プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界2500言語消滅危機、ユネスコ「日本は8語対象」(朝日)

■「【紹介】「継承言語研究に関するワークショップ」」の関連記事。


世界2500言語消滅危機、ユネスコ「日本は8語対象」
2009年2月20日14時19分
  
 【パリ=国末憲人】世界で約2500の言語が消滅の危機にさらされているとの調査結果を、国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)が19日発表した。日本では、アイヌ語が最も危険な状態にある言語と分類されたほか、八丈島南西諸島の各方言も独立の言語と見なされ、計8言語がリストに加えられた。

 調査は、全世界で6千前後あるといわれる言語を調査。538言語が最も危険な「極めて深刻」に分類された。続いて「重大な危険」が502語、「危険」が632語、「脆弱(ぜいじゃく)」が607語だった。

 また、1950年以降消滅した言語が219語にのぼった。最近では08年、米アラスカ州でイヤック語が、最後の話者の死亡で途絶えた。
消滅の危機にある言語1消滅の危機にある言語2


 日本では、アイヌ語について話し手が15人とされ、「極めて深刻」と評価された。財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構(札幌市)は「アイヌ語を日常的に使う人はほとんどいない」としている。

 このほか沖縄県の八重山語、与那国語が「重大な危険」に、沖縄語、国頭(くにがみ)語、宮古語、鹿児島県・奄美諸島の奄美語、東京都・八丈島などの八丈語が「危険」と分類された。ユネスコの担当者は「これらの言語が日本で方言として扱われているのは認識しているが、国際的な基準だと独立の言語と扱うのが妥当と考えた」と話した。



 ユネスコは96年と01年にも危機にさらされている言語調査を実施。今回は30人以上の言語学者を動員して全世界を包括的にカバーする例のない規模の調査となった。目的について、ユネスコは「言語は常に変化する。その変化の実態を知るため」と説明。今後継続的に調査を続けるという。

 ユネスコのフランソワーズ・リビエール事務局長補は「言語消滅の原因には、次世代に伝える意思を失うという心理的要素が大きい。自信を持って少数言語を話せるよう条件づくりに努めたい」と話している。
  
     ◇

 崎山理国立民族学博物館名誉教授(言語学)の話 方言と言語の区別は明確ではなく、政治的に決まってくる部分もある。私は話し手が固有の文化を持っていれば、独立した言語とするべきだと思う。琉球諸島では、かつてはそれぞれの島の言葉は大きく異なっていたが、交通が盛んになるにつれて元の形が失われている。単一民族神話も手伝って、日本で話されている言語は一つだけと思われがちだが、実は多様性があることを知ってほしい。

     ◇

 西岡敏沖縄国際大准教授(琉球方言学)の話 沖縄のほとんどの言語は危機にひんしている。言語を文化遺産として認識し、保全していくことは重要だ。ただ、沖縄では村ごとに言葉が違うと言われる。今回のような大きな枠組みでくくることが正しいのか、そこで漏れたもっと少数派の方言をどうするか、など考えなければならない点もあるだろう。

------------------------------------------
■インタビューだから、しかたがないが、「方言と言語の区別は明確ではなく、政治的に決まってくる部分もある。私は話し手が固有の文化を持っていれば、独立した言語とするべきだと思う。琉球諸島では、かつてはそれぞれの島の言葉は大きく異なっていたが、交通が盛んになるにつれて元の形が失われている。単一民族神話も手伝って、日本で話されている言語は一つだけと思われがちだが、実は多様性があることを知ってほしい。 」とは、意味不明なコメント。
■こんなふうな、「訂正が必要か?」 →「方言と言語の区別は判断困難であり、結局政治的に決まってくる。話し手が固有の文化を持っていると信じていれば、独立した言語とするべきだ。琉球諸島では、交通が盛んになるにつれて元の形が失われているが、かつてはそれぞれの島の言葉は大きく異なっていたし、宮古島などを中心に列島間での言語差は依然ちいさくない。日本列島上の差異もおおきいが、琉球列島上はそれ以上あるともいえる。ましてや、日本列島と琉球列島とでは、大きく異なっている。戦後は、単一民族神話も手伝って、日本で話されている言語は一つだけと思われがちだが、実は多様性があることを知ってほしい。 ウチナーヤマトゥグチだけ聞いて大体ききとれるからといって、おなじ日本語圏と決めてかかるのは、まちがっている…

■「沖縄のほとんどの言語は危機にひんしている。言語を文化遺産として認識し、保全していくことは重要だ。ただ、沖縄では村ごとに言葉が違うと言われる。今回のような大きな枠組みでくくることが正しいのか、そこで漏れたもっと少数派の方言をどうするか、など考えなければならない点もあるだろう。」←このコメントも、記述言語学系の予算とりイデオロギーのかおりがしてくる。「生活保護予算や失業対策予算、医療崩壊対策費こそ最優先事項」といった正論に、どう対抗できるだろうか?
■ところで、「琉球方言学」ってのは、独立した「琉球語」があるとしたうえでの、内部分化を記述・比較するという視座なのだろうか? また、「沖縄のほとんどの言語は危機にひんしている」というんだが、それは、沖縄島周辺の、広義の「うちなあぐち」だけをさすのか? 「今回のような大きな枠組みでくくることが正しいのか」という批判は、くくることが困難だという意味なら妥当だろうけど、「そこで漏れたもっと少数派の方言をどうするか」などといっている点をみれば、「大きな枠組み」という、おおざっぱな くくりかた(「あらっぽさ」)の問題性というより、くくることが不可能な差異の問題だとおもうんだが、破綻してないか?


スポンサーサイト

テーマ : ことば - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< 時間経過と問題解消 | ホーム | 「日本文学という奇跡?」 とでもいいたいらしい… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。