プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<難民保護費>外務省、支給を厳格化 今月から100人以上打ち切りへ(毎日)

<難民保護費>外務省、支給を厳格化 今月から100人以上打ち切りへ
5月7日9時41分配信 毎日新聞

 日本で難民認定申請した外国人に国が生活費を支給する「保護費」について、外務省が今月から支給対象の要件を厳格化することがわかった。難民が急増し、予算が足りないことが理由。従来の「生活困窮」だけでなく、重篤な病気▽妊婦や12歳未満▽観光ビザなどを持ち合法的に滞在しているが就労許可がない--のいずれかに当てはまることとし、受給者を現在の半分に絞り込む狙い。全国で100人以上が支給対象から外れるとみられる。

 保護費は83年から支給。今年度予算は年1億数千万円。難民認定申請をし、審査結果が出るまでの間、収入がないなど、生活困難な外国人に支給する。12歳以上の場合、1日1500円の生活費と、月4万円(単身者)の住居費などが支払われる。

 法務省によると、難民認定の申請者数は近年増加。保護費の受給者も、1カ月平均で07年度が95人だったのに、08年度(2月まで)は204人と倍増した。

 外務省人権人道課は「予算内でしか対応できず、他に方法がない。昨年下半期から受給者が急増したが、見通せなかった」と説明。国際人権擁護団体、アムネスティ・インターナショナル日本の寺中誠・事務局長(49)は「保護費打ち切りは、国連難民条約に違反」と指摘している。【村上正】

-------------------------------------
■外国籍であろうが、生活保護の対象とするなど、本質的に厚生労働省が予算化すべき領域だとおもう。外務省の、「人権人道課」とやらの部局があつかっていること自体、いかにも、「緊急避難的な措置として、当座援助しているだけです」って、いっているようなものだ。いくら、「難民認定申請をし、審査結果が出るまでの間、収入がないなど、生活困難な外国人に支給する」という趣旨とはいえだ。「支給対象の要件を厳格化」って、単なるケチってことだよね。
■まあ、日系ブラジル人や外国人研修生を、こきつかうだけこきつかっておいて、景気がわるいからクビ、くににかえれ、がいえる「おくにがら」だけに当然か。「美しくない経済大国ニッポン」。■そういえば、戦前の亡命者への右翼などの支援なども、エリートたちにだけだったしね。

●Google“難民保護費”
スポンサーサイト

<< 「攻めの農業」実習生に依存(朝日) | ホーム | 現代日本語における恣意的漢字表記の実例5(山武) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。