プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法科大学院の「いきのこり」=「ムダ」とはなにか32

■「社会人入学3割切る=法科大学院の08年度入試-文科省(時事)」、「志願倍率6・8倍に低下 定員割れ46校、法科大学院(共同)」や、旧ブログ「法科大学院」関連記事などの関連記事。

新司法試験、合格率33%
 3校では合格者ゼロ


asahi.com(2008年9月11日21時6分)

新司法試験2008
 法務省は11日、法科大学院(ロースクール)修了者を対象とした08年の「新司法試験」の結果を発表した。3回目の今年は、74校の6261人が受験し、2065人が合格。合格率は33%で前年の40.2%を下回り、2回連続して下がった。3校では合格者がゼロ。法務省が設定した合格者数の目安(2500潤オ2100人)も下回った。

 「法曹の質の低下」に対する懸念が相次ぐなか、10年までに合格者を毎年3千人に増やす政府の計画をめぐる議論にも影響を与えそうだ。




 大学の法学部で学んだ経験がない人向けの「未修者コース」(3年制)の合格率は前年の32.4%から約10ポイント下がり、22.5%。「既修者コース」(2年制)の44.3%との差が広がり、社会人ら多様な人材を受け入れるという当初の理念から離れていく形になった。

 合格者の年齢は59歳から24歳で、平均は29歳。合格者に占める女性の割合は27.3%だった。(延与光貞)

-------------------------------------------
■再三のべきたとおり、法科大学院構想当初イメージされていた一部の有名大学(旧帝国大学+α)以外は、もともと 機能するかどうか微妙だった。■それどころか、6-8わりぐらいの合格がメドみたいな、当初のイメージは完全に崩壊していて、合格率6わりをクリアできたのは、比較的小規模な しにせ大学、一橋だけだ。なにしろ、東大をはじめとした構想当初イメージされていた一部の有名大学(旧帝国大学+α)が、よくて5わり台、100名の大台をこえて合格者数ランキングで3・4位をかたちづくった早稲田・京大にいたっては、4わり前後という、ていたらく。とても、大学卒の社会人などが休職・退職などして2潤オ3年さいて挑戦する気にさせる合格率水準ではない。■合格者数下位(40位)以下のほとんどは早晩淘汰される(みかぎられ、受験者が激減するか、「合格者」の急激な水準低下)だろうし(愛知大は、前言撤回で、この水準を死守できればつぶれないかも)、上位20校だって、以前好成績だった千葉大も5わりわれ、合格者が3分の1に達しない、明治・立命館・同志社・関西学院・関西あたりは黄色信号、それ以下の有名大学(名古屋・法政・日大・立教・学習院あたり)と同様、次回で挽回しないと下位校と大差ないかたちで閉鎖においこまれるだろう。
■きびしめに予想するなら、早稲田・明治を除外した上位7校ぐらいだけが安泰ゾーンにあり、それ以外は、下位はもちろん、それ以外の法科大学院はどこがツブれても ふしぎでない。早稲田・明治ぐらいは、いきのこるだろうが、それも司法試験予備校とのダブルスクールが可能な層だけが合格という、みもふたもない現実のもとでの運営なんじゃないか?
■「社会人入学3割切る=法科大学院の08年度入試-文科省(時事)」で紹介したとおり、社会人が あいてにしなくなる きざしがみえている。「志願倍率6・8倍に低下 定員割れ46校、法科大学院(共同)」でのべたおいた事態が全然改善されていないこと(ま、あたりまえだが)、そこで予想したことが早晩現実化することが、とりあえず たしかめられたとおもう。■「よこならび」意識で、法科大学院を設置してしまった法学部の先生方。責任は、どうとられすんですか? 官僚や大企業の幹部同様、しらんぷりで 退職金確保まで在籍されると…。■大学経営に対する責任は、ご同僚の先生方や理事会などの同意のもとにすすめられたのでいいとして、新司法試験に合格できなかった大学院生に対して、どう釈明するのでしょう? 「詐欺商法」よばわりされて、反論できますか?
■しかし、諸悪の根源は、「高学歴ワーキングプア」を大量発生させることが充分予見できたのに、制度を推進してしまった「先生方」「おえらいさん」たちだね。



●旧ブログ「「ムダ」とはなにか」シリーズ
●ブログ内「「ムダ」とはなにか」関連記事
●旧ブログ「高学歴ワーキングプア」関連記事
●ブログ内「高学歴ワーキングプア」関連記事

●Google検索「新司法試験 合格率33%」関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

<< 「女工哀史の世界、ここにも」(莫 邦富) | ホーム | 【転載】水源の里を守ろう 木曽川流域集会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


司法試験 合格率

レズマッサージで思わず感じちゃう女の子! 無料サンプル動画 動画ダウンロード ■法科大学院の「いきのこり」=「ムダ」とはなにか32 ■法科大学院見直し発言 ■ガッツリ系商社? ■村上政博著 『法律家のためのキャリア論』 ■今年九州大学受ける奴来...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。