の実相をつづったドキュメントだ。「戦記」ではなく、対住民感情を軍の論理で赤裸々につづった元兵士による証言記録は、わずかの「個人手記(証言)」を除き先例がなかったように思う。とりわけ、沖縄転戦前の中国戦線における元兵士たちの体験証言は、住民を「集団自決」に追い込んだ日本軍の構造的な暴力性を露呈させ、日本軍駐屯と「集団自決」の不可分なつながりを裏付けたものとなった。
 「『チャンコロ(中国人の蔑称(べっしょう))は人間じゃない』と上官や先輩から叩き込まれ」、初年兵は中国人捕虜に「度胸試し」として“刺突訓練”を強要された。さらに「おなごを見たら、もう最後。強姦(ごうかん)してしまう。(強姦した回数は)二度や三度ではきかない」。高い慰安婦を買うより強姦はただ(無料)だから、とも言った。「人を殺すよりも先輩のいじめの方が怖かった」という証言があるように、上官から下級兵士へもたらされた暴力は、下級兵士から中国人へと連鎖し、その延長線上に沖縄転戦があった
 「日本人は偉く、強く、美しい国民」。「沖縄の住民を戦闘に巻き込み死なせても、何とも思わなかった」「沖縄の人間はチャンコロ系統という差別意識」が沖縄人に「集団自決」を強い、スパイ嫌疑による住民虐殺や食料の強奪、壕(ごう)の追い出しへと連なった。著者が接触した元兵士のうち、約半数が「重い口」を開いたといい、登場する元日本兵21人の証言からは、沖縄人に対する「懺悔(ざんげ)」の念が伝わってくる。
 しかし要は、元兵士たちの“戦後の生き方”だろう。沖縄戦の惨劇と向き合いつつ、その実相を後世に語りつぐことを決意した元兵士がいる一方で「よその国でも住民は犠牲になった。戦争とはそういうもの。沖縄戦だけこれだけ騒がれるのは……」と、いぶかしがる元兵士がいることも事実だからだ。いずれにせよ、全国を回って元兵士たちを探し出し、“加害”という「負の記憶」を語らせるとともに、写真でその苦悩の表情をとらえて証言に重みを増した著者の労作に敬意を表したい。
宮城晴美・沖縄女性史家)

---------------------------------------
■かれらの くちが、なにゆえ おもたかったか? 現地軍が集団自決をしいるようなことはなかった、と、いいつのり、皇軍と指揮官たちの免罪をはかろうとする連中がいても、「実相」は かわることがなかろう。■集団自決強要は、つくりばなしだった、という、右派がおおよろこびした爆弾発言をした宮城さんのおかあさんだったが、そういった少数の例でもって、皇軍の戦争犯罪を全否定し、あたかも沖縄戦遂行が住民本位で努力されたかのような印象操作は不可能だろう。
■判事が、アホな判決文をかかないよう、文部科学省の教科書検定官がくだらん介入によって記述をネジまげないよう、監視につとめないと。■あと、沖縄戦経験者が存命のうちに、ききとり調査をどんどんしないとまずい気がする。「名誉回復」訴訟をやらかす連中のような層ばかり突出しては、ヤマトゥンチュが誤解を継承しつづけることになるし。
スポンサーサイト

タグ : ナショナリズム 真理省 1984年 ハイパー独裁

<< DNA型鑑定 検察完敗(朝日・時時刻刻) | ホーム | 「捜査は妥当」「残念」 足利事件で元県警幹部(下野新聞) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。