プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の青空」 首都圏での劇場公開(JCJ神奈川支部ブログ)

■映画上映が、運動になるほかない点が、この列島には、「真の青空」がみえていないことを象徴している。

「日本の青空」 首都圏での劇場公開
映画「日本の青空」劇場公開への協力のお願い

【日時】 8月2日=8月15日
     10時~、16時10分~ の2回

【場所】 シネマ・ジャック&ベテイ
     (横浜市中区若葉町3-51、TEL045-243-9800)

【料金】 特別前売り鑑賞券;1200円
      当日 一般1500円、シニア1200円、小中1000円

    前売券を扱ってくださる方はご連絡を。
    携帯090-2177―473(宮澤)

     2008年7月
      日本の青空製作上映川崎実行委員会

    日本の青空

------------------------------------------
●Google検索「鈴木安蔵
●Google検索「高野岩三郎
●ウィキペディア「憲法研究会
●ウィキペディア「憲法草案要綱
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

<< 器官としての「うで/あし」 | ホーム | 生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム33 >>


コメント

シネマジャック&ベティ

ご紹介ありがとうございました。

京急の黄金町にある映画館ですね。
以前「南京1937」という映画(右翼さんがこの映画館でスクリーンを切ったので有名)を見に行きました。


KKKとおなじで

保守派や右翼が、その政治力を発揮するのは簡単ですね。■東京都とはじめとした教育委員会は、処分をちらつかせれば、すじがねいりの反骨教員以外は、日の丸君が代に沈黙するし、朝日新聞の阪神支局テロ事件のように、コロシをまじえたテロリズムがメディアをこしくだけにできる。■きょう8月8日は、ミャンマーの学生運動から20年だそうですが、現在の日本は、そういった強硬政治なんぞおこなわなくてって、国民のほとんどが、中国国民なみに、政府批判をひかえるよう、「従順」にだまりこんでしまうでしょうね。
■スクリーンをきりさくなんて、知性・品性・思想のすべてにおいて最低な人物だって、みずから公言しているようなものでなんですが、この列島では、「右翼に攻撃されるような、反体制的な運動家たち」みたいな、むかしのアカがりモードがいきています。■ひょっとしたら、あのアメリカよりも病気かもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。