プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際人身売買に加担する閣僚?

比女性ビザ、倉田副大臣口利き
 慈善名目、実はパブ勤務


asahi.com(2008年10月17日3時1分)
 チャリティーコンサートに出演すると称して興行ビザをとらずに来日したフィリピン人女性をフィリピンパブで働かせていたなどとして、静岡県警が今年9月に強制捜査したNPO法人側の短期査証申請に絡んで、総務副大臣の倉田雅年衆院議員(自民、比例東海ブロック)から入国管理行政にかかわる法務省と外務省に発給で便宜をはかるよう働きかけがあったと、両省の複数の関係者が朝日新聞社の取材に証言した。また、このNPOの事実上の運営者は倉田副大臣の元公設秘書で、元秘書も同様に両省に働きかけていたという。

 これに対し、倉田氏は「働きかけたことはない。(私の名前が)出ている理由はわからないが、元秘書らが名前を出したのだろう」と説明。元秘書は「支援者から倉田先生に話があり、先生から『調べてやれ』と言われ、自分が役所と相談しながら法に触れないような仕組みを作った。今回の事件は店舗が私の仕組みを守らなかったためだ」と話している。

 日本のフィリピンパブで働く女性をめぐっては、米国務省の「人身取引報告書」(04年)が日本を「要監視国」に指定するなど国際的に「人身売買の温床」との批判が高まった。これを受けて法務省は興行ビザの発給資格を厳格化。その結果、04年には年間8万件を超えていたフィリピン人への興行ビザが07年には5千件台まで急減していた。



 しかし、07年になって、「チャリティーコンサートへの出演」を名目に短期滞在ビザでフィリピン人女性が来日するケースが相次いだ。この手法について脱法行為の可能性があると判断した警察・入管当局が全国的に内偵を始める中で、今年9月、静岡県警が五つのパブにフィリピン人女性を派遣していた団体「未来チャリティー実行委員会」とNPO法人「MIRAI」(いずれも静岡市)の強制捜査に着手。双方の団体と関係の深い浜松市のフィリピンパブ「クラスメッツ」の経営者(47)らを風営法違反(無許可営業)や入管法違反(不法就労助長)容疑で逮捕するなど実態解明を進めている。 これまでの調べなどによると、未来チャリティー実行委員会は07年春ごろから、06年に土砂災害で被害を受けたフィリピン・レイテ島への復興支援のチャリティーショーをするとして女性の短期ビザを多数申請。女性らはフィリピン大使館主催のコンサートに出演する一方、浜松市のパブなど5店舗に派遣されていたという。

 一方、関係者の証言によると、倉田氏はこの案件について「チャリティーの件をよろしく」などと外務当局や入管当局に複数回にわたって働きかけをしていたという。また、NPO法人関係者などによると、倉田氏の元公設秘書は、発足当時からこの団体に関与し、関係省庁からNPO法人への連絡先となっていたほか、ビザの発給の状況について関係省庁に頻繁に問い合わせをしていたとされる。

 倉田氏は弁護士で、00年の衆院選で初当選。現在3期目。自民党の法務部会長などをしていた。

-----------------------------------------
■(1) 副大臣と、もと公設秘書との 発言が完全に矛盾している。
■(2) 無報酬でチャリティーコンサートをおこなうためなら、短期ビザで入国可能なんだろうが、パブでもボランティアで男性客に奉仕したのか?
■(3) かりに フィリピンパブ業者や、もと公設秘書が、副大臣の名前を勝手に悪用したとしても、チャリティー以外の目的でパフォーマンス等をおこなってはいけないと、女性たちに指導を徹底しなかった副大臣の監督責任はまぬがれない。特に弁護士なわけだし。■あと、フィリピン大使館も責任はまぬがれないね。
■(4) 土砂災害をダシにつかったビジネスが、風俗産業と入国管理業務を利用しておこなわれたとしったら、現地のひとびとは、どうおもうだろう?

スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< 【広報】2008沖縄ドキュメンタリー映画祭 | ホーム | 全国学力調査の利用方法6(県知事たちの開示論)=「ムダ」とはなにか38 >>


コメント

風俗つながりで

『紙の爆弾』(2008年3・5・9月号)の「ニッポン主義者同盟(遊郭派)」はいずれも風俗(性風俗産業ようするに売買春)ネタです。特に3月号の記事は、風俗嬢(女性労働者)を搾取して男性経営者がもうける差別構造を明確に批判しています。

深刻なのは、性風俗と一見無縁な層の加害者性

■より深刻なのは、性欲処理産業労働者を搾取しているのは、暴力団がらみのアウトローたちだけではないことですね。■「よごれやく」の実行部隊の背後には、ちゃっかり集金作業をおこない、マネーロンダリングをくりかえす都市銀行など金融機関があり、その資本を援用する、「実業界」があるということ。■あるいは、みずからにくわえられる精神的・物理的暴力をしのぐために、「抑圧委譲」をくりかえす性的弱者たる「非モテ系男性」たち消費層。そういった、「さびしいオトコ」たちの労働力を搾取し、高度な消費生活を謳歌する、管理者集団や「良家の子女」たち…。■平井玄『ミッキーマウスのプロレタリア宣言』〔太田出版〕(http://tactac.blog.drecom.jp/archive/315)が、新宿歌舞伎町の描写からはじまるように、性風俗業界には、日本資本主義の病理が凝縮されています。■自民党議員の一部が、これら業界と無縁なはずがありません。ここ半世紀の日本列島住民の病理を端的に象徴しているのが自由民主党なのですから。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。