プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最大多数の最大幸福」という論理による迷惑施設のおしつけ(沖縄・東村)

「2割犠牲に8割生かす」
 高江ヘリパッド移設

『琉球新報』2008年10月18日
 【東】東村の伊集盛久村長が17日、同村高江区で進む米軍のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の移設工事に関連し「2割(高江区住民)を犠牲にしてでも8割を生かした方がいい」などと述べていたことが分かった。同日午前に村役場を訪れ、工事中止を要請した「沖縄平和祈念行脚」の僧侶らに対し発言した。同区で座り込みを続ける住民は「まるで高江区を切り捨ててもいいというような言葉だ」と反発、伊集村長は同様の発言をしたことを認めている。
 伊集村長は、要請に訪れた日本山妙法寺の武田隆雄僧侶や「ヘリパッドいらない住民の会」の伊佐真次共同代表ら約20人と約1時間面談。席上で「2割を犠牲にしても、8割を生かした方がいい」と二度ほど繰り返したという。
 武田僧侶は「村長の発言は失言と感じた。ヘリパッドが建設されれば、2割どころではなく、村全体に犠牲が広がると何度も話したが、発言の訂正などはなかった」と村長の姿勢を疑問視。伊佐共同代表は「どんなことがあっても村民を守る立場として言ってはいけない言葉だ。高江の切り捨てとも受け取れる発言だ」と憤った。
 伊集村長は同日夕「わたしは建設を容認する立場。容認、反対の立場がある以上、今回の発言についてもいろいろなとらえ方があることは承知している」と、同様の発言をしたことを認めた。その上で「犠牲というより、高江区にヘリパッドを集約するという感じだ。運用を進めながら、騒音などの問題が発生すれば改善してもらう方向で考えている。騒音の問題や飛行ルートも含め、常に沖縄防衛局に求めていく」と容認の考えを強調した。

-------------------------------------
■「8月13日『琉球新報』社説2件」迷惑施設の おしつけ=いわゆる「NIMBY(Not In My Back Yard)」問題。
■いずれにせよ、原発や米軍基地など巨大迷惑施設の建設のばあい、ある特定の地域が集中的にねらわれ、こういった首長たちを動員するかたちで、矛盾が集中していく。■そして、同心円状に、距離のおそらく2乗に反比例するかたちで、関心が急減していく。「受益圏」と受苦圏の分離・固定化・格差拡大の構造は、地域差別をおおいかくしたまま、延々とくりかえされていく。

■この問題に関する充実したリンク(『米軍再編ってどうよ?(あつこばのブログ)』記事)は、以下。


2008年03月25日
高江(たかえ)に関する文章の目次です。
【2008年7月1日 追記】

沖縄の辺野古(へのこ)ほど有名にはなっていませんが、辺野古よりももっと北にある東村(ひがしそん)高江(たかえ)も、米軍基地の問題で揺れています。

以下、これまでに書いた高江(たかえ)に関する文章の目次です。

●強化されるジャングル戦闘訓練場
http://atsukoba.seesaa.net/article/101942635.html

●米兵犯罪が起きると米軍基地は強化される?
http://atsukoba.seesaa.net/article/89253461.html

●やんばるの森での座り込み
http://atsukoba.seesaa.net/article/70185607.html

●東村 高江で強行される米軍ヘリパッド建設
http://atsukoba.seesaa.net/article/52586680.html

これら以外にも、高江について書いた文章はいくつかあります。

画面右側の欄にある「記事検索」というところに「高江」と打って、「記事」マークにチェックを入れて検索していただくと、高江について書いたすべての文章が出てきます。

------------------------------------------
■じゃまをしようと必死の右派がコメント欄で粘着している。どういう利害をおっているがしらないが、この人物が例外的な突出した存在にしろ、問題のねぶかさを感じさせる。やれやれという感じ。


スポンサーサイト

<< 「美ら島の未来を守る陸自那覇」(ポスター) | ホーム | 最大の疑問に答え示さず 海自の中間報告(中国新聞) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「国策裁判」集落に重圧/ヘリパッド移設

■「「最大多数の最大幸福」という論理による迷惑施設のおしつけ(沖縄・東村)」の続報。 “「国策裁判」集落に重圧/ヘリパッド移設” ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。