プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】一般公開セミナー「視覚障害者GPS歩行支援システムの開発」

一般公開セミナー「視覚障害者GPS歩行支援システムの開発」のお知らせ(転載歓迎)です。

セミナー概要

 視覚障害者の歩行を支援する機器には、視覚障害者誘導用ブロックを始めとして様々なものが存在していますが、現在も最新の技術を駆使したシステム開発が日々行われています。
 その中でも、GPS(Global Positioning System)を使用した歩行支援システム開発は、最も注目を集めている分野であるといっても過言ではありません。
 このセミナーでは、3人の講師がGPS歩行支援システム開発の現状・問題点、また今後の可能性についてお話しいたします。
 多数の方のご参加をお待ちしております。

セミナー詳細

■日時

2009年2月7日(土)
[受付] 13:00~
[セミナー] 13:30~16:30
■プログラム

石川 准 (静岡県立大学 国際関係学部 教授)
ブレイルセンスGPSナビの紹介」

青木 恭太 (宇都宮大学 工学研究科 情報システム科学専攻 准教授)
画像処理技術による歩行支援の未来」

村山 慎二郎 (宇都宮大学 工学部・NPO法人SPAN
方位加速度センサーによる誤差補正技術の可能性」

■会場・定員等
会場 : 日本点字図書館
〒169-8586 東京都新宿区高田馬場1-23-4
【TEL】03-3209-0241 (代表)
会場の地図はこちら

定員 : 50名程度
参加費 : 無料

 
■主催/共催
主催 : 静岡県立大学 国際関係学部 石川研究室
共催 : 宇都宮大学 工学研究科 青木研究室

■お申し込み
申込先 : 静岡県立大学 国際関係学部 石川研究室 担当/山下
【e-mail】yamashita@sheep.u-shizuoka-ken.ac.jp

※ 席に限りがありますので、事前にメールにてお申し込み頂けると幸いです。
※ お名前とご連絡先を明記ください。

お問い合わせ先 : 静岡県立大学 国際関係学部 石川研究室 【TEL・FAX】054-264-5325
スポンサーサイト

<< 【転載】国際シンポジウム 「地域における障害者のインクルーシブな情報支援」 | ホーム | あやしい「日本漢字能力検定協会」=「ムダ」とはなにか46 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。