プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆる旧漢字をありがたがる心理

■マニアックにおう気に全然なれないので、網羅的にしらべることなどしていないが、いわゆる「文字コード」の全体像をつかんでいるトップ層というと、小池和夫/府川充男/直井靖/永瀬唯『漢字問題と文字コード』(太田出版 1999)や安岡孝一/素子『文字コードの世界』(東京電気大学出版局 1999)、深沢千尋 『文字コード「超」研究』(ラトルズ 2003)といったあたりのかたがたなのだろう〔「文字コード入門」〕。
■そのうち 小池和夫氏がことしなつにだした『異体字の世界』(河出文庫)は、ちいさいが、なかみがこい。
異体字の世界
■マニアックな小池氏であるが、その筆致はコミカルで痛烈である。

■お洒落(?)な旧字体

倖田來未」とか「氣志團」など、芸能界で旧字の使用が目につくようになりました。ちょっと変わった字で人目を引く効果を狙っているのでしょうか。
 常用漢字1945字のうち、旧字体と新字体の違いのあるものは600字くらいでしょうか。しかし、日常、よく目にするのはせいぜい30字程度です。それ以外は全体が旧字体でそろえられた文章でしか見ることがありません。
 いちばんよく目にするのが(6323)です。人名だけでなく、「駒澤大学」などと固有名詞全般に使われています。「駅」(驛)や「択」(擇)など、同じように略す漢字でも旧字がほとんど使われないものもあるなかで、圧倒的な人気です。
 (5974)もよく使われます、奈良県五條市は市名が旧字という珍しい自治体です。条件の「条」の旧字だと気付かない人もいるくらいです。
 山岳の「岳」の旧字(5454)は地名で頻出します。東京都青梅市にあるJRの「御嶽駅」は旧字を使う駅、同じ字を書いても長野県にある山は「御嶽山」おんたけさんで、こちらは「御岳山」とも書きます。
 「さいとう」さんの(6723)と(8378)は、それぞれ書斎の「斎」と一斉の「斉」の旧字。「難しいほう」と言われても、「どっちの?」と聞き返すことになります。
 お札には「壱万円」と書いてありますが、「壱萬圓」と書いたほうが高く感じたりしませんか。(5269)、(7263)(5204)と、それぞれ旧字です。ちなみに、「一」を「壱」と書くのは、改竄かいざんを避けるためで、「大字」だいじといいます。「萬」も大字として使うほか人名でもよく使われます。「圓」は、咄家はなしかの「圓生」とか、「圓樂」でおなじみ。
 横浜の「浜」を(6332)とするのも、「お洒落」を狙ってのことでしょうか。ただし「濱」と両方旧字にはしていないことが多いようです。
 京都の「仏教大学」も「佛教大学」とやっています。(4839)は旧字にしても「教」はとはしていません。
……

-----------------------------------
■要は、一貫して旧字体でとおしている例は、マレであるという現実。「駒澤大学」だって、「駒澤大學」とかいているとはかぎらないと。■また、「齋」と「齊」がどの新字体と対応しているか、「條」が「条」と同一であるとか、わかっていないとか、「濱」と「濱」の区別がつかずに、つかっているとか、かなりはずかしいね。【かきかけ】
スポンサーサイト

<< 地図上の左右上下 | ホーム | 「アサヒる」は、右派以外からは急速に消滅する ことし半期だけの流行語 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。