プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣村「真面目な人なのか」発言 ネットでは擁護論目立つ(Jcast)

“派遣村「真面目な人なのか」発言
 ネットでは擁護論目立つ”

2009/1/ 6
いわゆる「派遣切り」にあった労働者を支援しようと、年末年始に東京・日比谷公園に開設された「年越し支援村」をめぐり、思わぬ「場外乱闘」が発生している。坂本哲志総務政務官(自民、衆院当選2回)が、派遣村について「本当に真面目に働こうとしている人が集まっているのか」と苦言を呈したところ、野党が猛反発。翌日には、発言の撤回・謝罪に追い込まれた。ところが、ネット上では、「ホームレスと派遣の線引きはどうするのか」「本当に大変なの?」などと、発言を擁護する声もあり、坂本政務次官の「孤立無援ぶり」とは、少々様相が異なっている。

「戦術、戦略が垣間見えるような気がした」
派遣村は2008年12月31日から1月5日にかけて日比谷公園に開設され、主催者発表では499人が「入村」した。1月2日夜から1月5日朝にかけては、厚生労働省の講堂も寝泊まりの場所として開放された。

ところが、「閉村」とほぼ同時期に行われた坂本政務官の発言が、大きな波紋を呼んだ。坂本政務官は1月5日の総務省の仕事始めのあいさつで、

「年越し派遣村、日比谷公園の情景を見るとき、これは本当なんだろうか、本当に真面目に働こうとしている人たちが、こうやって日比谷公園に集まっているのかなぁ、という気もいたしました」
と、「派遣村」のあり方について疑問を呈した。さらに、

「(集まった人が、厚生労働省の)講堂を開けろ、もっといろんな人が出てこい(と言っていた)。何かしら、学生紛争の時の『学内を開放しろ』『学長出てこい』という戦術、戦略が垣間見えるような気がした」
と続けた。これに対して野党側は一斉に反発。例えば、翌1月6日朝のTBS系情報番組「朝ズバッ!」に出演した共産党の穀田恵二国対委員長は、発言を引き合いに

「本当に国民が苦しんでいる、ということに心を寄せていない内閣」
と批判。連日、派遣村を応援に訪れていた社民党の福島みずほ党首も、同番組中で

「自殺を図って、お巡りさんに助けてもらって派遣村に来た人もいる。もちろんホームレスの方もいましたけど、その(ホームレスになる)前に雇用を失っている。派遣切りの人も一定(数)いるんですよ。あの発言の『この人たちは働く気があるのか』というのは絶対に許せない。みんな『命をつなげるか』というレベルで生きているんです」
と、語気を強めた。


この数時間後には、坂本政務官は記者会見を開き、

「関係している多くの皆様方に、色々ご不快な面、ご迷惑をおかけいたしました。昨日の発言を撤回させていただき、そして、皆様方にお詫びを申し上げたいと思っております。 本当に申し訳ありませんでした」
と、あっさり発言を撤回し、謝罪した。河村建夫官房長官も、記者会見で

「職を失って本当に困っておられる実態があるということを考えますと、不適切であると、私もそう思いました。政府の一員としての発言でありますから、十分そうした配慮が必要だということは注意をさせていただいた」
と述べ、与野党ともに「不適切」との見解で、坂本政務官は、「孤立無援」同然の状態に見える。

「派遣村、継続や移転すべきでない」が71.34%
ところが、ネット上に目を転ずると、若干様子が異なるようなのだ。

例えば、ライブドアが1月4日にサイト上で始めた「派遣村、継続や移転すべき?」というテーマのアンケートでは、1月6日18時現在で約6万1000件寄せられている回答のうち、「するべき」との回答は28.65%なのに対し、「するべきでない」は71.34%。寄せられたコメントの内容を見ても、派遣村に否定的なものが多い。例えば、

「ホームレスと派遣村の住民(?)と、どこで線引きするのでしょうか?」
「より好みしなければ、仕事はある。 バイトはイヤ、派遣はイヤ、終身雇用がいいなど言って働かない人を支援する必要があるのでしょうか?」
といった具合だ、もちろん、派遣村は雇用不安を背景に設けられたという背景があるだけに、

「人間生きている中で困っていることがあったら、支援しなきゃいけないしボランティアをする時は何らかの行動を起こさないと何も始まらない」
「国の政策の失敗です」
「セイフティーネットが準備されなかった政府の無策の結果。 企業が雇用責任を全うしなかったことの結果」
と継続的な支援が必要だとする声もある。

また、2ちゃんねるなどのネット上の掲示板を見ても、ライブドアでの投票と同様、「派遣労働者以外が『派遣村』に流入しているのではないか」「本当に生活できないのか」といった指摘が目立つ。

ヤフーの「みんなの政治」の政治家データベースでも、坂本政務官に対して多数のコメントが寄せられている。内容は、発言をすぐ撤回したことに対する批判や、発言の内容に対する批判も多いが、

「せっかく、すばらしい発言をしたのにもう撤回とは」
「普通に働いている者からすれは『その通り!』と言いたくなる」
と、発言自体には共感を示す同情的な声も散見され、賛否両論といったところだ。

---------------------------------------
■ネット上の意見が、平均値・中央値・最頻値なんぞとちがって、かなり かたよったものであることは、よくしられた事実だ。アンケートのたぐいも、全然、「全体」の「代表」例にならないことぐらいはね。

■ひとが、タブーにしばられた存在であり、生物的に くえるもの、まとえるもの、すまうことができる条件に ストレートに対応できない さがをかかえていることは、さまざまなタブーや規範・美意識で、はっきりしている普遍的事実。「より好みしなければ、仕事はある」だの「 バイトはイヤ、派遣はイヤ、終身雇用がいいなど言って働かない人」といった、きめつけをする連中は、ほんとに、羞恥心を全部すてて、ただ いきるだけといった修羅場を経験したことがあるんだろうか? おそらく、そうじゃない。したこともない経験を、想像だけで かたって、苦境にある人間たちをいたぶって、よろこんでいる(自覚はないだろうが)。■実に野蛮な国である。

売春防止法は売買春を禁じているが、単純売春についての罰則規定をもうけていない。貧困層の女性をせめることの問題、実効性を疑問視した、保護立法だからだ。それが、いくら偽善的とはいえ、売春をするよう おいつめられた女性たちへの最低限の愛情がみてとれる。■それはともかく、単純売春は罰せられない。「より好みしなければ、仕事はある」だのとくちばしった男女は、男娼・娼婦として、いきのびるんだよね。■というか、アルミ缶を、一日中ひろっても食費がかせげないとか、そういったレベルで、現実的にやとわれない層が実在することを無視した議論を平然とのべるぐらいだから、売春は、選択肢にはいっていなければ、ヘンだよね。「より好みしなければ、仕事はある」と豪語するんだから、いきのびるためには、ひとをきずつけないことなら、なんでもするんでしょ? そうでなければ、すじがとおらない。

■失業者、半失業者への支援もおこなわなければ、あらたな雇用さきも創出しない人物が、言論上、いたぶるような努力ははらうということは、いかにも ゆがんだ余暇だね。■そんな暴力性を発揮するエネルギーがのこっているなら、知恵をしぼって、まえむきな社会をくみたてようよ。これほど、くだらんエネルギーの浪費はすくないとおもう。■坂本某の かたもって、どうするんだよ。こんな人間がエリート層にぬくぬくしていること自体、ものすごいムダだとおもわないのかね?
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< かなり まともな日本語論 | ホーム | 大阪府幹部が知事メール相次ぎ削除、「公開対象」報告受け(読売) >>


コメント

生活保護受給者でパチンコ・競艇などギャンブルに明け暮れている人達を多く知っていますが(そうでない人も多いですが)、その方よりも貧しくて家も無い人間には絶対自分はならないという自信を持っている人の意見でしょうけど、今の日本だと10年後までに自分も同じかそれ以下の生活環境になる可能性は誰にでもあると思えば、一連の政策をそない批判はできないでしょう。

まして、認知症にでもなったら、知らない内にお金を次々取られて無一文になる高齢者が将来増えると考えられるし・・・。

坂本は使い捨てどころか「使い壊し・使いつぶし・使い殺し」というほかない職場があることを、分かっていないのではないでしょうか。
だいたい派遣なんて首にするために雇っているんです。会社は黒字であっても、株価のためにリストラしますから。
求人誌はかつてない薄さとなり、たとえば登録型派遣5社と転職用サイト2つに登録しても職がない人もいます。
1/4に大阪・北の扇町公園のテント村に行ってきたら、
資格やスキルのある人たちも失業していました。
自称「ニート」で、家はあるので半分は支援者・半分は「当事者」だと言う20代後半の女性もいました。
そこの支援者たちもまた、不安定化進行中です。
学生運動の戦術云々の発言は、
中流以上の大人からすれば学生も労働者も失業者も、
「周辺者か下の者ならみな秩序紊乱者・異端分子(に見える)」というだけの認識でしょう。
いかにも勤勉主義の固まりの工業社会エリート的な、だれた発言です。

片や、「もやい」の湯浅誠さんみたいな、かなり脱優等生した人、
言い換えれば「逃げる学力」を振り捨てようとする人たちもいることは希望です。

自分たちの税金がムダづかいされていると、カンちがいしている連中

Mさま
■はっきりいって、いきるのに必死な層は、やっかみを表現しているヒマなどないとおもいます。


ワタリさん
■ワタリさんが指摘するような「現場」の実情を、役人やら政治家につきつける いい方法ないでしょうかね…。■やはり、「もやい」の運動とかが認知されていくしかないのかとも…。

なにがリベラル左派だよ。バリバリ極左じゃん。
派遣問題からなんで売春に話がとんでだよ。
バカじゃん。

日本版ポリティカルコンパスの客観性

については、わかりませんが、それなりに よくできているとおもいますよ。■そして、当方は、どうみても極左ではなく、当方が極左にみえるひとは、どうみても右派です(笑)。■一度、測定してみることをおすすめします。

■ちなみに、冷静に議論することは全然できず、匿名で、こういった攻撃的なラクガキをするだけの人物に、知性・品性が不足している(ない?)ぐらいのことは、ここのギャラリーの大半が認識しています。だって、「バカじゃん」の根拠は、派遣→売春という、議論の展開だけでしょ? ひとを いきなりバカよばわりしていい根拠が明確にかけないってことは、当方の議論も理解できない程度の知性であり、にもかかわらず、ひとをバカにしていいとカンちがい(「合理化」)できてしまう知力水準だと、公言しているようなものです。
■おバカな左派はたしかに有害無益ですが、右派の大半は有害無益ですね。典型例として、このまま削除しないでおきます。ま、どうせ、確認などしにこないでしょうが、マレに飛来する同類のギャラリーが同質のかきこみをひかえるように。

極左って警察用語かな

あたし中学校時代のあだ名がロベスピエールだったから、「極左」って言葉に親近感があります。

別に政治思想的にロベスピエールではなく、社会科の教師が「青白い顔で何を考えているのかわからない」とロベスピエールのことを言ったからついたんですけど。
ふん。「ミラボー伯」といわれるよりましじゃ。
「ダントン」もビジュアル的にはどうだったんだろう。

「極左」っていうと、うちゲバ?

■もっとも、ヨシフ・スターリンや毛沢東みたいに大量粛清した権力者もいましたね。■でも、当方の「極左」のイメージは、ロベスピエールたちにはじまり、最後は連合赤軍という感じですね。
■ともあれ、当方のような層を、歴史的経緯もわきまえずに「極左」よばわりする世代がでてきたのは、保守政治家や右派メディアの罪科ですけど、戦前の「アカ」よばわりとにた 非常にヤバい空気を感じさせます。■リベラル左派はもちろん、リベラル右派までも「アカ」よばわりした時点で、その社会はファシズムですね。ほとんど自制がきかない暴走空間です。気をつけないと…。

「産経」が、「派遣村」を「好意的」に とりあげる惨状

「恩返ししたい」派遣村の元村民が炊き出し
11月23日16時45分配信 産経新聞
 東京・日比谷公園の「年越し派遣村」で支援を受けた元村民らのボランティアチームが23日、「勤労に感謝できない日」と銘打ち、東京・芝公園で炊き出しを行った。ホームレスら約500人に豚汁やふかしイモなどを配布。主催した元村民の多くは現在も生活保護で暮らしており、「派遣村でお世話になった恩返しがしたい」との思いから、この日の炊き出しを企画した。

 代表を務める元村民の男性(48)は、千葉県内の運送会社で契約社員としてトラック運転手をしていたが、約2年前に積み荷の下敷きになって右足を骨折。直後に解雇され、間もなくアパートも追い出された。ネットカフェなどを転々としていたが、今年1月2日にニュースで派遣村を知り、助けを求めた。

 男性は派遣村のボランティアに同行してもらい、生活保護を申請。千葉県内にアパートを借りることもできた。足や腰などに痛みが残るため働くことはできないが、「同じように苦しんでいる人を助けたい」との思いから、元村民らとチームを作った。昼間は公園などを歩いてホームレスに話しかけ、働けない人に対して生活保護申請のアドバイスなどを行っている。

 この日の炊き出しもボランティアチームで企画。企業の労働組合の協力を得て500人分の食事を用意したほか、11月30日に政府が試験的にスタートさせる「ワンストップサービス」の説明会も行った。

 男性は「派遣村で多くの人に支えてもらい、何とか生活ができるようになった。困っている人の相談に乗り、少しでも手助けができれば」と話している。

-------------------------------------------
■被害妄想=正義感たっぷりのオヤジ週刊誌『週刊現代』の報ずるところによれば、「ボーナス手取り10万円台も 産経新聞社員の「悲鳴」」(『週刊現代』11月28日号,p.63)だとか。■問題は、産経新聞社のおエラいさんたちの金銭感覚だよね。いまごろになって、ネオリベ批判ともいうべき貧困問題をとりあげても、自分たち自身が冷静に巨視的状況を論ずるユトリをうしなってしまっては、中長期的展望をさぐることはできそうにない。■いや、劣勢においこまれた労働組合と同様、弱者当事者として戦闘的な姿勢に転ずるならいいんだが、そのかわり、自民党のネオリベないしネオコン体制をズブズブで擁護してきた過去との方針断絶が問題になるよね。■でも、存亡の危機にあっては、正念場だとおもうよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


派遣村

坂本総務政務官:「派遣村」発言を野党が非難、辞任要求年越し派遣村 今度こそ政治の出番だ派遣村 4施設に分散そして!! 派遣村「真面目な人なのか」発言 ネットでは擁護論目立つ(Jcast) 派遣村について 「派遣村」の偽善


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。