プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎選出の政治家の品位と選挙民の見識

衆院選不出馬を表明
=東国原氏後継に期待感
 -中山前国交相

 自民党中山成彬国土交通相衆院宮崎1区)は4日、宮崎市内で記者会見し、次期衆院選に出馬しない考えを正式に表明した。これに伴う同区の候補者については、東国原英夫宮崎県知事への期待感をにじませた。
 中山氏は自身の一連の問題発言について「改めておわびする」と陳謝。その上で、不出馬の理由について「憂国の情の発言とはいえ、関係者に迷惑を掛けたことに尽きる」と説明した。
 一方で「いったん身を引くが、新たに充電してチャンスがあれば国政に登場したい」とも語った。
 後継候補について、中山氏は「心の中にはこの人に出てほしいという気持ちはある」とし、東国原知事に関し「わたしも彼も(出身は)旧薩摩藩。国のために一身を投げ出す気持ちを持っており、(知事の)気持ちは以心伝心で分かる」と述べた。 
 東国原知事は同日、中山氏の不出馬について「大変驚いている。政治家の出処進退は本人が決めることだが、引き続き国会議員として本県発展のため尽力してくださると期待していただけに残念に思っている」とのコメントを発表した。(了)
(時事通信 2008/10/04-18:24)


宮崎1区は東国原知事を!
 自民本丸大歓迎

(sanspo 2008.10.5 05:06)
 問題発言連発で国交相を引責辞任した中山成彬衆院議員(65)=衆院宮崎1区=は4日、宮崎市内で会見し、次期衆院選への不出馬を正式に表明した。後継候補として擁立論が浮上している宮崎県の東国原英夫知事(51)について「以心伝心で分かる。国のため一身を投げ出す気持ちは持っている」と出馬に期待感を示した。自民党選対幹部も「出馬なら心強い」と歓迎の弁。“そのまんま出馬”なら党への風向きも変わる?
 中山氏は会見で「次の衆院選は出馬しない」と表明。「憂国の情の発露とはいえ、たくさんの関係者に迷惑を掛けた」と陳謝し、一連の発言が不出馬の理由になったと説明した。一方で今後には「政治活動は続ける。いったん身を引くが、充電してチャンスがあれば国政に登場したい」と復帰に意欲を示した。
 注目される宮崎1区の後継問題についても質問を受けて言及。妻で参院議員の中山恭子首相補佐官(68)のくら替え出馬の可能性には「全くない」と完全否定。しかし東国原知事について聞かれると「彼の気持ちは以心伝心で分かる。日頃の言動を見ていると、国のために一身を投げ出す気持ちは持っている」と期待を寄せた。
 ただ知事との接触は「会っていない。意識して避けてきた」と否定。「心の中にはこの人に出てほしいという気持ちはあるが、辞めていく人間が後継うんぬんと言うのはおこがましい」と明言を避けたものの、意中の知事への“ラブコール”をにおわせたのだ。
 “問題発言マン”から褒め言葉をもらった東国原知事はすでに中山氏側から後援会に打診があったことを明かしている。この日は都内で記者団に「宮崎が非常事態だから何とかしてという機運が高まると、宮崎をどげんかせんといかんと思う人間としては、その要請に柔軟に対応しないといけない」と出馬へ含みを残した。
 関係者によると、知事には党関係者が水面下で出馬交渉に乗り出しており、5日にも選対幹部ら関係者と会談し、出馬を検討に入るとみられている。知事を担ぎ出せば中山氏にとっては、迷惑をかけた自民党への“最後のご奉公”だ。
 自民党の菅義偉選対副委員長(59)はこの日、横浜市内で記者団に「(知事が)自民党から立候補していただければこんなに心強い候補者はいない」と期待。対する民主党は、鳩山由紀夫幹事長(61)が福岡県内での会見で「知事1期目の半ばで国政に転出すれば県民は失望するに違いない。途中で投げ出してしまう知事では評価されない」とけん制しながら、警戒感を強めた。



宮崎1区 東国原氏擁立論
 “そのまんま知事でいて” 県民は反対一色
 「県政混乱」「投げ出すな」

2008年10月5日 00:11
 失言を重ねて国土交通相を引責辞任した中山成彬衆院議員(65)=宮崎1区=が次期衆院選への不出馬を正式表明した4日、宮崎県民の関心はもはや中山氏にはなく、東国原英夫知事(51)が出馬するのかどうかの1点に絞られた。昨年1月、「既成政党とのしがらみを断つ」と宣言して圧倒的支持を集めてから1年9カ月。県民からは「もう少し県政で頑張ってほしい」「知事の仕事を途中で投げ出すのか」と出馬見送りを求める声が相次いだ。

 宮崎1区の有権者は、さまざまな理由で出馬反対の声を上げた。
 「少なくとも4年の任期を全うしてからにしてほしい」。宮崎市大塚町のフリーター男性(29)は、知事就任から2年足らずであることを理由に挙げ、同市住吉の派遣社員女性(26)は「宮崎的に痛い。せっかく宮崎が活性化しつつあるのに」と話し、国政より県政に力を尽くすべき時期だと訴えた。

 同市で違法駐車取り締まりのボランティアをする男性(76)も「県知事として、まだまだやることがあるだろう」。自営業女性(60)は「もし出馬したら県政が大きく混乱する。宮崎県民も『捨てられた』と思うのでは」と話した。

 知事の出身地である都城市の市民も同じだ。会社員女性(48)は「タレント知事としての絶頂期で、本人にとっては最高のタイミングかもしれない」と分析する一方で「ここで投げ出したら2人の首相と変わらない」と強調。1年足らずで政権を投げ出した安倍晋三、福田康夫両氏と同列で酷評されることを懸念した。

 延岡市の視能訓練士男性(29)も「知事になったのは、国政に出るためのステップだったのかと受け止められる。ここは踏みとどまるべきだ」と語った。

=2008/10/05付 西日本新聞朝刊=

------------------------------------------
■どいつもこいつも、「宮崎のため」とかいうけど、要は、政治労働という業種で、「よわたり」しているだけ。選挙区(票田)という資源をくいものに、権力欲・物欲・名誉欲をみたしているだけなのだろう。■「でたいひとより、だしたいひと」と、よくいわれるが、政治家の大半は、その逆だろう。■しかし、政治家というのは、選挙民の「カガミ=にすがたた」だ。■その意味では、中山成彬議員や東国原英夫知事を選を当選させた選挙民が「失望」だの、モンクをいうのは、すじちがいだろう。■民主主義が、本質的に人気投票であり、消去法的な消極的選択であり、「罰ゲーム」な意味で落選という恐怖感を手段化した選挙制度だということは、うたがえない。つまり、政治家の本質は、「やらせてみて、はじめてわかる」という、事後的な判断しか選択肢がない。スポーツ選手の採用・起用みたいなものだ。しかしである。やっぱり、ある候補が当選するというのは、選挙民の民度があらわれれるとおもう。「おもしろそう」だの、「清潔そう」だのといった印象での投票行動もふくめて、選挙区の有権者の人物評価能力・情報処理能力が集積して、人気投票の結果になるんだから。
■なので、宮崎県民・宮崎1区有権者にはわるいが、そういう人物をえらんだ結果は、自己責任でおわねばならない。■いや、宮崎にかぎらず、東京都であれ、大阪府であれ、全国で大差ない構図があるとおもうけどね。


■それにしても、「憂国」だの、「わたしも彼も(出身は)旧薩摩藩。国のために一身を投げ出す気持ち」だのといった、前時代的、右翼チックなセリフを くちにできる、美学は、どうなっているんだろう。■はずかしいと感じない感性には、びっくりさせられる。
スポンサーサイト

テーマ : それでいいのか日本国民 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 中山成彬 東国原英夫

<< 「宮崎の緊急事態」??? | ホーム | 【転載】シンポジウム「ヨーロッパのナショナリティとテリトリアリティ」(愛知県立大) >>


コメント

選挙の邪魔するみたいですよ

多分、今の時点で初代・そのまんま東の出馬はほぼ間違いないと思います。
ただ、これを良く思わない中山ちゃんが昨日も吼えた上に出馬するような話もしており、彼が選挙の邪魔をするのは間違いなさそうです。
それでも東が勝てると言う確信があればそのままでしょうけど、邪魔した挙句に山崎拓が落選時に当選した古賀にやったようなスキャンダル探しにやっけになれば、諦めるかもしれません。

それにしても中山ちゃんほど野党にとってありがたい存在はないのではないでしょうか?。

「中山氏の過去の問題発言(毎日)」ほか

■中山氏の過去の問題発言
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20081005ddlk45010420000c.html
 【04年11月】歴史教科書の検定問題で「やっと最近になって従軍慰安婦とか、強制連行とか、そういう言葉が減ってきて本当に良かった。自虐史観に立った教育だけはしてはいけない」(大分県別府市でのタウンミーティング)=文科相在任時

 【05年1月】自民党の教育基本法改正案について「私としては『愛国心』という言葉でまとめ、改正したい」。歴史教科書にも「自虐的な教科書がいっぱいある。日本が悪いことばかりしたという教科書がある」(都城市での大臣就任祝賀会)=同

 【08年4月】名古屋高裁判決のイラクの自衛隊空輸活動に対する違憲判断に「問題のある裁判長で変な判決だった。3月末で辞め『最後っぺ(おなら)』を出したようなものだ。こんな判決が出るから憲法9条は改正しなければならない。日本はどんどん内向きな国家になっている」(宮崎市での講演)

毎日新聞 2008年10月5日 地方版



「県民意見」見極め最終判断 宮崎1区擁立論で東国原氏
http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008100501000431.html

 宮崎県の東国原英夫知事は5日の民放番組で、次期衆院選宮崎1区で浮上している自らの擁立論に関し「(出馬は)現時点ではない」とする一方で「県民が、国で汗をかけと言うのならば意見交換をさせていただく」と述べ、地元支援者の意見を見極めて最終的に判断する考えを示した。

 この後、宮崎市に帰った東国原知事は記者団に「県を代表し、大臣や首相を目指せるような人を(同区から)輩出できるかが重要だ」と指摘。さらに「知事は権限が制限され、国に圧倒的な力がある。それを変えることは宮崎のためになる」と国政への意欲をにじませ、最終判断のタイミングについて「県民の多くの負託が得られたと把握した時点だ。そうでなければ県政運営に専念する」と強調した。

 知事は午後、同県都城市など宮崎3区内の2カ所で支援者集会に出席。参加者からは「1期4年間は知事のままで頑張ってもらいたい」などと、国政転出への反対意見も示された。



■ジャマするって、具体的には、どうするんでしょうね。■社共が、うまく 相乗り候補をさがせれば、衆議院か県知事か、どちらかとれるかも(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「宮崎の緊急事態」???

■前便つづき。■日刊スポーツの記事から。 東国原県知事「非常事態」  衆院選出馬へ  次期衆院選で宮崎1区からの立候補が取りざたさ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。