プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取捨選択+増補版ウィキペディア「モンサント (企業)」

■旧ブログでも、ダイオキシンがらみで 何度もご登場ねがった 化学メーカー「モンサント」。■ブログ『にほん民族解放戦線^o^』の先日の記事「衝撃動画紹介 『巨大企業モンサントの世界戦略』」を参考に、ウィキペディアの項目を取捨選択して、はりつけておく(リンクや記述は適宜取捨選択)。



モンサント (企業)

モンサント社 (Monsanto Company,NYSE:MON) は、アメリカミズーリ州セントルイスに本社を持つ多国籍化学メーカー。
概要

1901年創業。1920年代頃から硫酸化学薬品の製造で業績を上げ、1940年代からはプラスチック合成繊維のメーカーとしても著名となった。
同社を有名にした商品の一つはPCBであり、アロクロール (Aroclor) の商品名で独占的に製造販売した。日本では三菱化成との合弁子会社三菱モンサント化成がPCB製造メーカーの一つであった。また、農薬のメーカーとしても著名で、ベトナム戦争で使われた枯葉剤の製造メーカーでもある。この枯葉剤には不純物としてダイオキシン類が含まれており、後に問題となった。
近年では、除草剤ラウンドアップとラウンドアップに耐性をもつ遺伝子組み換え作物をセットで開発、販売しており、欧州を中心に強引なシェア確保商法が問題となっている。
……

この種子に頼りきりになった発展途上国では、かえって農民が困窮するという問題が生じている。農業分野における米国の世界支配を支える企業である。

関連項目
四日市喘息
サッカリン
FNNニュースレポート6:00FNNスーパータイム(30秒CM協賛)

外部リンク

Monsanto Company
日本モンサント
NHK BS世界のドキュメンタリー アグリビジネスの巨人 “モンサント”の世界戦略 前編
NHK BS世界のドキュメンタリー アグリビジネスの巨人 “モンサント”の世界戦略 後編

-------------------------------------------
■旧ブログにおける「枯葉剤機密カルテル」シリーズや、「水俣秘密工場」シリーズなどでの登場のしかたをみても、あるいは「現代もひきずる四日市公害」などの位置づけでも、“石原産業”など、モンサントにも化学メーカー独特の体質を感じる。■だから、“アグリビジネス”などで、あこぎな商法をやらかしているときかされても、大しておどろかない。■むしろ、石原産業の株価(旧ブログ記事日記内記事)などみるにつけ、株主など投資家たちは、市場におけるリスク計算はしても、企業犯罪とかの道義的・社会的責任なんかは、どうでもいいらしいこと、メディアも大衆も、大スキャンダルで短期間さわいでも、すぐわすれるって構造の方が問題だとおもう。すくなくとも、石原産業にかぎれば、株価の動向に“フェロシルト”騒動は、長期的には影響をあたえていない(一時低迷しても、そのうち回復してしまう)。たとえば、先日は「額面割れ」ギリギリまでさがったし、現在も70円台と低迷している株価だが、これは”リーマン・ショック”の余波でしかない(NIKKEI NET 石原産業)。
■たとえば、ブログ『にほん民族解放戦線^o^』の先日の記事「衝撃動画紹介 『巨大企業モンサントの世界戦略』」の件だって、フランスはともかく、日本の大衆やメディアが、わすれずに モンサント周辺を監視しつづけるか、アメリカという穀物戦略大国を批判的に位置づけつづけるか、微妙だとおもう。■海兵隊員の性暴力とかで、ときどき騒動化しても、日々植民地として支配されているって現実をすぐわすれる日本人の体質と通底しているとおもうぞ。
■でもって、アメリカにされた しうち、ものすごく うらんでいるくせに、現実的には べったり もたれかかっている 自民党だの航空自衛隊だのといった組織の面々は、こういった日本国民の体質の象徴なわけだ。
■ま、こういったこと強調すると、「米軍に依存せず自前で武装しなければ」とか、「食糧自給のためにも、稲作ほか国内農業を強化」とか、そういった「安全保障論」にたどりついてしまうんで、それはそれで危険なんだけどね。■いずれにせよ、駐留アメリカ軍とアメリカの穀物戦略は、地震列島のうえの膨大な原子力発電所と同様、ものすごいリスク要因であるという、自覚は必要だ。自民党と航空自衛隊とが、監視がかかせない、要注意集団という意味でのリスク要因であるとかと、せなかあわせだけど。


●旧ブログ「食糧戦略」関連記事
●旧ブログ「学校給食」関連記事
●旧ブログ「植民地」関連記事
●「タカ派史観と対米追従
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< 『モモ』(ミヒャエル・エンデ)に でてくる「灰色の男たち」=「ムダ」とはなにか40 | ホーム | 統幕学校「歴史観」講義内容判明(朝日) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。