プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「辺野古浜通信」最新号(転送)

■某メーリングリストにながれてきた『辺野古浜通信』。ただし、改行などは少々修正してある。

~~~~~~~~~~ 以下転送 ~~~~~~~~~~

Subject:[appeal2005][02793] 今日の状況と署名、映画などの案内 (辺野古浜通信)
From:"SachikoTaba"
Date:Sat, 9 Aug 2008 13:08:36 +0900
To:

田場祥子です。

辺野古浜通信を転送します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

嘉陽で6船団12隻がライン調査、マンタ調査を行っています。
この週末、辺野古・高江・泡瀬のそれぞれの座り込みに、ぜひおいでください。

泡瀬干潟埋め立て中止を求める簡単な電子署名を「辺野古浜通信-photo-」の左上にご用意しました。
http://henoko.ti-da.net/
直接アクセスするにはこちらです。ご協力よろしく!
http://www.shomei.tv/project-97.html

辺野古浜集会より--

【上映のお知らせ】
『Marines Go Home 2008』
ポレポレ東中野にて、毎日午後5時55分から昨年の辺野古への自衛隊の派遣、最近の作業員による暴行など、新しい映像を付加し、 現在の辺野古の状況について判りやすく伝えてくれています。
ぜひぜひ、ご覧ください。
詳細は、ポレポレ東中野まで、03-3371-0088

『アメリカばんざい-crazy as usual-』の上映スケジュールは下記です。
月~土 13:05/15:30/20:20
日曜日 10:30/13:05/15:30
8月13日(水)熊谷博子(映画監督)× 藤本幸久監督
8月14日(木)森住卓(フォトジャーナリスト)× 藤本幸久監督
8月15日(金)綿井健陽(映像ジャーナリスト)× 藤本幸久監督
 *時間は全て20:20の回上映前

『アメリカばんざい-crazy as usual-』は
8月16日 大阪・第七藝術劇場、名古屋シネマテークでも公開される予定です。
詳細は、http://www.america-banzai.com/よりご覧ください。

予告編!
http://www.youtube.com/watch?v=eb6UvJekn-0

【展示のお知らせ】
吉岡ちえさんの辺野古をテーマにした作品が、東京の国分寺にあるカフェスローhttp://www.cafeslow.com/にて8月11日まで展示されていています。
「浜の有刺鉄線をモチーフにしたオブジェや海中の映像を用いて、アートが辺野古につながるきっかけになれば」とのこと
夜が映像がキレイに映るのでオススメだそうです。
スポンサーサイト

<< 関西フォーラム 「慰安婦」決議に応え 今こそ真の解決を!(08/10) | ホーム | 取捨選択+補足版ウィキペディア「長崎の鐘」 >>


コメント

沖縄つながりで

7月16日の検定意見取消訴訟 第一回口頭弁論における口頭弁論調書に事実と異なる虚偽の記載があるとして

1、口頭弁論録音テープの公開及び同テープの保全などの求め
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/20-kennteiikenntorikesi/20-4-4.doc
2、第一回口頭弁論調書に対する異議申立
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/20-kennteiikenntorikesi/20-4-5.doc

本日、裁判所に提出しました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

調書の虚偽の記載箇所は、今後の沖縄戦「集団自決(集団強制死)」などの検定に関する文科省が独占し保有している資料・記録などにもとづく、違法検定に関する文科省の釈明(説明)に関するところで、今後のこの裁判の行方を左右する極めて重要なところです。

そのところを事実と大きく異なる虚偽の記載をして、この裁判を文科省の違法な検定に関して法廷で審理することなく結審するために改ざんしています。

この虚偽記載を行った担当の山本裁判長、住田書記官らを追及し、調書の訂正などを求めて行きたいと思います。

この間の松山地裁の「えひめ教科書裁判」への強引な訴訟指揮は最高裁を含めた司法の方針にもとづく系統だって対応であると思います。

この件について、取り組みが決まり次第、情報を発信しますので支援をお願いいたします。

検定意見取消等訴訟の第一回口頭弁論の調書は
3ページで、原告・被告が裁判所に提出した書面を示す記載があるだけです。(75分 3ページ)
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/20-kennteiikenntorikesi/20-23-1.PDF

下記の調書(「改正」教育基本法違憲確認訴訟の第一回口頭弁論)と比較すると今回の調書の酷さがよく分かります。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/19-kaiseikyoukihouikennkakunin/19-20-1.PDF

******************************************
えひめ教科書裁判 HP
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/index.htm

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。