プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暴力行為:過去最多」?

■『毎日新聞』の記事から。

暴力行為:過去最多の5万2756件
 昨年度・小中高校生



 全国の小中高校生による暴力行為の発生件数が07年度、過去最多の5万2756件(前年度比18.2%増)に上ったことが、「問題行動」に関する文部科学省の調査で分かった。小中高すべてが過去最多で、特に小学校は前年度に比べ37.1%も増えた。いじめの認知件数は前年度より減少したが依然10万件を超え、携帯電話のインターネットサイトなどが関係した「ネットいじめ」など新しい形態も目立っている。
暴力行為発生件数の推移





 暴力行為は全小中高校計3万9025校を対象に調査し、小学校は5214件、中学校は3万6803件(同20.4%増)、高校は1万739件(同4.7%増)に達した。状況別では生徒間が2万8396件で最も多く、器物損壊1万5718件、対教師6959件、見知らぬ人への暴力1683件だった。

 校内での暴力は4万7935件で、全体の21%にあたる8204校で発生した。文科省は「同じ学校で繰り返し発生し、同じ児童生徒が複数回起こしている」と分析。教育委員会への聞き取りでは、暴力行為増加の原因について、感情をコントロールできない子や規範意識が低い子の増加が指摘された。

 学校が他機関と連携し、加害児童生徒に対応した際の相手も初めて調査した。警察など刑事司法機関が5161人と最多で、児童相談所など福祉機関は1646人だった。

 いじめについては、特別支援学校を含む計4万38校を調べた。認知件数は10万1127件(同19.0%減)で、▽小学校4万8896件(同19.7%減)▽中学校4万3505件(同15.2%減)▽高校8385件(同31.9%減)▽特別支援学校341件(同11.2%減)。文科省は「減少したとはいえ(10万件を超え)依然深刻だ」とする。

 自殺した児童生徒158人のうち、いじめが一因だった可能性があるケースは5人(同1人減)だった。【加藤隆寛】


 ◇ネットいじめ深刻、文科省が対応マニュアル配布へ
 文部科学省が20日公表した07年度の児童生徒「問題行動」調査結果は、いじめが依然深刻な問題となっていることを示した。新たな問題として「ネットいじめ」も浮上。自殺にいじめが関係している可能性がある5件のうち、神戸市の私立高校3年の男子生徒(当時18歳)のケースでは悪質なネットいじめが確認されており、対策が急務だ。

 男子生徒は07年7月に自殺。生徒の名前を冠したサイトが勝手に作られ、住所や電話番号、メールアドレスが書き込まれた上に、裸の写真まで掲載されていた。

 加害生徒は「うそ1回につき罰金1万円」というルールを作り、メールで現金を要求していた。要求額は計50万円近くに上り、被害生徒は学校に隠れてアルバイトをしていた。

 ネットいじめは本人が知らないところで中傷されるのが特徴で学校側が把握しにくい。このケースで学校は発覚直後の会見で「登下校も一緒で仲良しに見えた」と説明した。

 最近のネットいじめは、携帯電話のサイト上で相手を中傷する書き込みが主流。書き込み内容を巡るトラブルも目立ち、殺人、傷害事件にまで発展するケースも少なくない。

 このため、ネットの正しい使い方などを教える情報モラル教育に取り組む学校も増えている。文科省も教員向けのネットいじめ対応マニュアルを約8万部作成、来月中に全国の国公私立の全小中高校に2部ずつ配布する。

 過去最高となった暴力行為件数。発生率は都道府県間で大きく異なった。

 香川県は、暴力行為の1000人あたりの発生が10.1件と全国ワースト1。不名誉な記録について、県教委義務教育課は「現実をしっかり受け止めた結果だ」と述べる。小学校で152件ある器物損壊は「トイレットペーパーを便器に投げ込む」「ロッカーをける」行為も含み、細かく現状把握した結果との説明だ。

 ワースト2位の高知県。県教委は、高い離婚率や困窮家庭の増加が背景にあるとみている。

 一方、1000人あたりの発生が0.4件と3年連続で全国最少の福島県。県教委は「小中学校で少人数教育が進み、小さな変化に教師の目が届いている」と胸を張る。全国に先駆けて02年度から、小1と中1を30人学級とした。05年度には全学年に広げ、その年から暴力発生率が全国最低となった。ある小学校教員は今年、男子同士が「体育館裏でけんかする」と別の児童から教えられ、未然に防いだ。「少人数教育が奏功した」(県教委)という。

 香川、高知と隣接する徳島県は、発生率0.5件と全国で2番目に少ない。県教委は、県警や児童相談所などがいじめや暴力対応を話し合う「サポートチーム」の連携が機能していると説明している。

 ただし、調査が実情を反映していない可能性もある。文部科学省の基準はあるものの、どこまで報告するかは現場に委ねられているためだ。【三上健太郎、向畑泰司、西嶋正法、服部陽】

--------------------------------------
■これって、“俗流若者論”の小中学生バージョンなんじゃないか? ■その自覚がないから、完全にアホだし、あるなら、ホント悪質だとおもう。それは、文部科学省の官僚たちだけでなく、『毎日新聞』をはじめとした、報道各社もね。

■(1) まず、図表のなかの解説文「06年度に暴力行為の定義を拡大、国・私立校も対象に追加」で「白状」しているとおり、2005年度以前と2006年度以降とでは、統計数値の質が二重に変質しているわけで、数値がふえた、「過去最多」などと、さわぎたてるのは、詐欺行為だというほかない。■その自覚があるのか? なくても あっても、犯罪的だとおもうね(笑)。

■(2) つぎに、全国の4万校ちかくといった膨大な対象校に調査をかけたばあいに、前年度比18.2%増だの、「37.1%も増えた」なんてことが、ありえるだろうか? ■再三ふれてきた フランスの社会学者エミール・デュルケームが『自殺論』などでのべてきたとおり、自殺者だの事故だの、巨視的数値は、ある社会で大体一定水準がたもたれるものだ。だからこそ、犯罪対策だの、交通行政だのがなりたつわけだし。■これも 再三のべきたとおり、少年犯罪はとてもふえたとはいえないし(統計のとりかたをかえただけかも)、性暴力やら児童虐待やら、ドメスティック・バイオレンスなど、最近急増しているとおもわれている現象の大半は、うったえがふえた結果、当局の「認知件数」と「事件化」した事例がふえた(つまり、「暗数」が浮上した)だけであって、現実が悪化したのではないらしいのと おなじように、小中学生に暴力行為が激増という数値データは、とても信用する気がおきない。

■(3) だから、かりに「教育委員会への聞き取りでは、暴力行為増加の原因について、感情をコントロールできない子や規範意識が低い子の増加が指摘された」にしても、これらが原因で暴力行為がふえたのだ、といった解釈はあやしいし、そうよめるような発表・報道は、これまた詐欺行為なんじゃないか? ■当局と報道機関が、こういった「ウソ」をやらかす。自覚の有無はともかく、というケースは、それこそ枚挙にいとまがないわけだが、今回のケースがちがうという説明責任を当局や新聞社は、かかえこんでいる。■とりわけ、報道機関の無批判な態度は、責任重大だとおもう。


■(4) この報道のなかで、もし質・量両面で一応意味があるとしたら、“ネットいじめ”の実態と、都道府県での発生率がおおきくちがうという結果だけかも。■たしかに「ネットいじめ」は、10年まえには、ありえなかった暴力・犯罪なので、着目にあたいする。“ゲーム脳”論同様、「だから、コドモがこわれようとしている…」式のトンデモ論におちいらないよう注意をはらえばね。
■都道府県間の格差は、基本的には貧困・格差と関連しているとおもう。すくなくとも、たかい相関があると、おもうね。■だから、「高い離婚率や困窮家庭の増加が背景にあるとみている」といった解釈も、「やっぱり離婚は やめておこう」式の短絡的な結論を誘発しかねないので、問題があるだろう。失業→貧困→家庭不和→暴力という連鎖(事実上の因果関係)があるとすれば、両親の離婚→コドモの暴力なんて、因果関係を想定するのは、擬似相関のたぐいであって、これまた悪質な詐欺ないし、アホな推論ということだとおもうんだが、行政当局の責任ある説明をもとめたいね。■特に、石原慎太郎都知事とか、橋下徹大阪府知事などに、ご自分の都府の情勢を、どうかんがえているかね。内部の各区や市町村によって、全然質・量がちがうことなんぞも、ていねいな実態調査をしたうえでだ。


■日本とちがって、ホームルームが学校の主軸じゃないアメリカでは、日本のようなイジメはめだたないこと(イジメはあるらしいが)、同様に、日本だって、大学のようにホームルームがほとんどないところでは、小中高校みたいなイジメが発生しづらいこと(ゼミ・研究室・クラブみたいな、“社会学的密室”では、セクハラもふくめた、アカデミック・ハラスメントが、一部みられるようだが)、オトナ社会だって、失業をおそれて 閉鎖空間になりがちな会社・官庁では、おなじように深刻なイジメがあるらしいことをみれば、おのずと、やるべきことは かぎられてくるとおもうんだけどね。■もっとも、文部科学省や教育員会の面々などはもちろん、学校の先生たち自身が、学級担任とクラスメート、っていう、「みえない刑務所系空間」が おすきで、てばなしたがらないんだとおもうけどね。
スポンサーサイト

テーマ : いじめ - ジャンル : 学校・教育

タグ : 認知件数

<< 統幕学校「歴史観」講義内容判明(朝日) | ホーム | 「精神年齢」という神話 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。