プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たばこ 小中学生でも買えた 顔認証の自販機の誤作動?(京都新聞)

■旧ブログで 何度かとりあげた「自動販売機」関連記事、および「タバコ自販機の成人認識カード導入」の続報。

Kyoto Shimbun 2009年4月17日(金)

“たばこ 小中学生でも買えた”
顔認証の自販機の誤作動?

たばこ 小中学生でも買えた
実験のため自販機の内蔵カメラで
顔を撮影する男児。
機械は男児の顔を成人と誤って認識し、
たばこが買えた(7日、城陽市)


 たばこを購入する際の成人識別装置の一つ「顔認証方式」の自動販売機で、昨年7月以降、京都府内で小中学生がたばこを購入したケースが少なくとも6件あることが17日、京都府警少年課の調査で分かった。府警は機械が誤認識したとみて、販売形態を含め機械を認定した財務省と製造会社に改善を求めた。

 少年課によると、補導した少年らがたばこを持っていたため、購入方法を聞いたところ、京都市や城陽市の6人が顔認証方式の自販機で購入していたという。

 府警は7日、機械が未成年を成人と誤認識する恐れがあるとして、城陽市内のこの方式の自販機で小学5年生の男児(10)の協力を得て精度の実験をした。3回中1回、購入できた。実験に立ち会った男児の父は「子どもが簡単に買える販売機は問題」と憤った。

 顔認証方式の自販機は自動販売機メーカーのフジタカ(長岡京市)が2007年に発売した。識別装置で骨格やしわなどを判定し、年代層を識別する。府内で約120台設置され、財務省が08年7月、成人識別装置と認定した。

 フジタカは「判定基準を高めたソフトに変更している」と説明。財務省は「メーカーに原因究明と改善を指導しており、認定は問題ない」としている。

------------------------------------
■そのうち、機械判定の制度はあがるだろう。■しかし、問題は、ヒトなら一見して識別できるような水準での未成年者を機械がみのがしてしまうという、アナログ情報のディジタル式判定の致命的限界ってことだとおもう。■こまかなキズ・ユガミなどを 目視によって判定することが結局合理的だといった、工場現場などの経験をみても、機械がナマモノを判別するという発想自体に、根本的な問題があるんだとおもう。
“10歳、オトナ顔でタバコ買う タスポ不要の自販機誤認”
asahi.com 2009年4月17日11時24分

 今年2月、当時小学4年だった京都府城陽市の男児(10)が、成人識別カード「タスポ」がなくてもたばこを買える顔認証方式の自動販売機で「成人」と誤って認識され、たばこを買っていたことが府警への取材でわかった。システムを開発したメーカーは「小学生を成人と誤認した例は初めて」と戸惑っている。

 府警少年課によると、2月末、男児がたばこを持っていることに気づいた父親が尋ねると、男児が「自販機で買った」と答えたため、府警に相談したという。

 府警は今月7日、男児がたばこを買った自販機で再現実験。本人に、自転車のフレームに立ち、高い位置にあるカメラに3回顔を近づけてもらったところ、うち1回は成人と認識された。同課によると、府内で未成年者を成人と誤認した例は昨年7月以降に少なくとも5件あるが、小学生は初めてという。

 メーカーによると、認証システムは顔の骨格やしわなどの特徴で年代を判断し、判定できない場合は運転免許証で確認を求める仕組み。全国約5200台の自販機に導入されている。財務省はメーカーに、原因究明とシステム更新を要請した。メーカーは「一日も早く更新を完了したい」としている。



http://ja.wikipedia.org/wiki/Taspo
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

<< 高度複製技術社会のなかの、知的所有権=複製技術の産物,大衆社会再考7 | ホーム | 日本文藝家協会、「Googleブック検索」の和解案に抗議声明(INTERNET Watch) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。