プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日市の研修中国人損賠訴訟:和解協議、残業代が争点に(毎日)

■前便のつづき。『毎日』の記事も重要だとおもうので、はりつける。■キャッシュは、まだウェブ上にない。

四日市の研修中国人損賠訴訟:和解協議、残業代が争点に /三重
 ◇「賃金受け取り帰りたい」

 四日市市楠町の布製品メーカー「三和サービス」が、中国人研修生実習生の5人の女性を相手取って損害賠償を求めた訴訟は、研修生側も未払い賃金の支払いを求めて反訴し、和解協議に入った。裁判ではボイコットの有無に加え、研修生時代の残業代支払いが争点になっている。

 5人は17日午後、代理人の弁護士や支援者とともに同市内で会見を開いた。5人は山東省出身の22~33歳。「早く賃金を受け取り、中国に帰りたい」と口をそろえた。

 外国人研修生実習生制度では1年目を研修生、2、3年目を実習生と区分。5人は研修生当時、多い時で月170時間の残業をこなしたというが、残業代は時給300円分しか支払われていない。県の最低賃金の半分以下にとどまっており、5人は残りの残業代の支払いを求めている。

 しかし法律上、研修生は労働者ではない。今回四日市労基署は、三和サービスに対して実習生時の残業代未払い分を支払うよう指導。同社も指導に従った。しかし研修生時の残業代については双方で話し合うよう勧告したのみで、同社は話し合いに応じていない。
 研修生側の代理人の指宿昭一弁護士は「研修といっても実態は労働そのもので、残業代を支払うべき。勧告にとどまっている労基署の対応にも問題がある」と制度の矛盾点を指摘している。

 三和サービスは残業代の未払いについて「05年に受け入れる際、受け入れ機関から『5人が300円で納得している』と言われた」と反論している。

 現在、政府は研修生実習生制度の見直しを進めている。しかし所管が厚労、経産、法務の3省にまたがっており、09年までに予定される最終結論を前に意見の対立が予想されている。一方、制度を巡る訴訟は各地で起こされており、一連の裁判は政府の姿勢に影響を及ぼす可能性がある。次回の和解協議は1月9日に開かれる。【山口知】

〔三重版〕

毎日新聞 2007年12月18日

-----------------------------------
■旧ブログでもかいたことだが、労働者あつかいをしない研修生を、単純作業にこきつかうというのは、それ自体が、偽装研修だ。■そんな労働力搾取を違法にみせない、うすぎたない制度の悪用をもちいないとたちいかない業種は、廃業するほかあるまい。■いきぬくのには、「背に腹は変えられない」っていうが、だれかにやとわれるか、生活保護をうけるべきだろう。被雇用者になるのも、生活保護をうけるのも、両方イヤだというのは、ふざけた感覚だ。それがわからないというのは、感覚マヒ。
■時給300円なんて、ひとをバカにした搾取、サービス残業をさせてはじない感覚。それは、事業者として失格だ。合理化とは正反対の、アタマのわるすぎる人物は、企業など経営してはいけない。
スポンサーサイト

タグ : 研修生 実習生 搾取 最低賃金

<< 冬至・天皇誕生日・クリスマスイブ | ホーム | 読み比べると面白いかも(三重県よろずや) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。