プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム35

■「生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム34」のつづき。■『朝日』の先月末の記事。

中国「ギョーザ中毒は工場内犯行」
 臨時工を集中聴取

2008年8月31日3時0分

 【北京=峯村健司】千葉・兵庫両県で1月に発覚した中国製冷凍ギョーザの中毒事件で、中国公安当局が製造元の「天洋食品廠公司」(中国・河北省)の製造過程で農薬成分が故意に混入された内部犯行の可能性が高いとみて、同社の臨時工を集中的に事情聴取していることがわかった。中国側はこれまで「工場での混入の疑いはない」として、製造過程での混入を指摘する日本側と意見が対立していたが、中国側が捜査姿勢を一転させたことで両国の捜査協力が前進し、真相解明に向けて動き出す可能性が出てきた。

 さらに今回、6月中旬に中国内で起きたギョーザ中毒事件では、天洋食品が冷凍庫に保管していた回収品を同社の関係者が横流しし、それを食べた別の4人の同社関係者が中毒症状を起こしたことが新たに判明した。公安当局がそのギョーザを鑑定した結果、日本で中毒事件を起こした製品と同じ農薬成分「メタミドホス」が検出され、その濃度が極端に高かったことから、いずれも天洋食品の工場内で何者かが故意に混入させた疑いが濃厚と判断した。


 中国筋によると、公安当局は同社から押収した消毒液のほか、薬物の管理記録や生産管理記録を再度捜査。さらに、従業員の出勤状況などが記されている人事管理簿や、工場内に設置されている防犯カメラの映像を分析した。これまでに従業員55人の事情聴取を終え、聴取の範囲を退職した臨時工にまで広げて集中的に捜査している。

 また、中国で発生したギョーザ事件では被害者4人の中に子どもも含まれ、重症患者もいるという。横流しした天洋食品の関係者は調べに対し、「特に安全性に問題はないと思って、冷凍庫から持ち出して複数の知人に安値で販売した」と供述している。ギョーザはいずれも天洋食品の関係者にしか渡しておらず、中毒を起こした4人以外に被害者を確認していないという。

 中国公安省の捜査責任者は28日、日本政府側に対して、中国で起きたギョーザ事件の製品は同国内の市場には流通しておらず、天洋食品の関係者らの間だけに出回っていたと説明していた。

 日本側のこれまでの捜査では、具材からはニラの残留検疫基準の6万倍を超える農薬成分が検出され、包装袋の外側から染み込んだ可能性はなく、日本での流通過程で混入された可能性は極めて低いと判断し、国内での捜査を終了していた。

 ギョーザ事件は、中国製食品への不信感や中国に対する日本の国民感情を悪化させる要因ともなっていた。今後、日中両国の警察当局は証拠や捜査情報の交換を進めていくことになる。

--------------------------------------------------------
■中国当局がこういった「スキャンダル」をみとめた以上、なにかあったんだろう。■かりに、これが「でっちあげ」だとすれば、こういった発表によるイメージダウンを甘受してでも、かくしたい、より巨大な腐敗とか、よわみが露出しようとしていた、…と推測するほかはない。
■しかし、前回までも数回、原田さんの議論をふくめて、警察当局や外務省など、政府当局や県警が、あやしげな策動をとったことはあきらか。■それを報じなかったメディアの不自然さ・不可解さも、あきらか。
■したがって、『朝日』にかぎらず、「中国悪者論」で、はしゃぎまわっているメディアのタレながし記事を、ソボクにうけいれることはできない。■むしろ、おびただしい疑惑は、やみのなかに放置されたまま、日の目をみずに、わすれられてしまいそうだ。

■原田さんたちが、どういった反応をかえすか、ますます興味ぶかい。


■ちなみに、福田首相が、安倍前首相同様、唐突かつ無責任に政権をほうりだしたので(だって、改造内閣きめて1か月ぐらいなんだから、安倍首相以上の任期をつとめて、サミットも開催したし、「目標達成」した、って悪評たてられてもしかたがない)、『産経』の「中国製ギョーザ中毒事件への対応をめぐって、政府は腫れ物に触れるかのように神経質な対応をとっている。背景には、日中関係を何より重視する福田康夫首相の意向と、せっかく事件の責任を認める方向に動いている中国を刺激してへそを曲げられたら困るという事情がありそうだ」(「ギョーザ事件で神経質な対応ぶり」)なんて、リキんだ分析は、すっかりカラぶりだ(笑)。■日本の外交に一貫性なんてない。官僚だって、数年で人事異動してしまうし、大臣はコロコロかわるんだから、約束とか信頼なんて、諸外国はハナから期待していないって。


●Googleニュース検索「ギョーザ 中毒

スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 毒餃子事件報道を検証する ナショナリズム 食品 安全 警察 真理省

<< 『自分の小さな「箱」から脱出する方法』(アービンジャー・インスティチュート)1 | ホーム | 「ゴッド・ブレス・アメリカ」は苦肉の策!?(『ニッポン あ・ちゃ・ちゃ』) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム36

■「生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム35」のつづき ■原田和明さん連載の『世界の環境ホットニュース[GEN]』、シリーズ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。