プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育の日=祝日の意味再考22

■旧ブログから、ダラダラつづく 本シリーズも、ときどきだが、なかなかの人気もの(笑)。「祝日の意味再考」シリーズ(日記内旧ブログ内)のつづき。
■シリーズ外の旧ブログ記事「体育の日を強化月間みたいにしたスポーツ振興ってなに?=スポーツからみた日本社会19」 [2006/10/09」の補足記事。


■Yahoo検索で「祝日の意味」と奇異ワード検索すると、第一にかがやく、この文章(shin-ya氏による、過去のエッセイ集「きまぐれMessenger」のひとつ)。


祝日の意味 2000.10.09 (Mon.)
 今日は10月9日―。なのに体育の日。
 例の小渕内閣のときに、国旗・国歌法案と同様、強行採決した祝日法改正案。それがために、1月の成人の日と今回の体育の日が第2月曜になった。
 3連休を増やして、まとまった休みを取らせ、景気回復を狙う・・・? それならそれで、なぜ体育の日や成人の日でなければならないのか。他にもっとマイナーな祝日があるだろう。しかも、体育の日は、東京オリンピックの開会した記念日としてつくられた祝日である。よその国であったオリンピックでもあれだけ興奮する日本人なのだから、東京オリンピックと言えば、大変重要な歴史の1ページであるはずだ。これを機にカラーテレビが普及し始めたなどという国民生活にも影響の大きかった出来事である。その記念日をなぜ1代の内閣によって変えられなければならないのか。たとえば、古今東西ゲームをして、祝日の名前と言ったら、上位5位以内に入ってくるメジャーな祝日は、いくら3連休ができるといっても、変えてはいけない。ましてや、体育の日は歴史的な記念日なのだから。
 祝日の改正には反対しない。しかし、やるならもっとその意味を考えてからしろ。ただそれだけの話だ。たとえば、敬老の日のような9月の中途半端な時期にある祝日とか、勤労感謝の日とか・・・。それこそ、勤労感謝の日を5月1日のメーデーに当てて、間に挟まれた2日を4日のように国民の休日にすると、カレンダー上は少なくとも5連休になり、ゴールデンウィークもそれらしくなる。
 また、これは自民党政権である以上ありえないことで、発言に対して危険を伴うものだが、2月11日の建国記念日は明らかに紀元節(初代天皇・神武天皇の即位の日と、右翼は言う)であり、戦前の明治憲法が公布された日でもある。戦後、天皇は象徴となり、“神”ではなくなった。その流れの中で、戦前の日本を引きずる紀元節の2月11日は、その思想の人だけが天皇をたたえる日とすればいいもので、国を挙げての祝日にする意味はない。それなら、この日を第2月曜にすればいいじゃないか・・・とまぁ、話は尽きない...

-------------------------------------
【かきかけ】
●「祝日の意味再考
●「祝日の意味再考2:文化の日
●「建国神話の政治的意味=祝日の意味再考3
●「祝日の意味再考4:みどりの日
●「増補版Wikipedia 「海の日」=祝日の意味再考5
●「祝日の意味再考6:勤労感謝の日
●「祝日の意味再考7:天皇誕生日
●「祝日の意味再考8:元日=取捨選択版Wikipedia
●「元始祭(増補版Wikipedia)
●「祝日の意味再考9:成人の日=取捨選択版Wikipedia
●「雛祭り(取捨選択版Wikipedia)
●「祝日の意味再考10:昭和の日
●「祝日の意味再考11:昭和の日2 (西村真悟の時事通信)
●「祝日の意味再考12=憲法記念日1
●「祝日の意味再考13=憲法記念日2
●「祝日の意味再考14=みどりの日2
●「祝日の意味再考15=こどもの日
●「冬至・天皇誕生日・クリスマスイブ
●「祝日の意味再考16:成人の日2=取捨選択版Wikipedia
●「祝日の意味再考17:春分の日=取捨選択版Wikipedia
●「取捨選択版Wikipedia「ハッピーマンデー制度」=祝日の意味再考18
●「戦前・戦後の祝祭日の連続性=祝日の意味再考19

スポンサーサイト

タグ : ナショナリズム

<< 【転載】高木基金 第2回 ごみ処分場・ごみ処理施設問題公開研究会 | ホーム | 現代日本語における恣意的漢字表記の実例11(太田) >>


コメント

勤労感謝の日は新嘗祭の日。体育の日や敬老の日とは「格」が違うのです。天皇制護持です。

他の日は連休つくりに使えたわけです。これも大衆迎合主義と景気対策からでしょうか。その恩恵を受けるのは、連休を休んでも月給や年収が保障されている人たちだけでしょう。日給生活者には、休みたいけれど、金ではきつい「連休」です。

でも、これからそういう若者達が増えていくのではないでしょうか。季節、正規、アルバイト・パートにとっても、金や銀の週間になるでしょうか。


加筆の可能性がひくので、こちらに

■体育の日が10月10日で固定だなどいうのは、半世紀ちかくもまえの巨大イベントを国民的経験だなどと過大評価できる年代だけの意識でしょう。まあ、第三者からは、ほとんど共感をえられないナショナリズムですね。中国も8月8日を、「国民体育記念日」とか、しかねませんが。
■「日給月給制」とかいう、使用者本位で、全然労働者のつごうをかんがえていない、セコいシステムがありますが(http://tetuyaf.livedoor.biz/archives/28909593.html 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%83%E9%87%91#.E6.94.AF.E6.89.95.E3.81.84.E3.81.AE.E5.8D.98.E4.BD.8D)、いまどきの 常勤職にありつけない わかものの大半は、住所不定とかではなくて、月給支給日まで、くらせない。という実態でしたね。■市場が収縮して、なりふりかまっていられない状況のいま。外国人研修生制度の悪用もふくめて、最底辺の労働力の賃金水準へと徐々にシフトするというおぞましい趨勢があります。マルクスが予測したとおり、どうにかくえる最低限水準まで、労働単価の「価格破壊」がすすめられるような気がします。以前は主婦がパート代を搾取されていたように。
■そんななか、bananaさんご指摘のとおり、「祝日がおおい」≒「現金収入の回路が減少する」≒「あそびにいきたし、カサはなし…」状態で休日は「ひきこもり」をしいられる…。≒連休のにぎわいを報ずるテレビ等の論調が、うとましいというより、にくらしく感じる…といった、悪循環スパイラルになりそうですね。

http://tactac.blog.drecom.jp/archive/227

…■以前、「「職務の偏在」の遍在1」「「職務の偏在」の遍在2」でのべたとおり、おなじ職場内だって、労働条件の質/量には、おおきな ムラがある。■また、「退職移住者の階層差」でものべたとおり、「退職」後だって、経済階層に 相関するかたちで、ユトリの 格差は、歴然としている。■たとえば、愛知万博とかディズニーランドなどが 連日の盛況で、「日本人は、さぞやヒマなんだろう」とか、「ホームレスやニートとか、不労層をこんなかかえられる日本は、ものすごい ゆたかさだ」とか、皮肉まじりに いわれるが、はたらきたくても はたらけない層は ぶあつく存在するし、いきぬきしたいのに それどころじゃない層も ぶあつく存在する。■人材活用と 所得/時間のユトリ、という両面で、現代日本は、アメリカとならんで、ものすごい ムリ/ムダ/ムラを 際限なく くりかえしている 時空だとおもう。■そんななかで、とりあえず 「カレンダーどおり やすめる風潮」が 一部の階層/集団に とどまるかぎり、それは 余暇時間の 格差拡大ってことだろう。けっして「有閑階級」の大衆化なんかじゃない。■「やすみが ふえると、うれしい」ってのは、学校の生徒と ノンキャリアの地方公務員ぐらいなんじゃないか? ■学校の先生は、クラブの顧問やらで、事実上の「休日出勤」=無給だったりするし、「月曜日が土日化して、学事日程がくみづらくて しかたがない」って、大学関係者もおおいみたいだし。…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。