プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】『ケーススタディ障がいと人権』出版記念シンポジウム

 4月25日(土)、下記のシンポジウムが開催されます。

 小社4月中旬刊行予定、『ケーススタディ障がいと人権http://www.seikatsushoin.com/bk/shogaitojinken.htmlの刊行を記念してのシンポジウムで、当日は当該書籍も特価で販売予定です。



 権利侵害の事例を、法廷に立った当事者、タッグを組んだ弁護士が、一緒に壇上で語る第一部と、障害と障害者に関わる法制度をめぐる喫緊の課題について報告され議論される第二部、 という構成になっています。

ご参加よろしくお願いいたします。

情報の転載・転送大歓迎です。
______________________

障がいのある仲間が法廷を熱くした!~障がい者への権利侵害事例と法廷での闘い

『ケーススタディ障がいと人権』出版記念シンポジウム
 障害のある人が、権利救済を求めるときに、大きなハードルがあります。第1に、法制度が障害のある人に対する配慮を義務付ける内容になっていない中で、これを突破する弁護士を探す必要があること、第2に障害のある人自身が自分の考えを持って裁判で闘う決意をしなければならないこと。

 このシンポジウムは、『ケーススタディ障がいと人権』(生活書院4月中旬刊行)の出版を記念して、法的制度的ハードルを突破しようと取り組んだ弁護士と、自ら決意し、法廷を熱くした障害のある原告が、呼びかけます。
 あなたも、権利回復に立ち上がって下さい。我々が支援します。

日時  2009年4月25日(土) 午後1時30分~4時40分(受付午後1時~)
場所  新宿区立産業会館[BIZ新宿] 
     〒160-0023 新宿区西新宿6-8-2 ℡.03-3344-3011
     東京メトロ丸の内線西新宿駅」より徒歩5分
     都営地下鉄大江戸線都庁前駅」より徒歩10分

主催  障害と人権全国弁護士ネット
参加費 1000円(当日は手話通訳があります)
問合せ先 黒嵜隆弁護士 フロンティア法律事務所 ℡.03-6912-3811


プログラム(予定)

司会者挨拶   黒嵜隆弁護士   
主催者開会挨拶 竹下義樹弁護士  

第一部 障がいを持つ仲間が法廷を熱くした!~当事者と担当弁護士による事例報告
13時45分~15時25分

①JR高架駅エレベーター訴訟 宮崎茂さん+池田直樹弁護士 
②鈴木支援費訴訟 鈴木敬治さん+藤岡毅弁護士 

この他に3事例ほど調整準備中

  (休憩)

第二部 障害者の権利条約批准への動き、差別禁止法の制定への流れ
15時40分~16時20分
報告者 池原毅和弁護士

シンポジウムのまとめ 池田直樹弁護士 
主催者閉会挨拶 清水建夫弁護士 
_________________

高橋 淳

(株)生活書院
〒160-0008
東京都新宿区三栄町17-2木原ビル303
tel 03-3226-1203 fax 03-3226-1204
takahashi@seikatsushoin.com
www.seikatsushoin.com
スポンサーサイト

<< 【転載】「財政改革と今後の公共施設のあり方」(とよなか国際交流センター) | ホーム | 法科大学院定員18%減、予定なし6校(読売) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。