プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒の反応から「生徒の視点」に気づけ(藤沢晃治)

藤沢晃治「分かりやすい教え方」の技術』(講談社 ブルーバックス)に、円錐を「三角形」だと、いいはる教員の たとえがでてくる。

円錐
        〔上図=ウィキペディア「円錐」から〕

■藤沢氏は、「円」にみえると主張する生徒との 認識のズレを、すなおに うけいれるという<たとえ>でもって、「生徒の視点」という 異文化への無知を修正して成長していく教師像を提示しようとしたわけだ。■しかし、この たとえは、すぐれているようにみえて、かなり ハズしているようにしかみえない。



■実は、あまり つっこんで検討されずに もちだされただろう この「三次元‐二次元モデル」は、かなりの射程をもった寓話となりえる。
■まず、円錐二等辺三角形とみなす視座は、実は 実に特殊であり、それは 楕円 ないし「扇形」もどきとして輪郭を把握する確率がたかいだろう「大衆的視座」を意識的に選択しなければ 困難な把握だという点である。■実際のところ、底面ないし頂点に正対する視座(=「円」のシルエットがみえる位置)は、たった一本の直線状にしかなく、ここに観察者が位置する確率は実にすくない。おなじように、底面をふくんだ平面状に視座があったときだけ、「二等辺三角形」のシルエットは観察される。■確率的に(圧倒的に)発生しやすい視座からみえるシルエットは、第一に楕円形、第二に「扇形」もどきのはずである。
■つまり、「二等辺三角形」のシルエット以外の現象の存在をしらないような教員とは、「おやとい外国人」のような存在であり、楕円・扇形周辺のイメージを全否定するような教育実践は、およそ現実的ではなく、実際教育効果などは、のぞめないだろう。教師がわが「信仰」的な「確信」をもってせまれば、まったく 通用しない「おしつけ」におわるはずである。■したがって、こういった愚劣な教育システムが 細部にしろ 現実に発生していないか、再点検するための寓話にはなりそうだ。学生・生徒と完全な異文化出身である教員を、なんの くふうもなく ほうりこんで、世界観を一方的におしつけるような愚行が まぎれこんでいないかである。

■もうひとつ寓意をもって この たとえ(異文化接触)を解釈するなら、幼児、高齢者、障碍者、異性、外国人など、体験を共有できていない、あるいは過去の体験を消失させてしまっているがゆえに、「楕円」や「扇形」といった把握ができない/できなくなってしまっている層が教師役にまわっているケースのばあいである。■育児経験・介護経験のない中年層が、幼児、高齢者、障碍者などの日常感覚や作業環境を理解するのは困難だろう。「現役兵士」として 「活躍」中の人物には、心身上の弱者の生活世界は 縁どおいものだからだ。■つまり、「二等辺三角形」という把握の寓話は、「現役兵士」たちにとっての「死角」にあたるような 認識わくぐみの存在への想像力と配慮の必要性である。かりに「兵士」たちにとって「二等辺三角形」という 非日常的な把握が「現役」生活上重要・不可欠であろうと、心身上の弱者の生活世界と対極であり、普通人にとっても ムリをしなければ ついていけないような「特殊」な 専門性を象徴している。普通人の日常生活に経済的立脚点をおくほかないはずなのに、術語・業界用語をまじえてしまうことをやめられない、医師・弁護士、ほか「専門家」たちが、「説明と同意」「情報開示」という観点から反省をせまられている領域(≒判事・検察官や官僚たちは、一向に反省する きざしが みえない領域)でもある。
■一流のアスリートが障碍者スポーツの指導にはむかないだろうこと、数学者が学習障碍をかかえた児童の算数指導にはむかないだろうことをふまえて、心身のハンディをおった層に、平均以上の能力をそなえた層が指導にあたるばあい、かなりの教育学的配慮が不可欠だろうという含意をくみとることができそうだ。


●「「賢者の表現」と「相対的愚者の理解力」問題
●「「賢者の表現」と「相対的愚者の理解力」問題2

スポンサーサイト

テーマ : 教師のお仕事 - ジャンル : 学校・教育

<< ケータイでブログ更新すること | ホーム | 「わかりにくさ」を伝えること(内田健) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。