プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市が導水路撤退 徳山ダムの利水権を放棄(中日)=「ムダ」とはなにか52

■「【転載】水源の里を守ろう 木曽川流域集会」や「川辺川ダム 国は建設中止の早期決断を(毎日社説)=「ムダ」とはなにか31」「淀川水系河川整備計画案=「ムダ」とはなにか36」「大戸川ダム予算未計上問題」など、ダム事業関連記事がらみ。



名古屋市が導水路撤退 徳山ダムの利水権を放棄
2009年5月15日 朝刊

 名古屋市河村たかし市長は14日、徳山ダム(岐阜県揖斐川町)の水を、同市と愛知県の取水口がある木曽川まで流す「木曽川水系連絡導水路事業」から撤退する方針を明らかにした。水需要が増えていないことが理由で、同ダムの水を毎秒1・7トン利用できる権利は放棄する。
 市が撤退しても、導水路の規模を小さくするなどして事業費を削減するのは難しい。事業継続には、市と同じく権利を持つ愛知県を中心に、国や岐阜、三重両県の負担が増す可能性があり、反発が起こるのは必至だ。

木曽川水系連絡導水路事業1

 導水路は水資源機構が本年度に着工し、総事業費890億円のうち、市は2015年度までに121億円を負担する計画。市の本年度分1億6000万円は今月25日が1回目の支払期限だが、市はすでに「支払わない」と機構に通告した。
 さらに権利を放棄することで、市は、毎年1億3000万円負担している徳山ダムの維持管理費も今後は支払わない構え。ただ、3500億円をかけて完成したダムの建設費は、市負担分のうち90億円を払っただけで、今後20年余かけて利息も含め310億円を支払う必要がある。

 河村市長は本紙の取材に「水の使用量は1970年代をピークに減っている。水余りの中、さらに何百億円も投じて導水路を造る必要があるのか。渇水時には節水や農業用水の活用など市民の協力で乗り切れる」と話し、導水路事業そのものの見直し議論に火を付けたい姿勢も示す。早々に討論会を開き、市民の声も聞きたいとしている。
 導水路の建設には名古屋市議会でも一部に疑問の声が上がったことはあるが、大勢は建設に同意しており、河村市長の方針には今後、議会が反発する可能性もある。
 河村市長は、民主党の衆院議員時代から徳山ダムには反対の立場をとっていた。

木曽川水系連絡導水路事業2

 【木曽川水系連絡導水路事業】揖斐川木曽川を直径4メートル、全長43キロの地下トンネルで結び、徳山ダム(岐阜県揖斐川町)の水を毎秒4トン、渇水時は同20トン、木曽川に放流する。木曽川には愛知県と名古屋市の取水施設があり、都市用水への利用、渇水時の木曽、長良川両河川の環境改善などが目的。上流、下流の2ルートを建設する計画。2009年度に着工し15年度の完成が目標で、総事業費890億円は国と愛知、岐阜、三重各県と名古屋市が負担する。

--------------------------------------
■名古屋市民にとって、ほとんど無意味だろう徳山ダムと みずの利用権。市議会議員らが、それに しがみつく理由がわからない。土建屋さんたちとの、くされ縁か?



●旧ブログ「「ムダ」とはなにか」シリーズ
●ブログ内「「ムダ」とはなにか」関連記事
スポンサーサイト

<< 「漢字検定」騒動、その後【その5】 | ホーム | 「フェンスを歩く、基地を撮る」 石川真生さんに聞く(琉球新報) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


◆徳山ダム・木曽川導水路事業から撤退・名古屋河村市長/「見直し」という時代の流れは政権交代すれば加速

 国内最大の貯水量の徳山ダム(岐阜県揖斐川町)。  言うまでも無く、私は建設や運用に反対する側にいる。  その徳山ダムは、昨年5月に本格稼動。  しかし、水の利用先が決まらないなど問題は続く。        「『当初の考えから(現在の水需要が)乖離(かいり...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。