プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年の自殺動向(警察庁)

30代の自殺過去最多 若い世代増加 08年警察庁統計

『朝日新聞』2009年5月14日10時59分

 警察庁は14日、08年中に自殺した3万2249人の年代別や原因・動機別などの統計を公表した。30代が4850人と統計を取り始めた78年以降最多となるなど、若い世代が増えたのが特徴だ。一方、50代は長年自殺者が最も多い年代で今回も最多だったが、11年ぶりに7千人を割った。70代以上も減少傾向だ。
自殺統計2008-2

 自殺者総数は07年より844人減ったものの、11年連続で3万人を超える深刻な状況が続いている。
自殺統計2008-1

 警察庁のまとめによると、年代別自殺者のうち、50代は07年に比べて10%減の6363人。03年の8614人をピークに年々減り続けている。60代(5735人)は微増だが、70代(3697人)と80歳以上(2361人)はそれぞれ5%減った。

 一方、30代は前年比2%増の4850人と2年続けて過去最多。10代は611人(07年比12%増)、20代は3438人(4%増)と増加に転じた。若い世代が増えた理由として、不況を背景にした雇用問題や職場のストレスの影響を指摘する専門家もいる。


 自殺防止に役立てるため、警察庁は動機・原因を遺書や遺族への聞き取りなどで特定している。52の分類から三つまでの複数選択で、特定できた人は2万3490人と07年より281人増えた。

 内訳は、健康問題が1万5153人と最も多く、経済・生活問題7404人、家庭問題3912人、勤務問題2412人が続く。この順位は前年と同じだった。

 健康問題の中でも、「うつ病」が6490人(7%増)と前年同様最も多かった。その内訳を年代別にみると、30代が1204人(21%増)で最多となった。一方、07年に最多だった50代は1161人(9%減)だった。
 経済・生活問題では、昨年同様に最多の「多重債務」が1733人(12%減)と負債関係が減少傾向にある。これに対し、「事業不振」が1139人(10%増)、「生活苦」が1289人(13%増)と増えている。

 今年に入ってからは3月末までに8198人と08年同期より309人多く、昨年秋以降の世界同時不況の影響が出始めている可能性がある。




自殺が若年層で増加…昨年、警察庁まとめ
「就職失敗」「失業」目立つ

 警察庁は14日、昨年1年間に全国で自殺した3万2249人の年齢や動機などを公表した。

 20~30歳代を中心にした「若年層」の自殺者が増加したのが特徴で、特に30歳代は1978年に統計を取り始めてから最も多い4850人だった。動機別では、「生活苦」「失業」「就職失敗」が前年より13~40%増え、秋以降の急激な景気後退を色濃く反映する結果となった。今年も3月までの自殺者が8198人と昨年を309人上回っており、景気の落ち込みが長引けば、増加傾向に拍車がかかるおそれもある。

 昨年の自殺者は前年を844人下回り、2年ぶりの減少となったものの、1998年から11年連続で3万人を超え、高止まりの状態。

            写真の拡大 +
自殺統計2008-3

 年代別では、最も多い50歳代が6363人(前年比9・7%減)と全体の19・7%を占め、60歳代5735人(0・4%増)、40歳代4970人(2・5%減)、30歳代4850人(1・7%増)、70歳代3697人(5・4%減)の順だった。30歳代以下は全体の27・6%に上り、中でも30歳代は10年前の98年(3614人)に比べ3割以上も増えている。

 遺書などから動機を特定できたのは2万3490人。動機を52項目に分けて複数の項目があてはまる自殺も含めてまとめた結果、健康問題が1万5153人と前年に引き続いて最も多く、このうち「うつ病」は6490人(7・1%増)で52項目中トップだった。

 一方、経済・生活問題を動機とした自殺者7404人を詳しく見ると、多重債務など「負債」を動機とする自殺は前年より10・9%減ったものの、「就職失敗」が253人と40・6%も増え、「失業」も20・4%増の648人、「生活苦」は13・4%増の1289人に上った。「就職失敗」は20歳代と30歳代を合わせると155人で6割以上を占めている。

 20歳未満のうち小中高校生は308人で、前年より34人増加。「いじめ」が動機と判断されたのは11人だった。硫化水素ガスによる自殺者は1056人で前年の29人から大幅に増えた。

死を覚悟、36歳樹海で保護…失業し、楽になりたかった
 失業、就職失敗、生活苦……。昨年1年間に全国で自殺した3万2249人の動機などを分析した警察庁の調査から、昨秋以降の日本経済の落ち込みが、40歳代、50歳代の中高年だけでなく、30歳代以下の「若年層」を自殺へと追い立てている現実が明らかになった。各地の窓口に自殺に関する相談が急増する中、専門家は「世代や経済的な状況に応じた細かな対策が必要だ」と指摘している。

支援団体「生きる方法ある」

 今年2月中旬。兵庫県出身の元派遣社員の男性(36)は、雪が舞う富士山麓(さんろく)の青木ヶ原樹海(山梨県)をさまよい続けていた。

 昨年9月まで東京都内のコールセンターで商品の説明や苦情を受けるオペレーターとして働いていた。ところが連日の苦情電話に疲れて、派遣会社に体調不良を訴えた途端、契約を打ち切られた。神戸の実家に戻って、ようやく就いたパソコン製造の仕事も、1か月もしないうちに「派遣切り」に遭った。その後は全く職が見つからない。希望を失い、「楽になりたい」という一心で睡眠薬を手に樹海に入った。それから3日目。死を覚悟した時、パトロール中の警察官に保護された。

 「死ぬ必要はどこにもない。できる限りのことは何でもするから」。警察官が紹介してくれた支援団体「太陽の会」(東京)の相談員は、電話越しに懸命に語りかけてきた。その言葉に励まされ、今は、山梨県富士吉田市の市営住宅に住みながら生活保護を受け、自立を目指している。

 「あの時は死ぬしかないと思いこんでいたが、本当は死にたくなかったんだと思う。私と同様、支えてくれる人がいれば、救える命はたくさんあると思う」。男性は今、そう振り返る。

 青木ヶ原樹海を管轄する富士吉田署によると、昨年樹海で保護した自殺志願者は161人で前年より35人増加した。太陽の会が加盟する「全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会」にも昨年9月から先月まで3300件を超える相談が寄せられ、同協議会の事務局長の本多良男さん(68)は「失業などで精神的にまいっている人が増えている。生きる方法はいくらでもあることを伝えたい」と訴える。

 秋田市で企業経営者の自殺防止に取り組むNPO団体「蜘蛛(くも)の糸」にも、今年4月までの1年間に例年の3倍に上る133件の相談があった。相談者には面談して思いとどまるよう説得しているが、2人は自殺してしまったという。

 NPO法人自殺対策支援センター「ライフリンク」の清水康之代表は「これまでの自殺対策は主に中高年層を想定していたが、非正規雇用の拡大と景気悪化で、それより若い世代が疲弊し、希望を持てなくなっている」と分析。「自殺と経済環境は密接な相関関係があり、今年は昨年以上に自殺者が増えるおそれがある。今回のデータを詳細に分析し、実情に沿った対策を打ち立てることが必要だ」と指摘している。

 自殺に関する主な相談窓口

 ■ライフリンクデータベース(http://lifelink-db.org/)(全国の自殺相談の窓口が検索できる)

 ■東京自殺防止センター 03・5286・9090(毎日午後8時~翌朝6時、火曜日は午後5時~翌朝6時)

 ■全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会(03・3255・2400)(24時間)

 ■全国の「いのちの電話」の番号は日本いのちの電話連盟のホームページ(http://www.find-j.jp/)で

(2009年5月14日 読売新聞)





不況、命も脅かす 生活苦の自殺増加 30代は過去最多
2009年5月14日 『中日新聞』夕刊

 2008年の1年間に全国で自殺した3万2249人のうち、30代は4850人(前年比1・7%増)で、統計が残る1978年以降、過去最多となったことが14日、警察庁の統計で分かった。50代は、6363人で年代別では最多だったが、前年に比べ683人(9・7%)減少した。
 08年の自殺者数は、前年に比べ844人(2・6%)減ったが、11年連続で3万人を超えている。20代は3438人(3・9%増)、19歳以下は611人(11・5%増)で若年層の増加が目立つ。
 遺書や関係者の話などから原因・動機が判明したのは2万3490人(72・8%)。複数の原因・動機がある場合は3つまで計上している。最も多かったのが「うつ病」で6490人。「身体の病気」5128人、「多重債務」1733人と続く。

自殺統計2008-4

 「就業失敗」が4割増の253人、「失業」が2割増の648人、「生活苦」が1割強増えて1289人となるなど、景気悪化の影響をうかがわせる。
 職業別では、学生・生徒を除く無職が1万8279人(56・7%)で半数以上を占める。うち病気などで職に就けない人が8644人、生活保護・年金・雇用保険などで生活している人が5249人、失業者は1890人。
 都道府県別の10万人当たりの自殺者数は、青木ケ原樹海のある山梨県が41・1人で最多。次いで青森36・9人、秋田36・6人。

--------------------------------------
■50代が少々へったとはいえ、依然おおいことは事実。■そして、以前から懸念されてきたとおり、30代が激増しつつあるようだ。就職戦線で消耗した世代は、就職できても 現場がつらいのだろう。

■ただ、防止策が功を奏している自治体もある。NPOも機能しているし、うつべき対策は、いろいろありそうだ。



●「10年連続自殺者3万人の日本列島
●「世界自殺予防デー(世界保健機関)と自殺予防週間
●「人身事故という名の「電車飛び込み自殺」 「遺族に1億円請求」は都市伝説か(J-CAST)
●「患者が焼身自殺した医療訴訟で注目の判決(日経メディカル)
●「貧困層と多重債務者


●「「過労死は自己管理の問題」奥谷氏発言が波紋(朝日)
●「消費者金融:生命保険での債権回収、1割は自殺(毎日)
●「小児科医の過労自殺訴訟、厚労省が控訴断念 労災認定へ(朝日)
●「社会学的密室としての大学院(パワハラ最前線のひとつ)
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 自殺

<< 世代交代にともなって肉食民族へと変質する日本人集団 | ホーム | 石川真生写真展「フェンス OKINAWA」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2010年の人口動態と自殺者

人口動態統計:出生率、2年ぶり増 がん死はワースト2位 /青森 毎日新聞 6月3日(金)12時10分配信


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。