プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブン銀増収、三菱UFJは提携解消 ATM戦略で収支明暗(SANKEI DIGITAL INC)

■旧ブログ記事「金融機関窓口は、なぜ「平日営業」を死守するか?」「無料ATMは掟破りか(朝日)」などの続報記事。



セブン銀増収、三菱UFJは提携解消
 ATM戦略で収支明暗

2008/11/7

 ATMの運用をめぐる収支が、業績に明暗をもたらした。セブン銀行は6日発表した2008年4~9月期中間決算で、収入のほとんどを占めるATM利用手数料が430億円と半期で過去最高を記録した。一方、三菱東京UFJ銀行は、東京スター銀行との間でATM手数料の収支が著しい支出超過になり、今月4日にスター銀とのATM提携を打ち切る事態に発展した。
セブン銀行
好調なATMの利用手数料収入がセブン銀行の
業績を押しあげた=セブンーイレブンの店舗


 セブン銀は9月末までに、コンビニ最大手セブン-イレブンの店舗を中心に、ゆうちょ銀に次ぐ1万3307台のATMを設置している。1台当たりの1日の利用件数は平均115件で、2年前に比べて2割近く増えた。9月中間決算では、経常利益が前年同期比9.9%増の452億円、最終利益は45.5%増の90億円と、金融危機の影響も受けず好調を維持した。



 01年に設立されたセブン銀は、融資を行わず、ATM手数料収入だけで利益を出す新しいビジネスモデルを確立した。セブン銀のATMを他行の顧客が利用すれば、他行がセブン銀へ手数料を支払い、利用者も夜間や休日など時間帯によって手数料を支払う仕組みだ。

 集客のため、コンビニやスーパーをはじめ空港、駅、ホテルなどへ積極的にATMを展開。「高速道路のサービスエリアは、上りよりも下りの方が明らかにATMの利用が多い」(安斎隆社長)として、立地を重視するほか、地銀などとの間で利用者の手数料をゼロにする提携も拡大している。

 こうした動きとは逆に、三菱東京UFJ銀はスター銀との提携を一方的に解消した。

 原因は、スター銀のATMが他行の利用者の手数料をゼロにしたことで、三菱東京UFJ銀の顧客の利用が急増したことがある。三菱東京UFJ銀からスター銀への手数料支払いは、毎月6000万円に上るが、その逆は100分の1程度。これを是正するため、三菱東京UFJ銀は手数料の見直しを求めたがスター銀が応じず、一方的な提携解消になった。ATM運用の赤字がかさむ既存銀行は、収支改善に向けた戦略の見直しを迫られている。

--------------------------------------------
■まあ、手数料収支が年間7億円以上のアカ字というのは、無視できない水準かもしれない。■しかし、ほかの 銀行も、おなじ論理で全部、提携解消するのだろうか? だとしたら、「ムラはちぶ」による イジメってことになる。■たとえば、セブン銀行でのATM利用だって、提携銀行は 手数料収支で、一方的にアカ字だとおもうんだが、提携解消するってことになるのか? そんなはずないとおもうんだが。■ちなみに「セブン銀行ATMを利用できない主な金融機関」にリスト化されている銀行は、ごくわずか。三菱東京UFJ銀行の「コンビニATM無料提携」などで、セブン銀行に口座をもつひとが、三菱東京UFJのATMで大量に手数料をはらっているとは、到底おもえない。■だとすると、東京スター銀行との収支のアカ字は「ムラはちぶ」を演出するための合理化=アリバイ的な大義名分のこじつけのようにみえてくるが、ちがうんだろうか?
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : ATM手数料収入 三菱東京UFJ銀行 東京スター銀行

<< ブログと出版 | ホーム | 前空幕長投稿の懸賞論文、空自の78隊員も応募(読売) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


キャッシング:お金を借りた経験から...

キャッシングには、緩いところと厳しいところがあります。経験からすると、大手よりも準大手の会社の方が甘いみたいです。まあ緩いということは、危ない人にも融資しているということなので、利率が高くなってしまうので、ぎりぎりで通るところにするのがべストです。ちょ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。