プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「賠償交渉の会」とJR西の初会合、14日に 福知山線脱線事故で(産経)

■もう、3年半以上もまえなのに、全然補償がすすんでいないという、おどろくべき事態。「JR福知山線脱線事故被害者アンケート(産経/朝日/読売)」の続報。
■先日の『産経』の記事から。


“「賠償交渉の会」とJR西の初会合、
 14日に 福知山線脱線事故で”

2008.12.13 19:35
 乗客106人が犠牲になった平成17年4月のJR福知山線脱線事故の補償問題をめぐり、遺族らでつくる「賠償交渉の会」が14日、大阪市内でJR西日本との初会合を開く。自動車人身事故の基準をもとに個別の示談交渉を進めるJR西に同会は反発、事故を起こした企業の「社会的責任」をキーワードに新たな賠償の枠組みを提案している。まだ7割以上の遺族が示談に至っていないとみられ、最愛の家族の命を金銭に換えるプロセスの先行きはいまだ不透明だ。

 ■従来基準に不満
 補償交渉でJR西は、一般的な自動車人身事故などで使われる「逸失利益」と「慰謝料」を柱とした基準を採用している。
 逸失利益は通常、厚生労働省が主に学歴や性別、年代別で算出した平均年間賃金基準に照らして犠牲者の年間収入額を設定、日常生活費として4割を引き、就労可能年齢(上限67歳)の残り年数をかけて算定する。JR西は事故の重大性を考慮し、従来基準よりも慰謝料などの金額を上乗せする方針を決め、遺族らとの交渉を個別に進めている。
 示談成立の件数については、昨年末に山崎正夫・JR西社長「全体の2割超と成立した」と述べた以降、具体的な数字は明らかにしていない
 これに対し、「通常の交通事故と同じ『土俵』で処理してほしくない」と一部の遺族から不満の声が上がり、今年5月、犠牲者約30人の遺族が参加して賠償交渉の会が結成された。
 同会メンバーで、妻を亡くした男性は「鉄道に乗るとき、自動車や飛行機のようにシートベルトを付けたり保険に入ったりしない。金額ではなく、機械的に既存の方式を当てはめられることに納得いかない」と不信感をあらわにする。

 ■再発防止を
 同会が提案しているのは、事故を起こした責任の所在を明確にした上で、従来の人身事故の基準にとらわれずに遺族の気持ちに沿って交渉を進めることだ。
 具体的には、年齢や性別、社会的立場に関係なく、「かけがえのない命」に対する一律的な賠償を提言。事故を起こした社会的責任として、鉄道の安全を研究する基金や制度の設立なども求めている。
 金額の多寡ではなく、従来の補償の枠組みに異議を唱えている
のだ。
 その根底には、今回の事故は「会社の体質が引き起こした組織的なもの」という認識がある。
 同会の幹事で、妻と妹を亡くした浅野弥三一さん(66)は「JR西が安全な会社になるために、ただお金を積んで終わりという形にしてはいけない。交渉を通じてJR西の安全を見通すことで、初めて亡くなった者を弔ってやれる」と話す。

 ■事故の総括は
 「申し入れには真摯(しんし)に対応していきたいが…」
 JR西のある幹部は同会の提案に苦い表情を浮かべた。「これまで公平性を保つために個々の遺族の事情に沿って個別に対応してきた。既に補償を終えた方々もいるので、どこまで要望に沿えるのかわからない
 同会では、JR西幹部らと集団交渉を粘り強く進めた上で新たな賠償の枠組みの実現を図る考え。しかしJR西は集団交渉そのものに反対しており、難航するのは必至だ。
 14日に大阪市内のホテルで行われる初会合には、事故当時の社長だった垣内剛氏、会長だった南谷昌二郎氏も出席する。遺族側は交渉に先立ち、事故責任の所在について説明を求めるという。
 現在、刑事責任をめぐる検察の捜査が大詰めを迎えている。浅野さんは「刑事責任の有無に関係なく、まず当時のトップが自らの手で事故を分析し、総括すること。賠償についても、すべてはそれからだ」と話している。

----------------------------------
■「慰謝料」はともかく、「逸失利益」という一律補償の論理が、関係者にとって苦痛なのは、当然だ。■しかし、もともと、「かけがえのない人物」への、「しかたがない つぐない」として「金銭」換算がでたわけで、それ自体は、やむをえない。
■むしろ、JR西日本の補償にのぞんでいる姿勢というか、そこにうかびあがる「体質」に、どうしようもない いらだちが うまれてしまうんじゃないかと推測する。「ああ、こんな体質の会社のせいで、もうあのひとはかえってこない」みたいなね。
■たとえば、事故原因を、運転士ひとりに全面的に責任転嫁できないことが みえみえだから、企業体質に原因があったと、形式上みとめているけど、ホンネじゃないんだとおもう。要するに、具体的に、どう経営上の病理として事故につながったか解明する気がないんだよね。

■もっとも、遺族がわが、一律の補償をもとめているのは、従来のシステムに再考をうながす、実にすごい提案ではある。■それに対して、JRがわが、「これまで公平性を保つために個々の遺族の事情に沿って個別に対応してきた」と応じたのは、実に象徴的。「公平性を保つため」なら、一律賠償の方がよいのに、従来の“逸失利益”にこだわっているのは、総額で賠償金額をケチりたいという打算としかおもえない。あるいは、遺族たちに個別交渉をもちかけるかたちで、連帯をさせないクサビをうちたいとか、うがったみかたを誘発する。■こういった疑念に、JRがわは、こたえきれるだろうか? ムリだろうね。責任の所在をあいまいにして、当時の責任者たちは、いいおもいをしてきたし(「「事故調はひよっこ」福知山線事故説明会でJR西社長(読売)」「JR西脱線 元幹部3人、引責3カ月後天下り」)。
 
■おなじく、『産経』の関連記事。

責任の所在説明なし
 JR福知山線脱線事故で賠償交渉の会がJR西と初会合

2008.12.14 18:22

 平成17年4月に発生したJR福知山線脱線事故の補償交渉を集団で行うことを求める遺族らでつくる「賠償交渉の会」とJR西との初会合が14日、大阪市内のホテルで行われた。
 交渉の前提として、出席した事故当時の経営トップに責任の所在について改めて説明を求めたが、具体的な説明がなかったため補償方針についての協議には至らなかった。
 会合には、同会に参加する遺族計36人が参加。JR西側からは、事故当時の社長だった垣内剛氏、会長だった南谷昌二郎氏や同社の顧問弁護士らが出席、非公開で約2時間半行われた。
 終了後に会見した同会メンバーによると、事故の責任がどこにあるのかについて垣内、南谷両氏に見解を求めたところ、「運転士個人の責任ではなく経営上の問題があった」と認めた。
 しかし具体的にどの施策が問題だったのかについては「国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(現・運輸安全委員会)の調査結果を真摯(しんし)に受け止めている」と述べるに留まった
。このため出席した遺族から「なぜ自らの言葉で説明しないのか」と批判が相次ぎ、次回会合までに文書で再度、説明するよう要望したという。
 同会幹事の浅野弥三一さん(66)は、「賠償の問題に臨もうとする遺族が、事故の責任の所在について強い関心を持っていることが改めて伝わったと思う」と話していた。
 次回会合は1月12日に行われる予定。

-----------------------------------------------
■こんな連中と補償交渉をさせられて 満足する遺族はすくないとおもうよ。



●『JR福知山線脱線事故アーカイブ
●『JR福知山線 脱線事故シミュレーション
●旧ブログ「福知山線」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< いかにも「学校的」なケータイ規制 | ホーム | 米軍だけでなく日本軍に駐留されている那覇市の無神経 >>


コメント

はじめまして

初めてコメントさせていただきます。
父にこのブログを教えてもらい、楽しみにしながら見ていますw
応援しています。

「楽しみにしながら」?

■更新をまってくださる、あるいは応援してくださるごく少数の読者がいることは、しっていますが、「楽しみにしながら」といった性格のブログ内容ではないし、記事・読者関係も存在しないとおもいますよ。■すくなくとも、うえの本文をよんだときに、こういったコメントは不自然でしょう? ロボット配信でもないかぎり。
■それと、ムスメさんに 当ブログをすすめるというのは、相当特殊な御仁ですね(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。