プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】「環境影響評価(アセスメント)の準備書について」(辺野古浜通)

Subject: [wam_ml:02300] 環境影響評価(アセスメント)の準備書について
(辺野古浜通信)
From: "SachikoTaba"
Date: 2009/04/03 1:06
To: wam_ml@wam-peace.org

田場祥子です。


辺野古浜通信をお届けします。

************************************

辺野古浜通信です。
既に閲覧に言った方も、ニュースを見た方もいらっしゃると思いますが、
沖縄県外ではニュース自体が目に触れないようですので、
http://henoko.ti-da.net/ にいくつかリンクしておきました。
今回の準備書で、アセス調査にさえ影響を受け、主たる棲息場所を移さざるを得ないくらい、ジュゴンへの影響が顕著に表れていることは良く判りました。それだけでも基地はつくるべきではないことは確かです。

ところで環境影響評価(アセスメント)の準備書の内容は、極めて不誠実、
非科学的・・・

5400ページを一言で要約すると「ゼロオプションが無い(工事をしない選択がない)」です。

もう2、3言加えると、次のようになります。

【ジュゴンについては】
○ 嘉陽に常駐確認できたのは本島全体でも古宇利の2頭と嘉陽の1頭のみで最小3頭
○ 建設予定海域には食み跡がなかったから餌場への影響はない
○ ジュゴンの複数年調査に関しては充分資料が揃ったので必要ない。1年で打ち切り。

【サンゴについては】
○ 施設建設によって消失するのは大浦湾の3.5%に過ぎない
○ また、建設区域には注目されるサンゴはない
○ 波や潮の流れの変化はサンゴと関係なく、地形変化もない
○ 一部サンゴが消失しても移植により保全措置をとるので、十分に環境に配慮している

命も、シマも、自然も、人も・・愚弄した書類です。
“環境影響評価(アセスメント)の準備書”

今回の準備書で、アセス調査にさえ影響を受け、主たる棲息場所を移さざるを得ないくらい、ジュゴンへの影響が顕著に表れていることは良く判った。それだけでも基地はつくるべきではないことは確かだ。

環境影響評価(アセスメント)の準備書の内容は、極めて不誠実、非科学的・・・

【ジュゴンについては】
○ 嘉陽に常駐確認できたのは本島全体でも古宇利の2頭と嘉陽の1頭のみで最小3頭
○ 建設予定海域には食み跡がなかったから餌場への影響はない
○ ジュゴンの複数年調査に関しては充分資料が揃ったので必要ない。1年で打ち切り。

【サンゴについては】
○ 施設建設によって消失するのは大浦湾の3,5%に過ぎない
○ また、建設区域には注目されるサンゴはない
○ 波や潮の流れの変化はサンゴと関係なく、地形変化もない
○ 一部サンゴが消失しても移植により保全措置をとるので、十分に環境に配慮している

沖縄タイムス「影響軽微」に疑問 普天間アセス/環境調査打ち切り 地元の要望反映せずより
琉球新報アセス準備書提出 絶対評価の調査を
琉球新報普天間アセス準備書提出 ヘリパッドなど追加
琉球新報社説知事基地発言 全面撤去の先を描きたい
沖縄テレビ“普天間基地代替 アセス準備書 縦覧始まる”

アセス準備書の「要約書」版は、沖縄防衛局ホームページに掲載されています。

スポンサーサイト

タグ : 真理省 1984年 ハイパー独裁

<< 大新聞が書けない「迎撃ミサイル利権」8000億の深さ~頑張れ、日刊ゲンダイ(情報流通促進計画) | ホーム | 普天間移設修正に余地 防衛省アセス、結論は原案妥当(朝日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。