プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習意欲低い、日本の小中学生(国際理数科の教育動向調査)

「学力」問題の記事。

“学習意欲低い、日本の小中学生
…国際理数科の教育動向調査”

テスト成績は両科とも5位以内


 国際教育到達度評価学会(本部・アムステルダム)は、世界の小中学生を対象に実施した「国際数学・理科教育動向調査」の結果を発表した。

 先進国がこぞって参加する中で、日本の小中学生は、テスト成績では両科とも5位以内に入ったものの、学習意欲は最低水準だった。理数強化をうたう新学習指導要領の一部が来年度から前倒しで実施されるのを前に、「やる気」をいかに引き出すかという課題を浮き彫りにした。

 調査は2007年春に実施。日本での小学4年と中学2年に当たる児童・生徒が対象で、小学生は36の国・地域の約16万人、中学生は48の国・地域から約21万6000人が参加した。

 日本のテスト成績は、中学理科が前回03年調査の6位から3位に上がり、数学も5位(前回5位)に踏みとどまった。小学生は算数と理科がいずれも4位(同3位)で、前回並みの成績だった。文部科学省は「理数離れに歯止めがかかった」とみている。
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20081210-OYT9I00188.htm


 一方、テストと同時に行われた学習環境調査では、日本の中学生の学習意欲の低さが目立った。「勉強が楽しい」と答えたのは、中学理科が59%(国際平均78%)でワースト3位に。数学も40%(同67%)でワースト6位という低迷ぶりだった。成績の良い国ほど勉強を面白くないと思う傾向は見受けられるものの、中学理科の「日常生活に役立つか」との問いでは、日本が最下位で、国際平均より31ポイントも低い53%だった。
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20081210-OYT9I00189.htm

 小学生も、「勉強が楽しい」とする回答は算数で70%で国際平均(80%)を下回っていたが、理科は87%で国際平均(83%)を超えていた。

 国際数学・理科教育動向調査 学習理解度を世界各国が同じ問題で測る調査。1964年開始。日本は初年度から参加し、70年代、80年代は理数とも1位になったこともある。

(2008年12月10日 読売新聞)

------------------------------------
■役だたない、おもしろくない中学理科。どうみたって、高校入試がわるい影響をあたえているとしかおもえない。
■順位がたかかろうが、つまらない、やくたたず、とおもわれているような教科教育は、公教育として「大失敗だろう。すくなくとも、そういった学校教育・入試問題に違和感をおぼえるような層以外には、有害だろう。
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< 脳死正当化論に、幼児の移植手術を動員すること | ホーム | 21世紀は自動車の時代がおわる過渡期 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。