プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】安楽死・尊厳死法制化を阻止する会 3.29シンポジウム

“安楽死・尊厳死法制化を阻止する会”
3.29シンポジウム

http://soshisuru.fc2web.com/report/090329.html
http://soshisuru.fc2web.com/

-----------------------------------------------


誰もが願う<生きたい>思いを大切に
広告(MS Word)


 厚労省が昨年終末期医療について、アンケートやヒヤリング懇談会を開催し、尊厳死協会からは「植物状態」を念頭においた法制化の意見が出されています。また、救急医学会のガイドラインを適用し、「延命」中止事例が報道されています。これは放置できないので、阻止する会として検討し、遷延性意識障害者をはじめ、「終末期」と見なされた者が、治療を中止されないよう発言していきましょう。皆さまのご出席をおまちしています。

◆ 日時 : 2009年3月29日(日) 14時~17時 (受付13時45分~)
◆ 場所 : 文京シビックセンター スカイホール
文京区春日1-16-21 文京シビックセンター26階
(TEL 03-5803-1100代表)裏面地図を参照ください
◆ 資料代 : 1,000円
◆ 内容 : 「終末期」医療についての検討会
*ガイドライン後の「終末期」医療の実態、「終末期」「延命」中止とは
*意思決定、意思決定できない者の治療中止                 
尊厳死協会は、「会員の多くは植物状態を念頭においており」「尊厳死法制化」の運動をくりひろげています。このような法制化を阻止するため、次の先生方のご意見をお伺いし、全体で討論しましょう。


      

シンポジスト・タイムスケジュール
 14:15 開会のことば
 14:25 経過報告 阻止する会事務局長 清水昭美
 14:35 シンポジスト 東京第二弁護士会 光石忠敬弁護士
 14:55  〃   横内正利氏 内科医(元浴風会診療部長・現在いずみクリニック院長)
 15:15  〃   山口研一郎氏 脳外科医(やまぐちクリニック院長・現代医療を考える会代表)
 15:35  〃   立岩真也氏 立命館大学 大学院 教授 (資料)
 15:55~16:05  休憩
 16:05      質疑応答
 16:45 閉会のことば

 厚労省が昨年終末期医療について、アンケートやヒヤリング懇談会を開催し、尊厳死協会からは「植物状態」を念頭においた法制化の意見が出されています。また、救急医学会のガイドラインを適用し、「延命」中止事例が報道されています。これは放置できないので、阻止する会として検討し、遷延性意識障害者をはじめ、「終末期」と見なされた者が、治療を中止されないよう発言していきましょう。皆さまのご出席をおまちしています。
 
 ※会場に定員がありますので、ご参加いただける方は事務局宛ご連絡ください。

主催:安楽死・尊厳死法制化を阻止する会
阻止する会代表 原田正純熊本学園大学教授)・世話人(五十音順)柏原晃一(弁護士)・清水建夫(弁護士)
清水昭美(「脳死」・臓器移植を許さない市民の会代表)・立岩真也(立命館大学大学院教授)・鶴見俊輔(哲学者)
橋本操(NPO法人ALS/MNDサポートセンター・さくら会会長)・八木晃介花園大学教授)

連絡先:安楽死・尊厳死法制化を阻止する会事務局 事務局長 清水昭美
東京都中央区銀座6-9-7 近畿建物銀座ビル7階 銀座通り法律事務所内
TEL:03-5568-7603  FAX:03-5568-7607
メールアドレス:shimizu@ginzadori-law.jp ホームページ:http://soshisuru.fc2web.com/

文京シビックホール




●旧ブログ記事「ALS 不動の身体と息する機械
●旧ブログ「ALS」関連記事


スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

<< 現代日本語における恣意的漢字表記の実例1(麻生) | ホーム | 【転載】公開シンポジウム:「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」に何を期待するか >>


コメント

『ジュリスト』1393号(2月1日号)にも

特集2として、臓器移植法改正がとりあげられていますな。まだ読んでいませんが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。