プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道頓堀川投げ込み事件で一審有罪は、女性検事の証拠隠滅が原因(ヤメ蚊)

■ヤメ蚊(ブン)さんによるブログ『情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)』の先日の記事(リンクをかってに追加)。

“道頓堀川投げ込み事件で一審有罪は、女性検事の証拠隠滅が原因~創4月号”


 検察官が証拠を隠したために、無実の被告人が一審で有罪となったことが、月刊「創」4月号に掲載されている。三井環・元高検検事の衝撃的な告発だ。もし、弁護側が、有罪となる証拠を隠したら、証拠隠滅で起訴されるかもしれない。しかし、検察官が無罪側の証拠を隠してもまったく罪にも問われないのは、どう考えてもバランスを欠くのではないか?

 三井氏の告発によると、有名な道頓堀川ホームレス投げ込み致死事件で、2人の男性が起訴され、1人は共同で投げ込みをしたと自白し、1人は自分はしていないと主張した。検察官は二人で投げ込みをしたという供述調書を提出した。

 弁護側は、単独で投げ込んだという目撃情報があることをどこかで知り、検察にその目撃者の供述調書の証拠開示を求めたが、担当の女性検事はこれを拒否。裁判所も特に開示を命じることなく、二人とも有罪となった。

 控訴審を担当した検事が三井氏。彼が記録をみたところ、単独で行ったという2人の目撃者の調書があったという。驚いた三井氏が検事を呼び寄せたところ、不利だから出さなかったと、いかにも問われることが不服そうに答えたという。

 三井氏がこの調書を提出し、裁判所で調べた結果、二人でやったという目撃証言をした人の位置からは、被告人二人が重なって見えたため、本当は単独で投げ込んだのに、二人で投げたように見えただけであったことがわかった。

 結果は、否認していた一人は、無罪となったという。

 この女性検事は、いまも、検察官をしているのだろうか?

 何人の罪なき人を刑務所に送り込んだのだろうか?

 そして、この女性検事の判断を「可」とした上司は…。


 これは、まさに、検察官が証拠を隠してもよいようなシステムになっていることが問題であることが明確に分かる事例だ。できれば、いまからでも、国賠で検事の責任を問うべきだろう。

 さらに、報道機関はいったい、何をしているのか?

 4月号が出てもうかなり時間がたつが、同じ道頓堀川でのカーネルサンダースの発見などよりも、はるかに重大な事実をなぜ、まったく報道しないのか?

 もし、この三井さんの告発が、「創」だけの報道で終わったら、この国のメディアに対し、「カーネルサンダースとともに道頓堀川に沈んでおけ」と言いたい。

--------------------------------------------
■権力犯罪の典型例というべきだろう。はっきりいって、カーネルサンダース氏のコピー人形の騒動なんて、どうでもいいことだ。

スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 1984年 真理省 ハイパー独裁

<< 「組合怖い」農水省ヤミ専従黙認…組織率97%(読売) | ホーム | 「ひとかたまりの思考(イメージ)」を、言語化=線状化すること【追記あり】 >>


コメント

道頓堀・ホームレス投げ込み殺害事件

http://yabusaka.moo.jp/doutonbori.htm

 ↑ 全然訂正される気配がみられない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


日本の刑事裁判99%の有罪率の理由?

ひどい話だ。。。。 >検察官が証拠を隠したために、無実の被告人が一審で有罪となったことが、月刊「創」4月号に掲載されている。三井環・元高検検事の衝撃的な告発だ。もし、弁護側が、有罪となる証拠を隠したら、証拠隠滅で起訴されるかもしれない。しかし、検察官...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。