プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【転載】薩摩侵略400年、琉球処分130年(命どう宝ネットワーク・太田武二)

■『薔薇、または陽だまりの猫』の きのうの記事を転載。■リンクは、かってに付加。


薩摩侵略400年、琉球処分130年。/命どう宝ネットワーク太田武二 [沖縄]

命どう宝ネットワークの太田です。
新暦正月の元旦に皆様へ共に闘い生き抜くご挨拶を送ります。

2009年は、100年に一度の世界恐慌の真只中で、琉球と日本、アジアの新たな歴史を創造する絶好のチャンスです。

琉球人にとってこの年は、薩摩侵略から400年、明治政府による琉球国併合沖縄県設置という琉球処分から130年の節目を迎えます。琉球諸島が、日米両支配層の密約によって地獄の戦場とされ、今日まで続く太平洋の不沈空母・軍事基地の島に変えられたのは、1944年の大本営による第32軍創設以来のことに過ぎません。この年に私たちは、琉球諸島本来の神々と自然と人間同士がゆったりと交流し育て合う島々へと回帰し、アジア太平洋における非武装地域へと発展していく闘いを始めます。折りしもこの年は、朝鮮民族の3.1独立万歳闘争から90年、中華人民共和国の建国60年、世界恐慌から80年、天安門事件と東西ドイツベルリンの壁崩壊から20年、ハンセン病療養所への強制隔離から100年、アイヌ協会からウタリ協会へ変ってから50年、チベット動乱50年、イランのイスラム革命から30年、連合、全労協結成から20年、ダーウイン生誕200年と私が還暦など多くの歴史的節目を迎えます。







この年に御万人が「Yes We Can!Chenge!」と大変革の主導権を求めて立ち上がる中で、われわれも非武装琉球ネシア連邦に向かって琉球諸島を核に日本、アジア、世界の琉球人をはじめ平和と自由、平等、人権と環境を打ち立てるために立ち上がる世界の御万人と共に挑戦していきます。

共にウタチミショリ(立ち上がろう)!



その第一歩を、1月4日の首相官邸と米国大使館への署名提出行動から始めます。午後5時に衆議院議員面会所に集合して歩き始めます。その前には、日比谷公園で年越し派遣村へも激励に行く予定です。

続いて*10日(土)の午後7時から軽いつまみと泡盛呑み放題で2500円の会費で、「てんほうらくの新春お笑いウクレレ島唄トークライブ」

*25日(土)の大晦日には、佐渡山豊「時間のかけら」発売記念のどうたっちライブが3500円(ワンドリンク付)。

*26日(月)午後7時から9時。琉球正月の元旦に「西表の歌姫 那良伊千鳥さんと正月を祝う」新年会がワンドリンク付3500円の会費であります。琉球暦の年末年始は、琉球センターどうたっちで共に新年を祝いましょう。

*会場は、JR、南北線の駒込駅近くにある「琉球センターどうたっち」。
*住所は、豊島区駒込2-14-7 
 tel,faxは、03-5974-1333です。

太田 武二 [sinuntenota2@yahoo.co.jp]

---------------------------------------
■みごとな歴史総括である〔「私が還暦など多くの歴史的節目を迎えます」といった、ふざけた話芸も(笑)〕。たしかに激動のとしが2008年でおわるとは、到底おもえない。オバマ政権しかり、イスラエル軍によるガザ攻撃しかり、リーマン・ショックしかり。日本の国政に、混迷以外のものをみることは困難だろう。■しかし、希望がないわけがない。そして、絶望ではなく、適度な失望は、現実直視のために不可避の過程だ。

■ちなみに、「どぅたっち」は、「独立」の意、「御万人」は「うまんちゅ/ウマンチュ」とよむ。


『しまぬゆ1 特別企画1609年、奄美・琉球侵略』(JANJAN「「今週の本棚」書庫」2007-06-15)
Esaman侵略から400年、語り直され始めたシマの歴史 『しまぬゆ1 1609年、奄美・琉球侵略』を読んで」(JANJAN「今週の本棚」2007/10/30)
●「来年は400年目!「しまぬゆ」南方新社(新城和博)」(『ryuQ』2008/12/01)
●ウィキペディア「都道府県独立国家論:沖縄県
●ウィキペディア「琉球独立運動
●ウィキペディア「沖縄県の歴史
●ウィキペディア「北海道ウタリ協会
スポンサーサイト

テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

<< 交通事故死5155人、最悪だった70年の3割程度に(朝日) | ホーム | トルストイ『イワンのばか』 >>


コメント

あたらしいうごきの情報を入手しました。

社民党におけるあたらしいうごきの情報を入手しました。
「本田ゆみと100人の仲間たち」はじまりの会
http://blogs.yahoo.co.jp/yujiromie/5744247.html

「新運転」太田書記長さんへ

「新運転」太田書記長さんへ (労働組合員)
「新運転」の労働者組合員に社会保険・雇用保険を加入させよ!退職金制度は?
「新運転」はスト破りをやめよ!
「新運転」は、中間搾取をやめよ!
あなたの給料を新運転組合員の平均賃金として残りのン十万円は返すべきです。
人民の立場の大道に戻るべきです!
これ以上神聖な沖縄闘争に泥を塗るな!

派遣会社経営者

どんなに美しい言葉を1万回も100万回も連ねても、労働者供給事業から派遣会社経営へと平然と舵を切り、労働者が労働者にたかり、中間搾取を公然と行う人物が語る「沖縄闘争・平和・自由・平等・人権」とは何か。
公共清掃サービスのストライキ闘争時のストライキ破りのドライバーは誰が派遣したのか。
高嶺支部アルバイト不当解雇、支部攻撃に会社の側につき、労組切り崩しに暗躍したのは誰か。

新運転が作っている派遣会社、(有)タブレット。

新運転が作っている派遣会社、(有)タブレット。ここが会社の高嶺支部不当解雇、労働組合つぶしに手を貸す役割として登場してきている。
http://www.tablet.co.jp/index.html
「プロドライバーの派遣はお任せ!」
「人材派遣事業 経験豊富な優秀なドライバーが2,000名以上登録」

「ポリシー」として
http://www.tablet.co.jp/policy/index.html
「当社は、運転手を供給する新産別運転者労働組合を母体として誕生した会社です。」

「プロドライバーの企業への派遣を主力事業とし、これに関連する事務代行事業等に豊富な知識とノウハウを駆使し企業の皆様のご要望に応えられるよう事業を推進してまいります。」

日比谷公園の派遣村に陣見舞いとして登場しましたが、まさか「人狩り」=「求人」の「手配師」としてきたのではないでしょうね。

太田さんの、連合!の「論文傑作賞」 (殆ど(つまり、全員)社会保険違法な未加入)

太田さんの、連合!の「論文傑作賞」ときた。
http://www.rengo-ilec.or.jp/event/ronbun/no05_03.html
よくよく読んでみてください。おっそろしいことが堂々と書いてますよ。

特に、自らの派遣会社の労働者への違法な雇用保険、健康保険、社会保険未加入を、まるで、あたかも労働者自身が拒んでいるからと「長年組合員だった労働者は殆どその選択をしないという現実がある。」と抜け抜けと述べている点だ。こういうことを言っていいのか。太田さん。労働者が拒否したら雇用保険は入れなくていいのか。これを悪徳派遣会社の経営者というのだよ。世間では。あらためて言うまでもないが。

また、「日雇い雇用保険、日雇い健康保険の適用によって、生活の保障が確保されている」としているが、実際は一体全体何人の労働者が「日雇い雇用保険、日雇い健康保険」の適用を受けているというのか。実際はいないのでは。

「1999年の派遣法の規制緩和の中で、労供労組自らが派遣事業体を立上げ、擬制的に事業主性を獲得する「供給・派遣」を厚生労働省に認めさせた。その後、労供労組協が初の派遣事業体「企業組合スタッフフォーラム」を設立し、われわれもが「有限会社タブレット」を立ち上げて、民間派遣会社との競争の中で非正規、未組織労働者の組織化と賃金アップ、就労確保と社会労働保険適用において一定の成果を挙げてきた。それは、事業主制の暫定的な擬制適用とはいえ、無いない尽くしの登録・日雇い型派遣の業界に、労供労組の優位性をもって参入し、在るある尽くしの労供事業への転換を促すものと位置づけての取り組みだった。
 しかし、その「供給・派遣」事業の現実は、われわれが意図した労供労組の事業としてではなく、飽くまでも派遣法の適用を受ける派遣事業体をバイパスするという形になっているために、現実には三角、間接雇用から更に一つの事業体が関わる形にしかならなかった。この場合、起点となる事業体が労供労組ということで違法な二重派遣にはならないが、供給労働者と派遣労働者の本質的な違いから来る法規制が付きまとうことになった。
 例えば、労働者保護の観点から派遣法では規制される期間制限について、日々雇用を原則とする職能別労働組合に所属する労働者の場合、結果的に長期間同一事業所に供給されても、その労働者の利益に叶うものとなっている。実際、労供組合員の場合は、他の事業所への就労と日雇い雇用保険、日雇い健康保険の適用によって、生活の保障が確保されているからだ。また、事業体を通して就労することによって、日雇いから常用雇用へと移り、日雇いではかけられなかった一般雇用保険や健康保険に加えて厚生年金保険をかけることが出来るようになっても、長年組合員だった労働者は殆どその選択をしないという現実がある。」

運動の場としての活用は、とめませんが…

■うちわで あらそっても展望がひろがらないはずなので、もうすこし 部外者にわかるように、告発の主旨・趣旨を整理していただけませんか? ■はっきりいって、普遍性のない、あるいは普遍性を周辺に理解させられない運動は不毛だとおもいます。
■本文記事とは、完全に無関係とおもわれるコメント投稿についての、責任をおとりください。■このままだと、太田武二さんの個人攻撃をくりかえす人物として、かきこみ禁止措置をとるほかなくなります。このブログは、そういった目的のために利用されることを想定していません。■匿名でかくことを、とがめたりはしませんが、国家権力など巨大組織の有力者でもない人物を攻撃するために、「他人の敷地」をつかわないでください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。