プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑存続論への痛烈な皮肉

■旧ブログで それなりにかきためた「死刑制度」論の延長線上の議論。

■「一言メッセージ :面白き事なきこの世を陰鬱に。」というモットーでつづられているらしい『坑外のカナリアもさっき死にました』の、1か月ほどまえの記事。



『誰が』執行したのかも公表すべきだろ(笑)

死刑執行>氏名を公表…東京・大阪で3人 法務省方針転換
12月7日11時49分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000039-mai-soci

 法務省は7日、東京、大阪両拘置所で計3人の死刑を執行し、執行された死刑囚の氏名や犯罪事実を公表した。法改正の必要はないが、これまでは死刑囚の家族や、ほかの死刑囚への配慮を理由に実施しておらず、大きな方針転換となる。執行が適切に行われていることを国民に周知することで、死刑制度への理解を進める狙いもあるとみられる。

 死刑が執行されたのは、▽藤間静波(ふじませいは)(47)=東京拘置所収容▽府川博樹(42)=同▽池本登(74)=大阪拘置所収容=の各死刑囚。死刑は8月23日以来で、鳩山邦夫法相の下では初の執行命令。

 法務省は長い間、「死刑確定者の心情の安定、被害者の遺族感情などへの配慮」を理由に、執行の事実すら公表せず、問い合わせにも答えることはなく、報道機関の独自取材や市民団体の調査によって明らかになるケースも少なくなかった。

 90年代に入り、「聞かれれば執行の事実と人数は答える」とする法相が続き、中村正三郎法相当時の98年11月以降、「本日、死刑確定者○名に対し死刑を執行した」という形で公表されるようになった。

 しかし、「誰が、どこで執行されたのかを明らかにしないのはおかしい」との批判は強く、情報公開の是非は常に議論されてきた。今年8月就任した鳩山法相は省内の勉強会を設置し、死刑廃止団体の意見を聞く機会を設けるなど、制度改善にも前向きな姿勢をみせていた。今回の氏名公表も、勉強会で大きなテーマとして検討を進め、方針変更を決断した。【坂本高志】
……「どーでもいいけどさ、そこまでやるんだったら『誰が』殺ったか、
って事も公表すべきなんじゃないの。
 生産者特定の野菜みたいに『私が殺りました!』って
執行官の笑顔の写真を新聞に掲載すべきなんじゃないかね(笑)」

「『殺りました』じゃなくて『執行しました』でしょ」

「いや『執行しました』じゃなくて『殺りました』だろ(笑)
 犯罪者は一人でも多く、一刻も早く殺して永遠にこの社会から取り除いてほしい、
 という全国民の願望を一人の人間が背負ったんだからな。
 その功労はマスコミが称えてしかるべきだと思うけどなあ?(笑)」

「『誰が』執行したか、ってとこまでリアルになっちゃうとダメなんでしょ。
 あくまで『国の手続きとして処理されました』って感じじゃないと、
 そこまで『殺し』の匂いが濃厚で湯気が立ってるような制度、
 善良な国民の皆さんが支持できなくなるじゃん(笑)」

「アホかっての。
 ハンバーガーや豚カツが大好物でも、●畜場の見学はしたくない、
 ってのと同じ自分勝手だよなあ。死刑に賛成するならそれも受け止めなきゃな」

「まあ復讐のようなものを国家が認めてることろが『野蛮だ』ってのが
 死刑廃止論者のロジックのうちのひとつだけどね」

「ってかそりゃそうだろ。野蛮であることをしっかり認識した上で
 それでもなお肯定する気概があるか、に死刑賛成の重みがあるんだよ。
 例え裁判員制度みたいに死刑執行の役が無作為に国民に回ってくるとしても、
 すすんで国民の義務を果たす気概がない奴に死刑を肯定する資格なんてないね(嘲)」

「ムリでしょ。だって裁判員制度だって『強制的に拘束されるのはオカシイ』
 とかなんとか言ってグズってんだよ。産経新聞とかが(嘲)」

「だったら何の感情も感傷も持たない死刑執行ロボットみたいなのをホンダが作ってさ、
 そいつ殺らせるってのはどうだ?(笑)」
 
「死刑執行命令も自動化しようって話もあるからね(笑)」

「義憤やら社会秩序やら、そういう言葉だけのキレイゴトだけ人間がやって
 ヨゴレ仕事は自動化されたシステムやロボットがやる。
 うーん、これぞ人類がずっと夢見てきた理想の未来だよなあ(嘲)」

「以上、死刑制度を強硬に肯定し続ける、カナリアブログでした☆」
……

----------------------------------
■下品そのものである。フランスの哲学教師オンフレの死刑反対論と同様、死刑執行官の任務をおしつけられる刑務官のたちばに対する想像力がかけている。
■しかし、このぐらい あくどく 明確化しないと、死刑存続論にたつひとびとが 自説に対する確信をゆるがさないことも事実だろう。■その意味では、この記事のコメント欄もふくめて、その姿勢に同意はできかねるが、死刑存続論に対する痛烈な皮肉として、こういった明確化は一度必要悪の確認作業としてさけられまい。
被差別部落がらみの食肉加工業への差別をふくめて、善意の市民たちが直視をさけつづけられる社会構造の暗部として、死刑執行は直視されるべきである。肉食を是とするように、死刑を白日のもとにさらせるか? それとも、家畜解体過程同様、多数派市民の視界から遮断された時空におしとどめたまま こそこそと執行しつづけるのか?


●ウィキペディア「死刑」「日本における死刑」「死刑存廃問題
●ウィキペディア「ベジタリアニズム
●ウィキペディア「屠殺


●「死刑制度について(その2)
●「とじこめる/みはる/ころす
●「たまっていく死刑囚?
●「サディズムの発露としての死刑存続論
●「国家は なぜ死刑囚に自殺をゆるさないか
●「「終身刑」再考
スポンサーサイト

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 死刑 刑務官 国家 犯罪

<< メタ言語論(素描力・批評力・反撃力1) | ホーム | 大学や高校の「単位」理念 >>


コメント

死刑なのだ!これでいいのだ!

公表する必要なし。死刑に抑止力はない。イスラムの戒律にも負けない先進国なねだ。だから死刑なのだ!

「後期高齢者医療より始末の悪い裁判員制度」

という記事が『毎日フォーラム』(7月号)にあります(42~3ページ)。結論部は以下のとおり。

裁判員候補に選ばれた人に通知が来る今年12月ごろになって、裁判員制度に反対する国民運動が起こりそうな予感がする。これは、第二の後期高齢者医療制度騒動?
この国の立法プロセスはあまりにずさんではあるまいか?

死刑は一年以内に確定したらガンガンやれよ

死刑の障壁をぶちこむにはこれくらいが最低限りいる。狂った社会を正すため懲役100年に製鉄高炉投げ込みや氷の柱を抱かせ冷凍室で凍死または切腹を希望者には進呈し絞首刑罰で吊して吊して吊しまくれ。百目ろうそくを撃ち抜いた足首や手首に垂らし、丸太に手足をくくりつけ下から溢れたぎった釜ゆでの中に漬け込む。終身刑はたまに絶食をさせ、死にかけた時点で助けあげる、これくらいせんと駄目だ。但し抑止力は被告の自供にあわせ/関係ない掟の天罰だと逝かしまくれ!

こちらも「最近のコメント」欄からきえそうなので(笑)

フイナリヤケタウュジさま

> 公表する必要なし…

 ↑ ■ご指摘の主旨がわかりかねるのですが?
■当方は、死刑執行者となった刑務官の実名をさらすといった、野蛮な制度を実施しろという、この下品な逆説的批判を紹介したまでです。■当方が、刑務官を殺人者にするな、という論点から、現行の死刑制度に反対してきたことは、この記事の本文のみならず、旧ブログからの一連の記事で、おわかりになるはずです。■当方は、うえに紹介したような下品で、かつ差別的な制度を容認しませんで、公開するなら、死刑執行者を検察官・裁判長・遺族代表という、あらたな死刑執行者とくみかえておこなうべきだと、信ずるものです。そうであれば、冤罪さえ完全にクリアできるなら、死刑全廃には、かならずしもこだわらないと。



貝枝さま
■膨大な情報提供やご意見におこたえできるのは、いつになりますことか…(笑)。■ま、うえとのからみでいえば、裁判員にクジびきできめられて、死刑判決をくだしたばあいには、実名公開とかいったら、だれも死刑ださなくなりそうですね(笑)。いや、単なるわるい冗談ではなくて、クジびきできめられてしまった一般市民だからこそ、匿名で死刑判決かかせるのは全然問題なし、ってのでは、こまりますよね。■しかも、裁判員制度は、もともとの、刑事裁判における被告の権利擁護のための陪審員制度の形式だけかりて、死刑ないし無期懲役・禁固の可能性のあるケースが主軸にされるというのですから、おそろしいはなしです。■職業的裁判官に生死をきめられたくないという被告のために陪審員制度ができたのに、裁判員制度は、裁判を市民にひらくという名目で、重大犯罪の被告を裁判員制度からのがれられなくしたし、えらばれた市民が裁判官同様の心理ストレスにさらされることを自明視している。■その意味では、「裁判官やりたくない」運動が、もりあがりそうな予感はあります。


雪沢 亀吉さま

■かきこみのご趣旨は? ■おもいっきり残酷化すれば、死刑制度の野蛮さがうきぼりになるという、そういったアナーキーなご意見でしょうか?
■当方のコメント欄は、ガチガチの空間ではありませんが、かりに匿名・仮名であれ、発言にはそれ相応の責任感と品位を維持するという暗黙の了解があると信じます。■表現の自由のなのもとに、差別発言やセクハラなどがゆるされないのとおなじです。

加害者の人権より被害者の人権を堅守せよ

死刑は未来永劫に存続です。刑務所の冷暖房はさておきテレビはなし、ラジオにすべき、また被害者および被害者サイドをないがしろにしてきた日弁連がもうすこし被害者サイドの状況を加害者に説明すべき、無実冤罪や恐喝警察の自供強迫主義も加害者有利に対しある。むろんそういったケースは国がわなり検察庁単独で自己責任なら補償すればよい、死刑廃止は時代遅れ、無頓着退行現象にあたる

ずいぶん野蛮な議論にきこえますが

■「無実冤罪や恐喝警察の自供強迫主義も加害者有利に対しある」とは、まさか、冤罪がおころうと、にげきりそうな加害者がひそんであるかぎり、必要悪といったご主旨ですか? ■被害者がわの人権保障と加害者(と確定しているばあいにかぎりますが)の人権保障は別個の問題で、比較すべきものではありませんし、両方を保証できない日本は、野蛮な更新国ですよね?■そういった事実を共有できないかぎり、不毛なやりとりにしかなりそうにありませんね(ヨーロッパの一部で、死刑復活論が少々あがっているぐらいで、「死刑廃止」論が時代おくれであるかのような議論は、暴論では…)。

■ともかく、刑務官に処刑をさせてはじない、野蛮国をどうするおかんがえなのか、明確におっしゃてくれませんかぎりは、議論をする気にはなれません。■死刑存続論者のかたたちで、この件を明確にされたかたを、管見ではひとりもみかけません。

死刑刑無冠の公表は必要なし秩序にんげん社会の構築

全ての被害者にも生存権利があり無作為に死に到らしめた犯罪は万死に値する『どんな素行の悪いヤツでも 言い分を聞き 弁護を つけてよい ここまではまあよい。問題は世界が廃止だ復活だ存続しようが死刑で3年5年以内に怱怱曲を流し捌くべきである。とくに悪質前科再犯者にはだ。

旧ブログ記事をおよみください

死刑賛成派とおぼしきみなさまへ

■みなさんの議論は、当方が過去に旧ブログ等で展開してきた論点をこえていないとおもわれます。
■であるとすれば、この種のかきこみをくりかえせばくりかえすほど、「死刑存続論者は、批判を冷静にうけとめることができず、ひたすら『死刑は必要』の連呼しかできない一群がほとんど」という、イメージを強固にするだけです。■是非とも過去記事をおよみのうえ、小生の議論を「具体的に論破できた」「致命的論理的破綻を発見した」という確信があるかただけ、かきこんでください。
■そうでないかきこみを削除はしませんが、それは、事実上アラシと同義であり、同時に「批判したつもりの破綻した議論の見本集」という、さらしもの状態ですので、ご承知おきのほどを。

政治家と裁判官が招いたモラトリアム早よせい

死刑確定再発犯罪者はにんげんにあらずや!がんがん吊しまくれい!抑止力はあるわけねいだわ。三年未満でどかんどかんとさつ処理し53にんにおおなた死刑せえ。早よせい。がんがん どかんどかん 怠慢じゃ 5年以上 国民の税金で生かすな!麻原しょうオウム に 林真須美 を 今年じゅうに 絞首刑にせよ!公平さ 被害者 サイドの ルールに基づき

こんなかきこみして、社会的意義を感じているんでしょうか?

■前便てかきましたが、「さらしもの状態」として削除しないでおきます。■しかし、知性の偏在には、無残なものがあります。少数とはいえ、こういった「攻撃」に意味を感じる層がそこそこいるというだけで、日本列島にあまり未来がない気分にさせられます。■もちろん、日本列島にはいろいろな集団・個人があり、それぞれが未来をかかえていますが、「死刑制度死守」といった「信念」を表現するために、これほど無意味な文言をかきこめるという心理の不毛さが、実にいたいたしい。

■「アラシ」系のみなさんに通告しますが、今後同質とおもわれる「かきこみ」は、削除します。「削除行為で、ハラナもつかれるだろう」といった。サイバーテロを予定しているのなら、まあ、やってみてください。■「惨状」をみて、対処方法をかんがえます。

■最後に、「アラシ」系の運動員ないし、「市民」に通告します。■ムダですよ。あなたの貴重な人生が、ゴミ・ブロガー(旧ブログとちがって、影響力激減なんですから)に、まとわりつく行為に時間・精力をさいているだけで、あなたの人生のムダです。いくら、時給をいくらかもらっていたにしても…。■あなた(ないしは、「雇用主」)が、こういったブログの影響力を過大評価するという判断自体、政治的布置関係をとりそこねているという点で、実に不毛な運動の一旦でしかないし、カネ・時間・知性をドブにすてる行為です。■わたしのようなゴミ・ブロガーにかかわりあっている時点で、充分無意味な人生をおくっているという、シビアな現実を直視しましょう(笑)。

甘ったれるんじゃねえ叩きころせ吊す刺せ!

岡山津山30にん殺し都井睦雄 毒カレー混入プリンセス主婦 林真須美 新ゆーとぴあポア容認 麻原彰こう 偽称天才画家連続婦女絞殺犯 大久保 清 三菱銀行強盗未遂犯 梅川和美 月ヶ瀬ストーカーひき殺し 姿体遺棄事件 神戸土師君 生首愉快犯 さかきばら聖斗 儂を舐めんな池田附属小鬼畜児童刺殺犯 宅間 守 ねずみ男が 絞首刑は残酷できたら薬物注射がいい 宮崎 勤 京都名古屋東京北海道拳銃連続殺人犯 未成年死刑猶予犯罪者 永山則夫 浅間山荘過激派同志リンチ殺人永田洋子 爆弾製造時効逃亡犯 加藤三郎 あたしゃつかまらんとよ同僚ホステス殺人私財売り払い逃亡犯 福田和子 まな死刑せえ

頑張れニッポン~キャシャーンがやらねば誰が殺る

お嬢ちゃん何してるの幼女猥褻乱暴殺害小林 薫 秋葉原ななにん殺害加藤○○ 選挙カーに搭乗一夫多妻 みつご誕生美人幹部石井久子 ショーコー ショコー 麻原彰晃 柏原芳枝と握手した遠藤に尊師がすべて土谷 無表情でオウム返し新実 走る爆弾娘菊地直子 イケメン兄さん平田 ショーコー ショコー あ・さ・は・ら ショーコー とぼけた顔してババンバン 鳴海 清 とりはばら しとしとぴっちゃん 殺しちゃった 西川○○ ヒロヒトの写真 日本の国旗を中国、台湾、韓国、朝鮮は足で踏みつけ焼き払う 巻き添えになって ウイグル&チベットにっぽんはちからあり正義の国ちゃうの運動 駄目ねえ愛国心と民族自尊心と羞恥やしとやか文化捨てたのすんごい 頑張れニッポン 強いぞニッポン シュウチシン 羞恥心 俺たちは ボンマ ヘッド ボンマ ヘッド そうだネイルマスカラしよう ギルンパ 味噌んぱ ギルンパ セックスマシーン ラウ"マシンしょこたん ですう

死刑の種類が足りない青酸カリウムにタリウム使え

被告は死ぬまで謝罪をしない!からギロチンとかホワイトルームに閉じ込めたらいいなあ

死刑即決執行の為に死刑ロボ死刑器具を先進国にしないと

被害者の人道的尊厳を考えた場合には死刑のやり方を考えたらよ。自衛隊で銃殺とかでよい。いざ戦争に際して国防の観点から銃刀禁止で国家の治安に全幅の信頼を性善説できたにほんほんどの危機やね中国を見習わないと

みな甘いんだよ

死刑が遅すぎる!死刑の種類がたりない!中国みたいに一週間いないに執行せえ!ギロチンに亀山ローソク,氷柱をだかせ、首をピアノ線で吊り、かまゆで,銃殺〃自衛隊や在日米軍にやらそう。めしはあわ・ひえ・いなご・かぶとむしの幼虫でええんや!冷暖房廃止でうちわと扇風機にし薄型テレビやめラジオのみにし懲役300年あとは腎臓や肝臓を次世代のために摘出し即座に麻原彰晃[松本千津夫をかまゆで、加藤智大を弓討ち福田をちんぽ切りにするなど。

裁判員制度についての

記事がありましたので、あげておきます。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/citizen_judge_system/

ちなみに、『週刊現代』の「へそくりヶ丘」の最新号において、裁判員制度は徴兵制への地ならしではないか、との懸念がかかれていました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


風刺の自由と品位(死刑制度とからめて)

■きのうの『朝日』夕刊「素粒子」  鳩山法相の件で千件超の抗議をいただく、「法相は職務を全うしているだけ」「死神とはふざけすぎ」と...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。