プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反仏首長を黙認する裁判所

反米保守ブランドのトップ層に位置するだろう石原慎太郎氏は「日米両国で話題を呼びベストセラーとなった『「NO」と言える日本』を出版するなど、常に第二次世界大戦以降のアメリカの覇権主義的な態度には疑問を呈し続けている」というんだが、『「NO」と言える日本』にしろ、「「台湾や尖閣諸島での有事の際に、米国が日本の防衛にどれだけ責任を持つかは極めて疑問だ」「米国が日本を守らないのなら、自分で何とかする。それは、米国が懸念する核保有につながるかもしれない」」といった発言(いわゆる「日米安保条約」破棄+核武装論)なども、本気でかたっているとは、おもえない。■失礼ながら、アメリカにはむかっているようなポーズをみせると 「かっこいい」と、だまされてしまうような層をつるための偽装工作にしかみえないんだな(笑)。
■だから、「都庁内であった首都大学東京の支援組織設立総会で「フランス語は数を勘定できない言葉だから国際語として失格しているのも、むべなるかなという気がする」「都立大はフランス語の講師が8人いて、受講者は1人もいない」などとフランス語やその関係者を揶揄する発言を行った」なんて事件も、東京都のお殿様になれたというカンちがいのもと、その貧相な言語観・文化観が露呈しただけだとおもう。「文化大国フランスに勇気ある批判を展開できる、おらが首長」って誤解できる層むけのアピールとしてね(笑)。
■そういった、ある意味、真剣にとりあってはいけない次元の問題なのかもしれないが、やっぱり「石原都知事がフランス語を侮辱する発言をしたとして石原知事個人に謝罪と慰謝料を求めて訴訟を起こし…その裁判の中で知事側が「都知事としての公的発言だった」と主張したため、東京都に対しても2007年3月19日にはフランス語学校長のフランス人のほか、カナダ人や日本人ら計74人が謝罪広告と1人当たり5万円の慰謝料を求め提訴」とかといった事態は、さすがに、まずいよね。 ■これについては、先日東京地裁判決(2007/12/14)がでている。
■要は、下品な誹謗中傷をしているのだが、フランス語教員への直接的攻撃とはよめず、単に、履修者数からみて人気がないとおもわれるフランス語という科目への非難だから、原告がわに損害賠償を請求する権利はないという判断なわけだ。■ま、法律解釈論エリートさんたちには、充分ありの結論なんだろうけど、石原氏の発言(pp.4-5)は、それだけで かれの知性・品性の水準を充分象徴しているとおもわれる。こういった発言をして、はずかしいという感覚もふくめてね。
■だから、あのブッシュ大統領をよしとした選挙民が、全有権者の3分の1ぐらいはいたらしいアメリカ合州国とにて、この石原慎太郎なる人物を圧勝させたことしの東京都民の民度というのも、この訴訟に端的に象徴されているとおもう。■こういった首長をえらんではじないという選挙民1000万人強のうち280万人もしめたという事実は、それだけで驚異的だ。

■こういった政治的事態を、たかみにたって「知的劣化」などとはよばない。■しかし、東京都民の民度が徐々に向上しているのでないことだけは、たしかなようだ。おとなりの横浜市中田宏市長の醜聞などをみても、日本の首都圏の選挙民の民度は、お世辞にもたかいとはいえないようだ。

■首長は、その地域の住民の最良の部分は象徴しないが、すくなくとも、平均値や最頻値的な部分はてらしだすだろう。■そして、ある国家の中枢的地域の首長の水準は、かなりの程度、その国家全体の水準もうつしだすはずである。最高か最低かはともかくとしてね(笑)。



●Googleニュース検索「石原慎太郎
●Googleニュース検索「中田宏
●旧ブログ「石原慎太郎」関連記事
●旧ブログ「石原知事」関連記事
●「東京都政の水準と民度を象徴する石原情報リンク集
スポンサーサイト

<< NHKが赤福問題でキャンペーンを張ったワケは?(三重県よろずや) | ホーム | 地図上の左右上下 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。